健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の表示・広告を考える(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月23日

機能性表示食品の表示・広告を考える(後)

<問題視される広告内容>
 国会で注目を浴びた機能性表示食品がある。(株)ファンケルのサプリメント『えんきん』だ。7月9日の衆議院・消費者問題特別委員会。民主党の田島一成議員は、『えんきん』の新聞広告を取り上げた。「ファンケルの広告には『国の評価を受けたものではない』旨の表示が、どこを探しても掲載されていない」と批判した。

 なぜ、『えんきん』を取り上げたのだろうか。田島議員の事務所に聞いてみた。「消費者団体から情報提供があった。広告がたまたま出たので、はっきり資料を出しやすいのでファンケルの『えんきん』にした」としている。

 「国の評価を受けたものではない」表示は、特定保健用食品(トクホ)との違いを消費者に伝えるために極めて重要となる。そうした表示が、新聞広告に掲載されていなかったわけである。(株)ファンケルでは「ご指摘を受けて(表示を)検討する」(広報担当)と説明している。

 一方、『えんきん』のテレビCMでは、「国の評価を受けたものではない」表示を放映。科学ジャーナリストの植田武智氏は15日の緊急院内集会で、「テレビCMでは若干改善された気配がある」とコメントしている。

 「広告がたまたま出た」ために、『えんきん』は国会で取り上げられた。しかし、「国の評価を受けたものではない」表示については、ほとんどの届出企業で問題点がみられる。届出商品の多くは、商品パッケージの裏面に小さな文字で記載。広告も同様に、探さなければ見つからないような表記となっている。消費者に読んでほしくないと考えているのではないか。そう感じさせてしまうほどの扱いだ。消費者の自主的・合理的な商品選択を軽視していると言われても仕方がない状況にある。

 一方、届出情報によると、ライオン(株)のサプリメント『ナイスリムエッセンス ラクトフェリン』やキユーピー(株)のサプリメント『ヒアロモイスチャー240』などは、パッケージの表面に表示している。これらの良心的な取り組みは、今のところ少数派に過ぎない。

 広告は食品表示法による規制の対象外。だからと言って、広告で機能性だけを強調するという”いいとこ取り”は許されない。広告を通して、消費者に対する届出企業の姿勢がくっきりと浮かび上がりそうだ。

(了)
【木村 祐作】

 

 

おススメ記事

2018年01月18日

【2/8】データ・マックス取材報告会 「葛の花」事件

 (株)データ・マックスは2月8日、取材報告会「『葛の花』機能性表示食品の景表法違反事件~広告のどの点が問題となったのか?措置命令後の各社の動向は?」を同社の東京支店(東京都港区)で開催する。  消費者庁は昨年11月、葛 […]

ファンケル、『DHA&EPA』を刷新

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長、TEL:0120-750-210)は2月20日、『DHA&EPA』(150粒)をリニューアル発売する。通信販売と直営店舗で展開する。  DHAとEPAの含有量を […]

2018年01月18日

【2/7】鳥取県、食品表示研修会を開催

 鳥取県は2月7日、「食品表示研修会」を米子コンベンションセンター・小ホール(米子市)で開催する。参加対象は西部地区の食品関連事業者、定員は200人。  講師は(株)わきあいあいの立原隆義社長が務める。「食品表示法に基づ […]

マルコメ、「プラス糀 糀甘酒」に大容量タイプ

 マルコメ(株)(本社:長野市安茂里、青木時男社長、TEL:0120-85-5420)は3月上旬から、『プラス糀 糀甘酒 LL1000ml 豆乳ブレンド』、『――生姜ブレンド』(1,000ml)の大容量タイプ2品を全国で […]

2018年01月18日

【1/30】ノビレチン研究会、都内でプレスセミナー開催

 ノビレチン研究会(矢澤一良会長)は30日、ノビレチンの機能性に関するプレスセミナーを都内で開催する。  ノビレチンは、シークヮーサーに豊富に含まれる機能性成分。中部大学応用生物学部の禹済泰教授と国立長寿医療研究センター […]