健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の表示・広告を考える(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月23日

機能性表示食品の表示・広告を考える(後)

<問題視される広告内容>
 国会で注目を浴びた機能性表示食品がある。(株)ファンケルのサプリメント『えんきん』だ。7月9日の衆議院・消費者問題特別委員会。民主党の田島一成議員は、『えんきん』の新聞広告を取り上げた。「ファンケルの広告には『国の評価を受けたものではない』旨の表示が、どこを探しても掲載されていない」と批判した。

 なぜ、『えんきん』を取り上げたのだろうか。田島議員の事務所に聞いてみた。「消費者団体から情報提供があった。広告がたまたま出たので、はっきり資料を出しやすいのでファンケルの『えんきん』にした」としている。

 「国の評価を受けたものではない」表示は、特定保健用食品(トクホ)との違いを消費者に伝えるために極めて重要となる。そうした表示が、新聞広告に掲載されていなかったわけである。(株)ファンケルでは「ご指摘を受けて(表示を)検討する」(広報担当)と説明している。

 一方、『えんきん』のテレビCMでは、「国の評価を受けたものではない」表示を放映。科学ジャーナリストの植田武智氏は15日の緊急院内集会で、「テレビCMでは若干改善された気配がある」とコメントしている。

 「広告がたまたま出た」ために、『えんきん』は国会で取り上げられた。しかし、「国の評価を受けたものではない」表示については、ほとんどの届出企業で問題点がみられる。届出商品の多くは、商品パッケージの裏面に小さな文字で記載。広告も同様に、探さなければ見つからないような表記となっている。消費者に読んでほしくないと考えているのではないか。そう感じさせてしまうほどの扱いだ。消費者の自主的・合理的な商品選択を軽視していると言われても仕方がない状況にある。

 一方、届出情報によると、ライオン(株)のサプリメント『ナイスリムエッセンス ラクトフェリン』やキユーピー(株)のサプリメント『ヒアロモイスチャー240』などは、パッケージの表面に表示している。これらの良心的な取り組みは、今のところ少数派に過ぎない。

 広告は食品表示法による規制の対象外。だからと言って、広告で機能性だけを強調するという”いいとこ取り”は許されない。広告を通して、消費者に対する届出企業の姿勢がくっきりと浮かび上がりそうだ。

(了)
【木村 祐作】

 

 

おススメ記事

新日本製薬、ヨクイニン含有医薬品をリニューアル

 新日本製薬(株)(本社:福岡市中央区、後藤孝洋社長)は8月1日、ヨクイニン配合医薬品『ヨクイニン錠SH』をリニューアル発売する。新たに『オルジェパール』の商品名で販売する。  同品は、ハトムギ由来のヨクイニンから抽出し […]

同文書院、『健康食品・サプリメント 医薬品との相互作用事典』を刊行

 (株)同文書院(本社:東京都文京区、宇野文博社長)はきょう(25日)、日本医師会・薬剤師会・歯科医師会が総監修する『健康食品・サプリメント 医薬品との相互作用事典 2017-2018』を刊行した。  同書は、約 1,2 […]

2017年07月25日

SPORTEC2017、東京ビッグビッグサイトで開幕

 我が国最大のスポーツ・健康産業総合展示会「SPORTEC2017」がきょう(25日)開催された。食と健康をつなぐ食品・飲料・素材専門展「ウェルネスフードジャパン(WFJ)」、介護・リハビリ展「RE-CARE JAPAN […]

福井県、地産地消のスポーツ弁当を募集

 福井県では、弁当の製造販売事業者を対象に、福井米と県産食材で作る弁当を通年で募集している。「福井の地産地消のスポーツ弁当」として県に認定されると、認証のロゴマークを添付できる。  認証基準として、(1)主食に福井県米を […]

カフェイン過剰摂取のページ追加~消費者庁

 消費者庁は24日、食品安全に関する総合情報サイトに「食品に含まれるカフェインの過剰摂取について」のページを追加した。  食品安全委員会、厚生労働省、農林水産省が公表したカフェインの過剰摂取に関する情報などを掲載している […]