健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の疑義で緊急院内集会(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月16日

機能性表示食品の疑義で緊急院内集会(後)

<「違反の立証は行政が負う」>植田緊急院内集会 027のコピー 15日に開かれた食の安全・監視市民委員会主催の「緊急院内集会 消費者を惑わす機能性表示食品制度―消費者庁担当者に問う―」では、市民委員会関係者や参加者から機能性表示食品制度に関するさまざまな疑問が消費者庁に寄せられた。

 市民委員会の植田武智氏は、届出情報について「どういう場合に科学的根拠がないと判断されるのか」と質問。消費者庁は「提出された論文を確認して『この論文ではこういう表示ができない』など、エビデンスがないことが確実であったり、システマティック・レビューのやり方が間違っていて、そのなかで出てきた論文の根拠がおかしかったりすれば、企業に確認する」と説明した。さらに、「違反の立証については行政がその義務を負う。専門家などから意見を聴取したり、論文を見てもらったりしたうえで、消費者庁として根拠がないことを立証する」とした。

 また、植田氏は食経験のあり方で、「販売実績が1年未満でもよいのか疑問」と問いただした。これに対し、消費者庁の担当官は「食品にはさまざまな形態があり、ガイドラインで(何年以上と)決めることは実務上困難。ご意見を踏まえ、ガイドラインを見直す機会があれば検討していく」と理解を求めた。

 参加者からも多くの意見が寄せられた。ある参加者は、機能性表示食品の広告を例に挙げながら、国による評価を受けたものではない旨の表示などについて、「文字が小さくて読めない。消費者にわからないように書いている」と批判した。

 別の参加者からは「疑義情報を出した団体が、企業から営業妨害として撤回を求められるというやり取りが起きている。(そうしたケースでは)もしかしたら裁判沙汰になるかも知れないが、消費者庁はどう考えているのか」という声も。これに対し、消費者庁は「情報を開示している以上、いろいろな人が指摘するのはよいこと。しかし、裁判になって消費者庁がどちらかの側に立つことは難しい」との考え方を示した。

 集会には国会議員も駆けつけた。民主党の田島一成衆院議員は「先日、消費者問題特別委員会で機能性表示食品(の広告などの問題)を取り上げた。消費者を惑わせたり、消費者利益を損ねたりすることはあってはならない」などと話した。

(了)
【木村 祐作】

 

 

おススメ記事

2017年09月22日

ライオン、機能性表示食品『歩むチカラ』を発売

 ライオン(株)(本社:東京都区、濱逸夫社長、TEL:0120-056-208)は26日、機能性表示食品の粉末清涼飲料『歩むチカラ レモン味』『――アップル味』『――フルーツヨーグルト味』(5.5g×30本)を発売する。 […]

公取、カネスエ商事とワイストアに不当廉売で警告

 キャベツなどの価格を不当に引き下げて販売したとして、公正取引委員会は21日、食品スーパーを経営する(株)カネスエ商事(愛知県日進市、牛田喜博代表)と(株)ワイストア(愛知県津島市、伊藤彰浩代表)に対し、不当廉売を行わな […]

2017年09月22日

日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門、2社5商品が金賞

 (一社)日本雑穀協会(東京都中央区)は21日、日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門<2017・秋>の金賞受賞企業と商品を発表した。金賞を受賞したのは2社5商品。同協会は28日午後2時から、製粉会館(東京都中央 […]

糖尿病が強く疑わる人、過去最多の1,000万人に

<高齢女性の「低栄養」も増加傾向>  「糖尿病が強く疑われる者」が全国で過去最多の約1,000万人に上ることが21日、厚生労働省の調査結果からわかった。  2016年国民健康・栄養調査の結果によると、「糖尿病が強く疑われ […]

2017年09月22日

機能性表示食品で新たに届出2件を公表

 消費者庁は21日、機能性表示食品で新たに2件の届出を公表した。公表されている届出件数は合計1,097件となった。  (株)ビオメディクスのサプリメント『ビフィミン』は、ビフィズス菌BB536を含有し、「腸内環境を良好に […]