健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の疑義で緊急院内集会(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月16日

機能性表示食品の疑義で緊急院内集会(後)

<「違反の立証は行政が負う」>植田緊急院内集会 027のコピー 15日に開かれた食の安全・監視市民委員会主催の「緊急院内集会 消費者を惑わす機能性表示食品制度―消費者庁担当者に問う―」では、市民委員会関係者や参加者から機能性表示食品制度に関するさまざまな疑問が消費者庁に寄せられた。

 市民委員会の植田武智氏は、届出情報について「どういう場合に科学的根拠がないと判断されるのか」と質問。消費者庁は「提出された論文を確認して『この論文ではこういう表示ができない』など、エビデンスがないことが確実であったり、システマティック・レビューのやり方が間違っていて、そのなかで出てきた論文の根拠がおかしかったりすれば、企業に確認する」と説明した。さらに、「違反の立証については行政がその義務を負う。専門家などから意見を聴取したり、論文を見てもらったりしたうえで、消費者庁として根拠がないことを立証する」とした。

 また、植田氏は食経験のあり方で、「販売実績が1年未満でもよいのか疑問」と問いただした。これに対し、消費者庁の担当官は「食品にはさまざまな形態があり、ガイドラインで(何年以上と)決めることは実務上困難。ご意見を踏まえ、ガイドラインを見直す機会があれば検討していく」と理解を求めた。

 参加者からも多くの意見が寄せられた。ある参加者は、機能性表示食品の広告を例に挙げながら、国による評価を受けたものではない旨の表示などについて、「文字が小さくて読めない。消費者にわからないように書いている」と批判した。

 別の参加者からは「疑義情報を出した団体が、企業から営業妨害として撤回を求められるというやり取りが起きている。(そうしたケースでは)もしかしたら裁判沙汰になるかも知れないが、消費者庁はどう考えているのか」という声も。これに対し、消費者庁は「情報を開示している以上、いろいろな人が指摘するのはよいこと。しかし、裁判になって消費者庁がどちらかの側に立つことは難しい」との考え方を示した。

 集会には国会議員も駆けつけた。民主党の田島一成衆院議員は「先日、消費者問題特別委員会で機能性表示食品(の広告などの問題)を取り上げた。消費者を惑わせたり、消費者利益を損ねたりすることはあってはならない」などと話した。

(了)
【木村 祐作】

 

 

おススメ記事

遺伝子組み換え表示、コーンフレークの追加を見送り

<検査法の再現性、確認できず>  消費者庁の「遺伝子組み換え表示制度に関する検討会」は17日、遺伝子組み換え(GM)表示制度の対象品目に追加する方向で検討していた「コーンフレーク」について、再現性のある検査法が確立されて […]

ジャパンライフ、1年以内に3度目の行政処分

<3月の行政処分を受け、新たなビジネス>  装着タイプ磁気治療器の販売取引で特定商取引法に違反したとして、消費者庁は17日、ジャパンライフ(株)(東京都千代田区、山口ひろみ社長)に対し、業務提供誘引販売取引について12カ […]

2017年11月17日

フジッコ、黒大豆種皮抽出物で臨床試験終了

 フジッコ(株)(本社:兵庫県神戸市、福井正一社長、TEL:078-303-5925)は、黒大豆種皮ポリフェノールを豊富(58%以上)に含む『クロノケアSP』で、機能性表示食品制度への届出準備に入った。  今年3月に開催 […]

2017年11月17日

コトブキ薬粧、大阪の展示会で新サービス提案

 コトブキ薬粧(株)(本社:大阪市中央区、和田洋治社長、TEL:06-4963-2877)は28日から30日までの3日間、インデックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「中小企業新ものづくり・新サービス展」に出展する。大 […]

クリスマス限定パッケージの『Newヤクルト』発売

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は11月下旬~12月下旬の期間、クリスマスシーズン限定パッケージの乳製品乳酸菌飲料『Newヤクルト』、『Newヤクルトカロリーハーフ』を全国で発売する。容器にクリスマ […]