健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の生鮮食品「手順書(案)」を議論
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年04月22日

機能性表示食品の生鮮食品「手順書(案)」を議論

<新品種は「下限値~上限値」表示>
 生鮮食品の生産者などが機能性表示食品制度に対応できるようにするため、農林水産省は22日、「データ収集技術等小委員会」を開催し、届出前に行う規格設定や、届出後に行う成分濃度検査の方法を示した「手順書(案)」について議論した。次回会合で取りまとめ、公表する計画だ。

 生鮮食品の場合、個々の商品の重量や関与成分の濃度にばらつきがある。収穫時期や産地、品種によっても違いが生じやすい。このため、サプリメントや加工食品と比べ、規格設定などが困難と言われている。
 こうした点を踏まえ、手順書(案)では、規格設定に必要なデータを収集するためのサンプリング・分析方法を整理。さらに、関与成分含有量の表示方法、規格の設定方法を説明している。関与成分含有量の表示方法については、消費者庁のガイドラインで示されたように、「通常の場合、下限値表示とすることが妥当」とした。一方、安全性の観点から、新たな品種の場合は「下限値~上限値」が適当とする考え方を示した。

<農水省、品目別資料を作成へ>
 手順書(案)は、届出後に行う関与成分の濃度検査で、規格を満たさない結果が出た場合の対応方針を示した。その場合、調査によって規格に適合しない原因を突き止め、再発防止策を講じることになる。一方、届け出た「1日摂取目安量あたりの成分含有量」の範囲から大きく外れ、有効な再発防止策がないケースでは、「ただちに表示を止めざるを得ない」と指摘した。しかし、出席した委員から、届出後の検査のあり方について異論が出たことから、案の一部を修正する方向となった。

 また、農水省は手順書を公表した後、品目別の参考資料の作成や、生鮮食品の機能性に関するデータベースの構築を進めると説明した。

*記事へのご意見はこちら

おススメ記事

2017年10月20日

ヤクルト本社、『リベシィ』がパッケージコンテストで受賞

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は20日、基礎化粧品シリーズ『リベシィ』が、日本包装技術協会主催の「2017日本パッケージングコンテスト」で化粧品包装部門賞を受賞したと発表した。  同シリーズは、加 […]

2017年10月20日

インフォームドチョイス、日本新薬が認証取得

 (有)バイオヘルスリサーチリミテッド(東京都文京区、池田秀子社長)は20日、日本新薬(株)(京都市南区)がサプリメントのアンチ・ドーピング認証である「インフォームドチョイス認証」を取得したと発表した。  認証された『W […]

2017年10月20日

協和、「葛の花」機能性表示食品の広告で謝罪

 (株)協和(本社:東京都新宿区、堀内泰司代表)は20日、機能性表示食品のサプリメントを摂取するだけで痩身効果が得られると誤認させるような表示を行っていたとして、全国紙に謝罪広告を掲載した。  同社は、葛の花由来イソフラ […]

東京都の物産展で「賞味期限切れ」の甘酒を販売

 東京都と全国地方新聞社連合会が共同で開催している「都庁展望室 日本全国物産展」で販売した『酒蔵仕込みのあま酒』(製造元:下関酒造(株))の一部に、賞味期限切れの商品が含まれていたことを受けて、都庁展望室日本全国物産展事 […]

豪州、健康食品から発がん性成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は19日、オーストラリアTGAが発がん性の恐れがある成分を含む健康食品について注意喚起を行ったと発表した。  健康食品『Jimpness Beauty Fat Loss capsule […]