健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の生鮮食品「手順書(案)」を議論
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年04月22日

機能性表示食品の生鮮食品「手順書(案)」を議論

<新品種は「下限値~上限値」表示>
 生鮮食品の生産者などが機能性表示食品制度に対応できるようにするため、農林水産省は22日、「データ収集技術等小委員会」を開催し、届出前に行う規格設定や、届出後に行う成分濃度検査の方法を示した「手順書(案)」について議論した。次回会合で取りまとめ、公表する計画だ。

 生鮮食品の場合、個々の商品の重量や関与成分の濃度にばらつきがある。収穫時期や産地、品種によっても違いが生じやすい。このため、サプリメントや加工食品と比べ、規格設定などが困難と言われている。
 こうした点を踏まえ、手順書(案)では、規格設定に必要なデータを収集するためのサンプリング・分析方法を整理。さらに、関与成分含有量の表示方法、規格の設定方法を説明している。関与成分含有量の表示方法については、消費者庁のガイドラインで示されたように、「通常の場合、下限値表示とすることが妥当」とした。一方、安全性の観点から、新たな品種の場合は「下限値~上限値」が適当とする考え方を示した。

<農水省、品目別資料を作成へ>
 手順書(案)は、届出後に行う関与成分の濃度検査で、規格を満たさない結果が出た場合の対応方針を示した。その場合、調査によって規格に適合しない原因を突き止め、再発防止策を講じることになる。一方、届け出た「1日摂取目安量あたりの成分含有量」の範囲から大きく外れ、有効な再発防止策がないケースでは、「ただちに表示を止めざるを得ない」と指摘した。しかし、出席した委員から、届出後の検査のあり方について異論が出たことから、案の一部を修正する方向となった。

 また、農水省は手順書を公表した後、品目別の参考資料の作成や、生鮮食品の機能性に関するデータベースの構築を進めると説明した。

*記事へのご意見はこちら

おススメ記事

昨年度のネット監視、健康食品表示で336業者に改善要請~消費者庁

 消費者庁はきょう(28日)、2016年度に実施したインターネット上の健康食品表示の監視により、合計336事業者に対して表示の改善を要請したと発表した。ショッピングモール運営事業者に対しても、表示の適正化を要請した。   […]

高橋貞光の通販講座第3弾、大阪で開催

 (株)データ・マックスはきょう(28日)、通信販売事業者を対象としたセミナー「成功する通信販売のつくり方」を大阪市内で開催した。通販企業や通販事業の立ち上げ、事業の刷新を考えている川上の事業者などが参加した。  講師を […]

日新製糖、ガラクトオリゴ糖配合商品を発売

 日新製糖(株)(本社:東京都中央区、樋口洋一社長)はこのほど、ガラクトオリゴ糖を主成分とする食品用糖質「カップオリゴ」を配合した液体タイプの『カップオリゴ(500g)』、打錠タイプの『ガラクトオリゴ糖錠剤(270粒)』 […]

ドーム、ホエイプロテインの新商品を発売

 (株)ドーム(本社:東京都江東区、安田秀一代表社長、TEL:0120-106-786)は5月9日、スポーツサプリメントブランドDNSから個包装タイプの『ホエイプロテインSP シングルパック』を発売する。  『――シング […]

カワチ薬品、17年3月期 前期比77%増の大幅増益に

 (株)カワチ薬品(本社:栃木県小山市、河内伸二社長)はこのほど、2017年3月期業績を発表した。売上高は前年比2.2%増の2,664億2,300万円、営業利益は同22.9%増の57億2,300万円、経常利益は同20.2 […]