健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の届出情報を考察(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月22日

機能性表示食品の届出情報を考察(4)

横浜薬科大学 客員講師 竹田 竜嗣 氏

<消費者に対し届出企業は丁寧な説明を>
 6月10日時点で公表されている機能性表示食品の届出情報をもとに、気づいた点を指摘してきた。今回は届出情報について全般的な所見を述べる。

 報道などを見ると、いくつかの届出商品について消費者が不安視しているとの情報がある。その多くが、安全性で問題があるのではないか、機能性のエビデンスが不十分なのではないか、といった点だ。また、機能性表示食品制度が企業の自己責任で実施されることも、やはり不安視しているのではないかと思う。

 しかし、この制度がなければ、科学的根拠の曖昧な商品がグレーゾーンの販売方法や広告で出回り続け、ある一線を超えると行政処分を受けるという構図が固定し、続くのではないだろうか。きちんとした科学的根拠があれば機能性が謳える画期的な制度であるからこそ、消費者の注目度も高く、反響も大きいのだと思う。

 国の許認可制でないことや、特定保健用食品(トクホ)との違いが十分に浸透していないことから、どうしても消費者の不安を押し上げてしまう面がある。しかし、こういった不安に対し、届出企業は十分に丁寧に説明するしかない。そういった意味でも、今後展開される機能性表示食品の広告については、そのあり方が大きな議論になると考えられる。

 また、届出情報のなかで、消費者向けの資料は「一般消費者向け情報」のみである。この部分については残念ながら、一部わかりづらい記載の届出がある。文字数の制限もあるため、有識者向け届出資料の単純な言い換えでは収まり切らないことも理解できるが、なるべく平易でわかりやすい表記を心掛けてほしい。

 専門用語を極力言い換えて、少しでもわかりやすい表記にしようとしている届出も少なくない。その一方で、「RCT」「研究レビュー」「バイアス」などは、多く出てくる用語でもある。これらの用語に関する一般向けのわかりやすい資料を、行政を中心に用意する必要も出てきそうだ。

 企業側に説明責任があることは言うまでもないが、制度の認知不足や誤解が起こるのはすべて企業側の問題だけではない。行政や業界団体、消費者団体がこの制度をより良いものにするために、一般消費者に啓蒙活動を行っていくことが重要である。もう一度、どういう目的で導入された制度なのかについて、それぞれの立場の関係者が考え、活発な議論が進むことを期待したい。

(了)

おススメ記事

2018年02月23日

自然食品店探訪~サンピュア~

<顧客が毎日通う店に>  自然食品店として創業40年の歴史を持つ「サンピュア」(東京都江戸川区、経営元:(株)サンピュア、坂本卓男代表)。この10年間、自然食品の店舗を取り巻く環境は厳しく、近隣のライバル店が消えていった […]

2018年02月23日

【3/3】健康食品に関するリスクコミュニケーション

 消費者庁は3月3日、(一社)日本食品安全協会、徳島県庁と連携して、健康食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品との賢い付き合い方~健康食品と健康食品管理士の役割~」を徳島大学長井記念ホール(徳島市庄町)で開催する […]

2018年02月23日

リパミン広報センター、PSの最新動向を紹介

 リパミン広報センター(DKSHジャパン、ビーエイチエヌ、ヘルシーナビ)は22日、健康食品素材「ホスファチジルセリン(PS)」に関するセミナーを都内で開催した。60人を超える関係者が参加した。  Increnovo社(米 […]

2018年02月23日

中日本カプセル、通販ルート好調で前年比6%増

 中日本カプセル(株)(本社:岐阜県大垣市、山中利恭社長)の2017年10月期の売上高は前年比6%増となった。テレビ通販とネット通販向けの伸びが顕著で、インバウンド向けも「専売品として継続している製品は好調」としている。 […]

消費者庁、規格基準型トクホ1件を許可

 消費者庁は22日、規格基準型特定保健用食品(トクホ)として申請された1件について許可したと発表した。  許可されたのは、イオントップバリュ(株)の茶系飲料『国産茶葉使用食物繊維入り烏龍茶』。難消化性デキストリンを配合し […]