健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の届出情報を考察(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月18日

機能性表示食品の届出情報を考察(3)

横浜薬科大学 客員講師 竹田 竜嗣 氏

<資料作成時の留意点とは?>
 今回は、安全性・有効性に関する資料を作成する際の留意点などについて考える。機能性の作用機序の考察は基本情報に含まれる。各届出情報を見ると、この部分は、各社がこれまで行ってきた細胞試験などの基礎研究や動物試験の論文を含めて、しっかりと書かれている。十分な情報を提供しており、基礎研究を含めた開発の経緯がわかる。

 有識者資料の「安全性」「有効性」「作用機序」では、届出企業間の差異が見えてくる。表示しようとする機能性については、「健常者」の範囲であること、ガイドラインではNG例が示されている程度であることから、表現に工夫が見られる事例が多い。
 研究レビューによる有効性の資料では、評価したアウトカムをうまく考察し、差別化を狙った表現例も見られる。機能性表示の内容を見ると、特定保健用食品(トクホ)ではまだない眼機能や肌機能、関節関連、ストレスなどの表示が早々と受理されている。このことは、各社が工夫した結果と言える。

 しかし、届出情報を見ていて懸念される点もある。有効性資料と安全性資料の差が大きい届出情報があることだ。有効性資料がかなりのウェイトを占めているケースや、その反対に安全性情報にかなりのウェイトを置いているケースなどである。
 有効性情報のボリュームが大きく、安全性情報が少ないのは、バランスが欠けていると言える。使用原料(関与成分)によって、安全性情報が多少異なることは理解できるが、本当に喫食経験のみで十分なのか、既存データベースや二次情報などを調査する必要はないのか、といった点を届出企業は十分に留意してほしい。

 また、機能性食品や機能性原料の研究開発は常に進んでいるため、今後新たな知見が出てくると考えられる。さらに、海外でも機能性表示食品の売上が伸びれば、使用原料の研究が進み、新たな知見が出てくると予想される。
 こういった情報収集を届出企業は続けていかなければならない。届出情報の更新については、それぞれの届出企業の責任で行うことが求められている。

(つづく)

おススメ記事

原料原産地表示の消費者理解度、「55%」目標に

 消費者委員会本会議は24日、消費者庁が行う食品表示制度の周知活動について議論した。加工食品の原料原産地表示制度について消費者庁は、経過措置期間が終了する2022年3月末時点で、消費者の理解度(制度の中身まで理解している […]

フォーデイズに特商法違反で取引停止命令~消費者庁

<「ガンが治った」「目が治る」など告げて勧誘>  「ガンが治った人もいる」などと事実と異なる効能効果を告げて、健康飲料を販売したとして、消費者庁は24日、連鎖販売取引業者のフォーデイズ(株)(東京都中央区、和田桂子代表) […]

富士フィルム、新たな皮膚感作性試験法を開発

 富士フィルム(株)(本社:東京都港区、助野健児社長)はこのほど、新たな皮膚感作性試験代替法「Amino acid Derivative Reactivity Assay(ADRA)」を開発したと発表した。  皮膚感作性 […]

2017年11月24日

【2018/2/8】飲食店向け「食物アレルギー対策講習会」

 東京都は来年2月8日、飲食店向け「食物アレルギー対策講習会」を銀座ブロッサム(東京都中央区)で開催する。定員900人、参加費は無料。  プログラム内容は「知らないではすまされない、食物アレルギーとアナフィラキシー」(昭 […]

2017年11月24日

ネムノキ樹皮抽出物に睡眠の質改善作用

 コンビ(株)(本社:東京都台東区、五嶋啓伸社長)ファンクショナルフーズ事業部はこのほど、臨床試験によって、ネムノキ樹皮抽出物に睡眠の質を改善する作用があることを確認したと発表した。  25~46歳の男女5人を対象に、ク […]