健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の届出情報を考察(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月18日

機能性表示食品の届出情報を考察(3)

横浜薬科大学 客員講師 竹田 竜嗣 氏

<資料作成時の留意点とは?>
 今回は、安全性・有効性に関する資料を作成する際の留意点などについて考える。機能性の作用機序の考察は基本情報に含まれる。各届出情報を見ると、この部分は、各社がこれまで行ってきた細胞試験などの基礎研究や動物試験の論文を含めて、しっかりと書かれている。十分な情報を提供しており、基礎研究を含めた開発の経緯がわかる。

 有識者資料の「安全性」「有効性」「作用機序」では、届出企業間の差異が見えてくる。表示しようとする機能性については、「健常者」の範囲であること、ガイドラインではNG例が示されている程度であることから、表現に工夫が見られる事例が多い。
 研究レビューによる有効性の資料では、評価したアウトカムをうまく考察し、差別化を狙った表現例も見られる。機能性表示の内容を見ると、特定保健用食品(トクホ)ではまだない眼機能や肌機能、関節関連、ストレスなどの表示が早々と受理されている。このことは、各社が工夫した結果と言える。

 しかし、届出情報を見ていて懸念される点もある。有効性資料と安全性資料の差が大きい届出情報があることだ。有効性資料がかなりのウェイトを占めているケースや、その反対に安全性情報にかなりのウェイトを置いているケースなどである。
 有効性情報のボリュームが大きく、安全性情報が少ないのは、バランスが欠けていると言える。使用原料(関与成分)によって、安全性情報が多少異なることは理解できるが、本当に喫食経験のみで十分なのか、既存データベースや二次情報などを調査する必要はないのか、といった点を届出企業は十分に留意してほしい。

 また、機能性食品や機能性原料の研究開発は常に進んでいるため、今後新たな知見が出てくると考えられる。さらに、海外でも機能性表示食品の売上が伸びれば、使用原料の研究が進み、新たな知見が出てくると予想される。
 こういった情報収集を届出企業は続けていかなければならない。届出情報の更新については、それぞれの届出企業の責任で行うことが求められている。

(つづく)

おススメ記事

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]

森永乳業、国連「グローバル・コンパクト」に署名

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)は26日、CSRの取り組みを推進するため、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名したと発表した。  UNGCは、各企業・団体が社会の一員として行動し、持続可能な […]