健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の届出情報を考察(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月16日

機能性表示食品の届出情報を考察(2)

横浜薬科大学 客員講師 竹田 竜嗣 氏

<安全性の届出情報、食経験で誤解招く例も>
 今回は安全性に関する届出情報について述べる。安全性に関する資料を見る限り、かなりの差があるように感じる。消費者庁が公表したガイドラインの安全性確認のプロセスについて、もう一度、確認しておく。
 まず、喫食経験によって安全性を確認。それで不十分ならば、公的機関のデータベースなどの既存情報(二次情報)を確認する。それでも十分でない場合には、安全性試験を実施するという流れだ。このほかにも、医薬品との相互作用、複数の関与成分が含まれる場合は関与成分同士の相互作用について確認することが求められる。

 公表された届出情報の安全性資料を見ると、喫食経験による確認だけで安全性評価を終了しているケースが4割弱を占める。半分以上の届出商品では、公的機関のデータベースなどの既存情報による確認や安全性試験を実施していることになる。

 喫食経験による評価については、ほとんどの届出資料で「販売量」が記載されているが、販売量の単位が誤解を招くケースも見受けられる。たとえば、製品の販売個数で表記すれば、おおよその喫食した人数も想像がつく。しかし、出荷の総量単位(販売単位の個数ではなく、総重量や中身の総個数など)のみで書かれている例もあり、消費者の誤解を招く可能性がある。

 また、一律に販売個数や販売期間を基準化し、喫食が十分であると線引きすることは難しいものの、届出企業が安全性を十分に確保できる(喫食経験のみの記載)と判断した販売期間や販売個数には大きなバラつきが見られる。ただし、安全性情報がかなり不足していて、不十分だと感じる例はほとんどなかった。

 販売側からすれば、喫食経験による安全性情報を十分に記載していると感じるかもしれないが、消費者にとっては「情報不足」と不安になる可能性がある。このため、できる限り多くの情報を提供した方がよい。とくに販売実績のみで十分と判断する場合も、既存のデータベースの二次情報を確認してほしい。

(つづく)

おススメ記事

遺伝子組み換え表示、コーンフレークの追加を見送り

<検査法の再現性、確認できず>  消費者庁の「遺伝子組み換え表示制度に関する検討会」は17日、遺伝子組み換え(GM)表示制度の対象品目に追加する方向で検討していた「コーンフレーク」について、再現性のある検査法が確立されて […]

ジャパンライフ、1年以内に3度目の行政処分

<3月の行政処分を受け、新たなビジネス>  装着タイプ磁気治療器の販売取引で特定商取引法に違反したとして、消費者庁は17日、ジャパンライフ(株)(東京都千代田区、山口ひろみ社長)に対し、業務提供誘引販売取引について12カ […]

2017年11月17日

フジッコ、黒大豆種皮抽出物で臨床試験終了

 フジッコ(株)(本社:兵庫県神戸市、福井正一社長、TEL:078-303-5925)は、黒大豆種皮ポリフェノールを豊富(58%以上)に含む『クロノケアSP』で、機能性表示食品制度への届出準備に入った。  今年3月に開催 […]

2017年11月17日

コトブキ薬粧、大阪の展示会で新サービス提案

 コトブキ薬粧(株)(本社:大阪市中央区、和田洋治社長、TEL:06-4963-2877)は28日から30日までの3日間、インデックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「中小企業新ものづくり・新サービス展」に出展する。大 […]

クリスマス限定パッケージの『Newヤクルト』発売

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は11月下旬~12月下旬の期間、クリスマスシーズン限定パッケージの乳製品乳酸菌飲料『Newヤクルト』、『Newヤクルトカロリーハーフ』を全国で発売する。容器にクリスマ […]