健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の届出は今のままでいいのか?(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年04月11日

機能性表示食品の届出は今のままでいいのか?(3)

インデナジャパン(株) 取締役営業部長 川田 晋氏(左)と、国立医薬品食品衛生研究所 食品部部長 穐山浩氏

インデナジャパン(株)取締役営業部長の川田晋氏(左)と、国立医薬品食品衛生研究所食品部部長の穐山浩氏

<定量指標成分「ルテイン」と関与成分「マリーゴールドエキス」>

 穐山 ジェクファによるルテインの評価については読んだことがないが、たぶんルテインは添加物として評価されているのではないか?

 高尾 ルテインとしてCAS番号が振られたE161bという色素としての評価だが、このような定義を無視してルテインへの安全性評価として引用されている。

 穐山 ルテインとしてジャクファが評価しているのか。だが、新制度ではマリーゴールド色素でエビデンスを取得しているのではないか。

 川田 そのとおりだが、関与成分がルテインになっているために関与成分の解釈に混乱が起きている。

 穐山 なるほど。摂取形態はルテインではないのに?

 川田 ええ、実際はマリーゴールドエキスなのだが。

(株)オムニカ代表取締役社長の高尾久貴氏

(株)オムニカ代表取締役社長の高尾久貴氏

 穐山 安全性の観点からすると、そのような評価を用いるべきではない。ジェクファで評価されているのは70%のルテインのマリーゴールド色素のエキス。これが動物実験で評価されている。当然、慢性毒性試験も実施していると思う。これと同じものを商品にしており、ADIの基準を守っているのであれば、それでいいと思う。

 ところが、実際は色素やエキスを販売していて、ルテインが70%ではなく、ルテインとしてはほとんど入っていないにも関わらず、ルテインに関するジェクファの評価を使って安全性を根拠としているとすれば、それはおかしい。 

 高尾 共通点はあるが、モノは違う。

 穐山 私は、ルテインは定量指標成分で、マリーゴールドエキスが関与成分だと思う。そのなかの脂肪酸の付いたエステル体をいくつか測定し、色素成分をある程度特定できる成分であれば機能性関与成分はそれでいいと思う。

 司会 つまり、定量指標成分であるルテインを関与成分だとして販売している商品があるとすれば、それは制度上、不適格であるという判断か。

 穐山 そのとおり。

 高尾 ジェクファでアントシアニン成分として評価されたもので、ブドウから得られたアントシアニンだが、ブドウから得られた安全性の評価をいくつ並べてもアントシアニンの評価は出せないと結論付けされている。色素に対する評価を行ったに過ぎず、アントシアニンとしての評価は行っていないという意味だ。

(つづく)

おススメ記事

肉・魚など「酸性食品」を多く食べる人ほど死亡リスク上昇

 野菜・果物などのアルカリ食品が少なく、肉・魚などの酸性食品を多く食べる人で死亡リスクが高くなることが、(国研)国立がん研究センターの研究班が29日に発表した調査結果からわかった。  調査は、全国11地域の約9万人の男女 […]

2017年05月30日

DSM、「オメガ3」セミナーを都内で開催

 DSMニュートリションジャパン(株)(本社:東京都港区、中原雄司社長)は29日、「オメガ3 サプリ先進国の技術と市場形成」と題したセミナーを都内で開催した。  米国サウスダコタ大学医学部教授で血中のオメガ3の解析キット […]

2017年05月30日

運動と乳製品で高齢女性の筋力増加

 (株)明治(本社:東京都中央区、川村和夫社長)は29日、信州大学大学院などとの共同研究により、5カ月間のインターバル速歩トレーニング中の乳製品の摂取が、高齢女性の下肢筋力向上を促進し、体内の炎症促進遺伝子の活性を抑制す […]

2017年05月30日

注目集める植物性スクラブ剤

<フランス産刻み花びら VS ドイツ産パルプ由来セルロース>  環境汚染が懸念されるマイクロビーズスクラブ剤の代替品として、フランス産やドイツ産の植物由来スクラブ剤が注目を集めている。2016年3月に日本化粧品工業連絡会 […]

2017年05月30日

大塚製薬、睡眠の質高める機能性表示食品のテスト販売開始

 大塚製薬(株)(本社:東京都千代田区、樋口達夫社長、TEL:0120-550-708)は29日、機能性表示食品のサプリメント『賢者の快眠 睡眠リズムサポート』のテスト販売を開始した。同社の通販「オオツカ・プラスワン」と […]