健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の安全性・品質を考察(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月03日

機能性表示食品の安全性・品質を考察(1)

(一社)日本健康食品規格協会 理事長 池田 秀子 氏

 機能性表示食品制度は、科学的エビデンスに基づいて事業者の判断で機能性表示を可能にすることから、その前提条件として安全性の確保が最優先される。対象製品の事前届出と情報公開の仕組みは、機能性だけでなく安全性確保の面でも極めて重要な役割を果たす。消費者庁による受理件数はまだ80品目弱(2015年8月末現在)であるが、当初の狙い通り、安全性重視の制度になっているかどうかを確認してみる。

<食経験の評価は丁寧かつ慎重に>
 機能性表示食品の安全性確保の最初のステップは、喫食実績の有無である。もし、当該製品または機能性関与成分の食経験が十分であると説明可能であれば、それ以上の安全性については、医薬品または機能性成分同士の相互作用の確認を除けば、それ以上の情報収集などは不要としている。

 いくつかの届出情報を見ると、錠剤・カプセル状などの「サプリメント形状の加工食品」とされた製品群では、かなり大胆な判断がなされている例が目に付く。例えば、わずか2~3年の販売期間で2~3万個の販売数から、食経験が十分であるとして済ませている製品がある。

 食経験は、多くの人がこれを摂取したときに、また長期間摂取したとしても安全であるかどうかを判断するための最も基本となる情報になるわけだが、わずか2~3万個では、摂取者の数が極めて限られていると言うべきではないだろうか。私の経験では、医薬品開発の場合、新薬が承認された後の市販後調査で、10万人に1人が発現するかもしれない副作用を確認できるだけのデータ収集が必要だった。医薬品と食品成分を比較すべきではないが、もし食品の販売数が2万個で、1人がその製品を平均3個購入していたとするなら、購入者数は6,700人程度にしかならない。これで十分な食経験があると判断して良いだろうか。

 食経験の判断の仕方やレベルは、各社さまざまである。次の制度見直しの議論では、恐らく避けられないテーマの1つになると考えられる。濃縮物・抽出物を使用していることから、食経験の評価について、その説明の仕方や内容がもう少し丁寧でかつ慎重であることが必要と思われる。

 さて、食経験が不十分な場合には、さらなる情報収集として公的機関のデータベースを利用したり、1次情報を収集したりすることになっているが、前述のように、多くの製品で簡単に食経験が十分と評価されており、これらの情報収集まで行っている企業は少ない。しかし、なかには毒性情報に特化したデータベース、たとえばRTECなども対象に情報を検索し、これらのデータと販売実績を併せて説明している企業もある。見習いたい例である。

(つづく)

 

おススメ記事

2017年06月28日

インデナ社、クルクミンの非アルコール性脂肪肝への効果を確認

 インデナ社(イタリア)はこのほど、非アルコール性脂肪肝(NAFLD)に対するクルクミンの有効性を確認したと発表した。オーストリアのウィーンで開かれた第11回ポリフェノール応用に関する世界会議(World Congres […]

2017年06月28日

【7/3】静岡県、「ハラール」「コーシャ」対応セミナー

 静岡県は7月3日、「多様な食文化への対応セミナー」を静岡県産業経済会館(静岡市葵区)で開催する。イスラム教の「ハラール」、ユダヤ教の「コーシャ」への対応方法を考える。  プログラムは「食をめぐる多様な食文化について」( […]

クラシエ薬品、物忘れ改善の医薬品を発売

 クラシエ薬品(株)(本社:東京都港区、古市貞雄社長、TEL:03-5446-3334)は7月3日、中年期以降の物忘れを改善する第3類医薬品『アレデル顆粒』(42包、希望小売価格1,900円)を新発売する。  生薬のオン […]

2017年06月27日

JIHFS、GMPテーマに記念講演会を開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は26日、第8回定期総会の記念講演会を学士会館(東京都千代田区)で開催した。  同協会顧問でGMP審査会委員長の谷本剛氏が、「健康食品の品質確保等の考え方及びそ […]

サツドラHD、5月期決算を発表

 サツドラホールディングス(株)(本社:北海道札幌市、富山浩樹社長)はこのほど、2017年5月期決算が売上高878億4,400万円、営業利益13億1,800万円、経常利益13億3,300万円、当期利益7億800万円となっ […]