健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の一般消費者向け情報(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月24日

機能性表示食品の一般消費者向け情報(後)

<消費者庁「企業は努力してほしい」>
 引き続き、機能性表示食品の届出情報の「一般消費者向け情報」について、消費者にとってわかりにくい典型例を紹介する。

 (株)東洋新薬のサプリメント『メディスリム』を例に挙げる。機能性を証明するための試験方法について、「20-65歳の肥満指数(BMI)が25.0以上の軽度肥満男女90名を対象に、二重盲検並行群間比較試験を行った。90名を、性別及びBMIが均等になるよう無作為に3群に割付け、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として42mg/日)・・・」と説明。サプリメント『メディスキン』では「・・・内容を精査した結果、8研究(査読誌6)について、システマティックレビューを行った。なお、8研究は、全て日本で実施されたプラセボ対照無作為化比較試験であり、2研究は女性のみを対象としていた」などと記述している。これらの文章を十分に理解できる一般的消費者はほとんどいないと考えられる。

 なぜ、だれもが理解できるような言葉に置き換えて説明しないのだろう。同社に聞いたが、回答はもらえなかった。

 キユーピー(株)のサプリメント『ヒアロモイスチャー240』も、理解しにくい事例の一つ。機能性の説明で「無作為化コントロール比較試験(RCT)」「プラセボ」「高値傾向」「査読付き論文」などの一般消費者にとって馴染みのない用語がいきなり出てくる。同社では「なるべくわかりやすい表現にするよう意識しましたが、ご指摘の通り不十分な点もあったと思います」(ファインケミカル本部)と話している。

 代表的な例として、ここまで4社の届出情報を取り上げた。だが、こうした問題は他社でも見られる。業界で当たり前のように使用される用語であっても、一般消費者にとっては難解。科学に疎遠な人に語りかけるような工夫が求められている。

 一般消費者向け情報が機能していない状況に対し、消費者団体も批判的だ。(一社)全国消費者団体連絡会は「専門用語そのままであったり、逆に省略し過ぎて重要な情報が欠けてしまったり、という内容が目につく」とし、業界団体に誠実な対応を要望した。一方、業界団体関係者からは、「専門用語を平易にした際、誤解を生じることを恐れる企業もある」といった弁明が聞かれる。
 消費者庁では「企業は平易な文章に直すと誤認を招くことを恐れるかもしれないが、その点は努力してほしい」(食品表示企画課)と話している。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

データ・マックス、東京支店を移転

 (株)データ・マックス(本社:福岡市博多区、児玉直社長)は5月27日、業務拡充にともない東京支店を移転する。5月29日から新オフィスで業務を開始する。セミナールームを常設し、今後は各種セミナーや勉強会などにも注力する。 […]

カネリョウ海藻、海産物2品を通販で発売

 カネリョウ海藻(株)(本社:熊本県宇土市、高木良樹社長、TEL:0120-37-4008)はこのほど、長崎県産のタイを使用した自然食品『鯛の昆布〆』(5切れ(58g)×2P)と、熊本県産の黒磯のりを使用した同『黒磯旨の […]

2017年04月24日

JIHFS、溶出試験の実習セミナーを開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は22日、JIHFS GMPセミナー「溶出試験の理論と実際(実習付)」を都内で開催した。約30人の業界関係者が出席した。  池田秀子理事長は挨拶のなかで「崩壊試 […]

2017年04月24日

ダーボン・オーガニック・ジャパン、コロンビア産有機ショートニングの販売強化

 ダーボン・オーガニック・ジャパン(株)(本社:東京都品川区、レオン・ファン・ハゥヴェリンゲン社長)は、コロンビア産パーム油由来「有機ショートニング」の販売を強化する。2016年の売上高は前年比17%増と伸長。引き続き日 […]

2017年04月24日

GNG、日本製サプリの「中国進出」判断サービスを開始

 (株)グローバルニュートリショングループ(本社:東京都豊島区、武田猛代表)はこのほど、(株)クロスボーダーエイジ(本社:東京都千代田区、春山祥一代表)と共同で、日本製サプリメントを対象に、中国の保健食品市場へ進出する際 […]