健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品の「食経験」情報(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月19日

機能性表示食品の「食経験」情報(後)

<先進諸国「5年以下では短い」>
 最終的に消費者庁の検討会報告書では、参考例として、先進諸国の食経験に対する考え方を示した。

 それによると、FDA(米国食品医薬品局)は仮の目安として、広範囲に最低25年摂取されていることを挙げる。また、オーストラリア・ニュージーランド食品基準局は、摂取期間、摂取量の同等性、摂取集団の外挿性などの条件を満たすことが必要と指摘。摂取期間については、2~3世代あれば使用歴として十分だが、5年以下では短いと考えられ、条件次第では10~20年でも十分な使用歴があるとしている。

 線引きが困難な現状では、消費者庁に届け出る食経験の目安として、米国やオーストラリア・ニュージーランドの考え方を参考にするべきと考えられる。

 この問題を考察するうえで、届出情報をもう1例挙げる。イオントップバリュ(株)の『難消化性デキストリン配合 コーラ』。届出情報によると、「本品は、日本全国で販売されているものであり、2014年5月26日から2015年3月29日までの間に、1,492,008本の出荷実績があります。その間、消費者から重大な健康被害に関する報告はありません」と記述。このことを安全性の根拠としている。

 関与成分の難消化性デキストリンはトクホの定番素材であり、またコーラ飲料という点でも、安全というイメージは湧く。しかし、機能性表示食品で重視されるのは届出資料の内容である。

 記者の「食経験の期間が非常に短いと思われるが」という質問に対し、イオン(株)は次のように回答している。

 「”非常に短い”とされる論拠が不明確なので、この前提ありきでお答えするものではありませんが、難消化性デキストリンは、多くの商品とともにすでに機能性に関する多数の論文があり、評価されているものと認識しております。弊社としましては、本品の販売期間(2014年5月26日~2015年3月29日)中において、すでに149万2,008本の出荷実績を持ち、かつ消費者から特段の健康被害に関するお申し出もありません。あくまでもご参考ではありますが、トクホの臨床実験の期間が約5か月であることからみて当該販売期間は約2倍の10か月にわたっており、食経験が短いというご指摘は当たらないものと考えております」。

<消費者庁「総合的に評価してもらう」>
 消費者庁はどう考えているのだろうか。食品表示企画課に聞いたところ、「ガイドラインでは線引きがされていない。企業にはガイドラインをよく読んで、総合的に評価してもらうことにしている」という。

 今回2つの事例を挙げたが、同様の問題はほかの多数の届出情報にも散見される。ガイドラインに違反していないからと言って、数カ月や数年程度の販売実績を安全性の根拠として届け出ることがスタンダードになれば、消費者団体などの批判がさらに強まるのは必至。機能性表示食品の信頼は低下すると予想される。

 有識者からも「販売実績だけだと、何人くらいの消費者が、どのくらいの頻度で摂取しているのかなどが不明」、「さすがに1年程度というのは短すぎる」などの意見が聞かれる。

 機能性表示食品では安全性の確保がもっとも重視される。何年以上ならば十分な食経験があると言えないため、前述の先進諸国の考え方を参考にした取り組みが求められる。機能性表示食品制度を世界に誇れるものに育て上げるのも、制度の信頼性を低下させるのも、各届出企業の姿勢次第と言える。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]

森永乳業、国連「グローバル・コンパクト」に署名

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)は26日、CSRの取り組みを推進するため、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名したと発表した。  UNGCは、各企業・団体が社会の一員として行動し、持続可能な […]