健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品で製造会社の変更も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月10日

機能性表示食品で製造会社の変更も

機能性表示食品の開発で、受託製造会社の切り替えを考えている販売企業が多数に上ることが、健康情報ニュースの取材でわかった。

 九州通販企業を中心とする数十社に聞いたところ、製造会社を切り替える理由として、機能性表示食品への対応を挙げる企業が多数みられた。「機能性表示食品の新製品を考えていると案件を投げたが、返事が返ってこない」、「営業担当が制度をよく知らない」、「届出に対応できないと言われた」などの声が聞かれた。

 健康食品販売会社の多くは製造施設を保有せず、販売業務以外は受託製造会社に委託しているケースがほとんど。なかには包装・パッケージ、販促物の薬事チェックまで行う受託製造会社もあり、重要な役割を担っている。

 受託製造側からは「届け出ている商品の傾向のチェックや、機能性表示食品に対応できる素材について原料会社にリサーチをかけている」という声も。その一方で、「新制度によって新製品や既存製品のリニューアルなどで需要が拡大するのはいいが、製造以外にシステマティック・レビュー(SR)や届出手続きも依頼され、負担が広がっている」、「届出を出しても、行政や消費者団体の指摘などで、確実に届出・販売できるようにサポートできるか不安」といった声も聞かれる。

 製造会社の切り替えについては、「既存顧客に競合他社が訪問しているという話をよく聞く」、「2次製造で任せていたところが直接営業に行っている。値段では勝てない」と危機感を強めている。新制度の施行で販売だけでなく、その裏方の競争も激化しているようだ。

【小山 仁】

 

おススメ記事

厚労省、2020年版食事摂取基準の検討開始

<高齢者の低栄養・フレイル予防など課題に>  2020年度から使用する食事摂取基準を策定するため、厚生労働省の「『日本人の食事摂取基準』策定検討会」は20日、初会合を開き、検討に着手した。来年3月までに報告書を取りまとめ […]

山形県、健康づくりステーション創設支援事業を開始

 山形県はこのほど、やまがた健康づくりステーション創設支援事業の企画提案の募集を開始した。採択件数は広域集客型が2件(補助金額:最高265万円)、地域密着型が10件(同:最高20万円)。5月23日に締め切る。  広域集客 […]

2018年04月20日

【5/9】バイオバンク活用の補助制度説明会

 (公財)北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)と札幌市は5月9日、「バイオバンク活用のための補助制度説明会」をTKP札幌駅カンファレンスセンター(札幌市北区)で開催する。  ノーステック財団と札幌市は、北海 […]

ファミリーマート、全粒粉サンドを発売

  (株)ファミリーマート(本社:東京都豊島区、澤田貴司社長)は24日、超微細粉末の全粒粉を使用した食パンのサンドイッチ『全粒粉サンド 野菜ミックス』と『――半熟たまごとサラダチキン』を全国のファミリーマート、サークルK […]

新・大手食品営業マンの告白~カバちゃん伝説(3)

山笠太郎 <カバちゃん一世一代の危機>  ゲス6人組は、大手食品メーカーの本部長クラスのお歴々と、日本でも有数な食品卸・△△商事の「泣く子も黙る」土井本部長だった。幸いにも、そこに小生はいなかった。カバちゃんのお供をして […]