健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品で新たに4件受理
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年12月03日

機能性表示食品で新たに4件受理

 消費者庁は3日、機能性表示食品として新たに4件の届出を受理した。受理件数は合計155件に上る。

 受理されたのは、江崎グリコ(株)のラクトアイス『BifiX(ビフィックス)フローズンジェリー ヨーグルト味』、森永乳業(株)のサプリメント『ビヒダスBB536』、(株)ファインのサプリメント『グラボノイド300』、(株)全日本通販のサプリメント『コレステ生活』。

 『BifiX(ビフィックス)フローズンジェリー ヨーグルト味』はビフィズス菌BifiXを関与成分とする。腸内環境を良くしたい人、お腹の調子を整えたい人に向けた商品としている。安全性を確認するため、食経験の評価と既存情報の調査を実施。機能性については関与成分の研究レビューを行い、2報の論文を評価した。

 『ビヒダスBB536』はビフィズス菌BB536を関与成分とし、お腹の調子を整えたい人に訴求する。安全性は食経験の評価で確認、機能性は関与成分の研究レビューで評価した。

 3%グラブリジン含有甘草抽出物が関与成分の『グラボノイド300』は、「お腹の脂肪(内臓脂肪)をはじめとする体脂肪を減らすことをサポートし、高めのBMIの改善に役立つことが報告されています」などと表示する。

 また、松樹皮由来プロシアニジンを関与成分とする『コレステ生活』は、コレステロールが高めの人に向けて提案する。

 

 

おススメ記事

農水省、β-クリプトキサンチンの定量法で意見募集

 農水省はこのほど、「ウンシュウミカン中のβ-クリプトキサンチンの定量――高速液体クロマトグラフ法の日本農林規格(案)」について、パブリック・コメントの募集を開始した。2月15日に締め切る。

カゴメと産総研、オープンイノベーションに向け始動

 カゴメ(株)(本社:名古屋市中区、寺田直行社長)と(国研)産業技術総合研究所(産総研)は18日、昨年10月1日付で締結した包括的共同研究契約に基づき、共同研究活動を本格的にスタートさせると発表した。  カゴメは産総研生 […]

2018年01月19日

「葛の花」事件で9社に課徴金納付命令~消費者庁

<課徴金額はステップワールドの4,893万円がトップ>  消費者庁は19日、葛の花由来イソフラボンを配合した機能性表示食品の広告で、事実と異なる痩身効果を標ぼうしていた販売会社9社に対し、景品表示法に基づく課徴金納付命令 […]

データ・マックス新年会、130人の業界関係者が参加

 (株)データ・マックスは18日、「データ・マックス新年会」を都内ホテルで開催した。ヘルスケア業界を中心とする130人の業界関係者が参加。懇親会のほか、国際政治経済学者の浜田和幸氏によるセミナーも行われた。  浜田氏は「 […]

東京都、不適正計量商品の割合 過去10年で最高

 東京都計量検定所は18日、年末期の商品量目立入検査結果を発表した。検査対象となったスーパーなどの158事業所中、不適正商品率が5%を超える事業所は23件(14.6%)、対象商品6,674点のうちラベル不適正商品は150 […]