健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品で広告効率プラス30%
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月16日

機能性表示食品で広告効率プラス30%

キユーピーグループの通信販売会社(株)トウ・キユーピー(本社:東京都調布市、田村祐二社長)が12日に発売した機能性表示食品『ヒアロモイスチャー240』が好調な滑り出しをみせている。同社によれば、発売からわずか3日で、広告効率はリニューアル前の30%増を示したという。

 機能性表示食品制度は4月1日に施行された新制度。機能性関与成分の安全性と品質、機能性が一定の基準を満たしている商品であれば、パッケージや広告宣伝媒体で食品の機能性が表示できる。

 『ヒアロモイスチャー240』はキユーピーが独自に開発した高純度ヒアルロン酸を配合したサプリメントで、機能性表示食品としては初の商品。同社は、発売と同時に一般紙に全段広告を出した。同社の担当者は、「やはり機能性表示ができるというのは大きい」と手応えを感じている。

 

おススメ記事

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]

森永乳業、国連「グローバル・コンパクト」に署名

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)は26日、CSRの取り組みを推進するため、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名したと発表した。  UNGCは、各企業・団体が社会の一員として行動し、持続可能な […]