健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品『蹴脂粒』をめぐる問題(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年04月30日

機能性表示食品『蹴脂粒』をめぐる問題(前)

<食安委「提出資料からは安全性が確認できない」>
 機能性表示食品として受理されたサプリメント『蹴脂粒』((株)リコム)の安全性をめぐって、騒動が持ち上がった。『蹴脂粒』問題は、機能性表示食品制度の行方を左右する要素も内包している。問題点を考察する。

 機能性表示食品の届出情報をみると、『蹴脂粒』の関与成分はキトグルカン(エノキタケ抽出物)。「体脂肪(内臓脂肪)を減少させる働きがあります。体脂肪が気になる方、肥満気味の方に適しています」と表示する。

 その一方で、同商品は特定保健用食品(トクホ)にも申請中。現在、食品安全委員会で安全性評価を行っている。2月3日の食品安全員会で、新開発食品専門調査会が「安全性を評価することはできない」とする審議結果を報告した。リコムが申請した臨床試験の結果では、有害事象は出なかったとしている。しかし、同調査会は作用機序に関するデータが不十分などと指摘。「提出された資料からは安全性が確認できない」と判断した。

 トクホ審査は、まず消費者委員会の新開発食品評価調査会で作用機序と機能性を確認。その結果を踏まえて、食品安全委員会が安全性を評価する。つまり、消費者委員会が確認した作用機序を前提に安全性を評価することになる。

 食品安全委員会の「評価書(案)」のポイントを見る。細菌を用いた復帰突然変異試験、ラットを用いた単回強制経口投与試験、ヒト試験のそれぞれで問題は認められなかった。しかし、90日間反復強制経口投与試験はマウスの飼育環境が不適切だった可能性が指摘され、試験結果を安全性評価に使用できないと判断された。作用機序(脂肪細胞に対するβ3アドレナリン受容体刺激作用)についても、生体内でそのとおりに作用していると判断するためのデータが不十分とした。
 食品安全委員会によると、「今回の作用機序を前提とした場合、医薬品で見られる循環器系などへの副作用が否定できない。申請者はヒト試験によって安全性を確認したとしているが、被験者数が少ないことなどから評価できないと判断した」という。

 消費者団体などは、トクホの安全性評価で指摘された商品を機能性表示食品として受理したことを批判。同様の観点から、マスコミ各社もこの問題を報じている。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年06月28日

インデナ社、クルクミンの非アルコール性脂肪肝への効果を確認

 インデナ社(イタリア)はこのほど、非アルコール性脂肪肝(NAFLD)に対するクルクミンの有効性を確認したと発表した。オーストリアのウィーンで開かれた第11回ポリフェノール応用に関する世界会議(World Congres […]

2017年06月28日

【7/3】静岡県、「ハラール」「コーシャ」対応セミナー

 静岡県は7月3日、「多様な食文化への対応セミナー」を静岡県産業経済会館(静岡市葵区)で開催する。イスラム教の「ハラール」、ユダヤ教の「コーシャ」への対応方法を考える。  プログラムは「食をめぐる多様な食文化について」( […]

クラシエ薬品、物忘れ改善の医薬品を発売

 クラシエ薬品(株)(本社:東京都港区、古市貞雄社長、TEL:03-5446-3334)は7月3日、中年期以降の物忘れを改善する第3類医薬品『アレデル顆粒』(42包、希望小売価格1,900円)を新発売する。  生薬のオン […]

2017年06月27日

JIHFS、GMPテーマに記念講演会を開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は26日、第8回定期総会の記念講演会を学士会館(東京都千代田区)で開催した。  同協会顧問でGMP審査会委員長の谷本剛氏が、「健康食品の品質確保等の考え方及びそ […]

サツドラHD、5月期決算を発表

 サツドラホールディングス(株)(本社:北海道札幌市、富山浩樹社長)はこのほど、2017年5月期決算が売上高878億4,400万円、営業利益13億1,800万円、経常利益13億3,300万円、当期利益7億800万円となっ […]