健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品「関与成分」検討会~業界ヒアリング(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年03月15日

機能性表示食品「関与成分」検討会~業界ヒアリング(中)

<JADMA、関与成分が不明な食品で提案も支持されず>

第3回検討会は4団体からヒアリングを実施

第3回検討会は4団体からヒアリングを実施

 (公社)日本通信販売協会(JADMA)は、食事摂取基準で基準が設けられている栄養成分のうち、食事摂取基準と異なる機能で摂取される「オリゴ糖」などを機能性表示食品制度の対象に加えるように要望した。対象とする条件に、安全性が確認できていることや定性・定量ができることを挙げた。

 関与成分が不明な食品を制度の対象とする場合には、(1)機能性のエビデンスがある、(2)安全性の確認ができている、(3)作用機序が解明されている、(4)原材料の成分組成が確認できている――の4要件を満たすことを提案した。品質管理の方法については、「原料」と「最終商品」のそれぞれで指標成分の分析が必要とした。

 そうした案に対し、田口義明委員は「関与成分が特定できないが、機能性のエビデンスがあって、かつ作用機序が解明されているということが、一般消費者に受け入れられるのだろうか。難しいのではないか。不安感をぬぐえないと思う」と指摘。さらに、合田幸広委員が「関与成分が不明な食品というのは、非常に専門性の高い領域であり、それに対して届出制でよいのか。プロが見て扱う領域と思う」と述べるなど、各委員の支持を得ることはできなかった。

 

<健康食品産業協議会、時間オーバーでお粗末な幕切れ>

 健康食品産業協議会は関口洋一会長をはじめ、3人の学識経験者などが意見を陳述した。予定の時間を大幅にオーバーして時間切れとなり、ほとんど議論ができないというお粗末な結果となった。

 3人の学識経験者のうち、大阪樟蔭女子大学の津川尚子氏は、食品安全委員会が発表した「いわゆる『健康食品』に関する報告書とメッセージ」に対する批判を展開。同メッセージで過剰摂取の危険性が指摘されたビタミンDについて、その有効性と安全性を訴えた。また、武蔵野大学の阿部皓一氏はビタミンEの有効性と安全性について解説した。

(つづく)

【木村 祐作】

おススメ記事

2017年10月20日

ヤクルト本社、『リベシィ』がパッケージコンテストで受賞

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は20日、基礎化粧品シリーズ『リベシィ』が、日本包装技術協会主催の「2017日本パッケージングコンテスト」で化粧品包装部門賞を受賞したと発表した。  同シリーズは、加 […]

2017年10月20日

インフォームドチョイス、日本新薬が認証取得

 (有)バイオヘルスリサーチリミテッド(東京都文京区、池田秀子社長)は20日、日本新薬(株)(京都市南区)がサプリメントのアンチ・ドーピング認証である「インフォームドチョイス認証」を取得したと発表した。  認証された『W […]

2017年10月20日

協和、「葛の花」機能性表示食品の広告で謝罪

 (株)協和(本社:東京都新宿区、堀内泰司代表)は20日、機能性表示食品のサプリメントを摂取するだけで痩身効果が得られると誤認させるような表示を行っていたとして、全国紙に謝罪広告を掲載した。  同社は、葛の花由来イソフラ […]

東京都の物産展で「賞味期限切れ」の甘酒を販売

 東京都と全国地方新聞社連合会が共同で開催している「都庁展望室 日本全国物産展」で販売した『酒蔵仕込みのあま酒』(製造元:下関酒造(株))の一部に、賞味期限切れの商品が含まれていたことを受けて、都庁展望室日本全国物産展事 […]

豪州、健康食品から発がん性成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は19日、オーストラリアTGAが発がん性の恐れがある成分を含む健康食品について注意喚起を行ったと発表した。  健康食品『Jimpness Beauty Fat Loss capsule […]