健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品「関与成分」検討会~業界ヒアリング(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年03月15日

機能性表示食品「関与成分」検討会~業界ヒアリング(中)

<JADMA、関与成分が不明な食品で提案も支持されず>

第3回検討会は4団体からヒアリングを実施

第3回検討会は4団体からヒアリングを実施

 (公社)日本通信販売協会(JADMA)は、食事摂取基準で基準が設けられている栄養成分のうち、食事摂取基準と異なる機能で摂取される「オリゴ糖」などを機能性表示食品制度の対象に加えるように要望した。対象とする条件に、安全性が確認できていることや定性・定量ができることを挙げた。

 関与成分が不明な食品を制度の対象とする場合には、(1)機能性のエビデンスがある、(2)安全性の確認ができている、(3)作用機序が解明されている、(4)原材料の成分組成が確認できている――の4要件を満たすことを提案した。品質管理の方法については、「原料」と「最終商品」のそれぞれで指標成分の分析が必要とした。

 そうした案に対し、田口義明委員は「関与成分が特定できないが、機能性のエビデンスがあって、かつ作用機序が解明されているということが、一般消費者に受け入れられるのだろうか。難しいのではないか。不安感をぬぐえないと思う」と指摘。さらに、合田幸広委員が「関与成分が不明な食品というのは、非常に専門性の高い領域であり、それに対して届出制でよいのか。プロが見て扱う領域と思う」と述べるなど、各委員の支持を得ることはできなかった。

 

<健康食品産業協議会、時間オーバーでお粗末な幕切れ>

 健康食品産業協議会は関口洋一会長をはじめ、3人の学識経験者などが意見を陳述した。予定の時間を大幅にオーバーして時間切れとなり、ほとんど議論ができないというお粗末な結果となった。

 3人の学識経験者のうち、大阪樟蔭女子大学の津川尚子氏は、食品安全委員会が発表した「いわゆる『健康食品』に関する報告書とメッセージ」に対する批判を展開。同メッセージで過剰摂取の危険性が指摘されたビタミンDについて、その有効性と安全性を訴えた。また、武蔵野大学の阿部皓一氏はビタミンEの有効性と安全性について解説した。

(つづく)

【木村 祐作】

おススメ記事

消費者志向自主宣言企業、キッコーマンなど2社が参加

 消費者庁は18日、消費者志向自主宣言企業の第2次募集の結果、キッコーマン(株)と日本電気(株)の2社から自主宣言が届け出されたと発表した。  これは、企業が自主的に消費者志向経営を行うことを宣言し、宣言内容に沿った取り […]

キューサイ、粉末タイプの青汁を期間限定販売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は6月27日、粉末タイプ青汁『Kale de Kale Fiber』(3.5g×6本)をウェブサイトと都内2店舗で、期間限定で販売する […]

富士フイルム、馬用サプリメントを発売

 富士フイルム(株)(本社:東京都港区、助野健児社長、TEL:042-339-8920)は21日、馬用サプリメント『ピュア サラシア』(480g)を代理店経由で新発売する。  サラシノールを配合し、サラシア抽出物中の苦み […]

2018年05月18日

野菜ジュースの継続摂取で健康被害

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は17日、「カロテン」に関する安全性情報を公表した。  それによると、日本国内で47歳の男性が、1日当たり900mlの野菜ジュースを3年間にわたって摂取したところ、柑皮症を発症した。野 […]

2018年05月18日

米国でタンパク質高含有のホエイ製品が拡大

 アメリカ乳製品輸出協会(USDEC)日本事務所は18日、米国産乳由来プロテインセミナー「アクティブな毎日を支える乳由来たんぱく質―日常の食生活で手軽にホエイ摂取ができる商品提案―」を開催した。  同協会のジェフリー・マ […]