健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品「関与成分」検討会~業界ヒアリング(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年03月15日

機能性表示食品「関与成分」検討会~業界ヒアリング(中)

<JADMA、関与成分が不明な食品で提案も支持されず>

第3回検討会は4団体からヒアリングを実施

第3回検討会は4団体からヒアリングを実施

 (公社)日本通信販売協会(JADMA)は、食事摂取基準で基準が設けられている栄養成分のうち、食事摂取基準と異なる機能で摂取される「オリゴ糖」などを機能性表示食品制度の対象に加えるように要望した。対象とする条件に、安全性が確認できていることや定性・定量ができることを挙げた。

 関与成分が不明な食品を制度の対象とする場合には、(1)機能性のエビデンスがある、(2)安全性の確認ができている、(3)作用機序が解明されている、(4)原材料の成分組成が確認できている――の4要件を満たすことを提案した。品質管理の方法については、「原料」と「最終商品」のそれぞれで指標成分の分析が必要とした。

 そうした案に対し、田口義明委員は「関与成分が特定できないが、機能性のエビデンスがあって、かつ作用機序が解明されているということが、一般消費者に受け入れられるのだろうか。難しいのではないか。不安感をぬぐえないと思う」と指摘。さらに、合田幸広委員が「関与成分が不明な食品というのは、非常に専門性の高い領域であり、それに対して届出制でよいのか。プロが見て扱う領域と思う」と述べるなど、各委員の支持を得ることはできなかった。

 

<健康食品産業協議会、時間オーバーでお粗末な幕切れ>

 健康食品産業協議会は関口洋一会長をはじめ、3人の学識経験者などが意見を陳述した。予定の時間を大幅にオーバーして時間切れとなり、ほとんど議論ができないというお粗末な結果となった。

 3人の学識経験者のうち、大阪樟蔭女子大学の津川尚子氏は、食品安全委員会が発表した「いわゆる『健康食品』に関する報告書とメッセージ」に対する批判を展開。同メッセージで過剰摂取の危険性が指摘されたビタミンDについて、その有効性と安全性を訴えた。また、武蔵野大学の阿部皓一氏はビタミンEの有効性と安全性について解説した。

(つづく)

【木村 祐作】

おススメ記事

2017年08月21日

【9/13】カリフォルニア・レーズン協会、記者発表会を開催

 カリフォルニア・レーズンの普及活動を行うカリフォルニア・レーズン協会(本部:米国カリフォルニア州、駐日事務所:東京都千代田区)は9月13日、対日マーケティング活動計画に関する記者発表会を、ホテルメトロポリタンエドモント […]

ファミリーマート、機能性大麦入りのおむすび発売

 (株)ファミリーマート(本社:東京都豊島区、澤田貴司社長)は22日、帝人(株)(本社:大阪市北区、鈴木純社長)が開発した機能性大麦『バーリーマックス』を使用したおむすびとサラダを発売する。全国のファミリーマートとサーク […]

記憶を思い出すための神経回路を解明

 理化学研究所(理研)脳科学総合研究センター理研-MIT神経回路遺伝学研究センター・利根川進センター長らの研究チームは18日、マウスを用いた実験により、脳の海馬支脚を経由する神経回路が、記憶の想起に重要な役割を果たすこと […]

『I.Bヘルスケア(47号)』を発刊

 (株)データ・マックスはヘルスケア業界向け専門誌『I.Bヘルスケア(47号)』(A4・オールカラー、月刊)を発刊する。巻頭特集は「注目の国産素材」。独自性や付加価値を求める健康食品業界のニーズを背景に、注目が集まってい […]

2017年08月21日

マルハニチロ、機能性表示食品のサンマ蒲焼を発売

 マルハニチロ(株)(本社:東京都江東区、伊藤滋社長、TEL:0120-040826)は21日、機能性表示食品『北海道産 さんま蒲焼』を新発売する。全国の量販店で展開する。  1日摂取目安量の1枚(70g)当たりに、DH […]