健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品「関与成分」検討会~業界ヒアリング(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年03月15日

機能性表示食品「関与成分」検討会~業界ヒアリング(中)

<JADMA、関与成分が不明な食品で提案も支持されず>

第3回検討会は4団体からヒアリングを実施

第3回検討会は4団体からヒアリングを実施

 (公社)日本通信販売協会(JADMA)は、食事摂取基準で基準が設けられている栄養成分のうち、食事摂取基準と異なる機能で摂取される「オリゴ糖」などを機能性表示食品制度の対象に加えるように要望した。対象とする条件に、安全性が確認できていることや定性・定量ができることを挙げた。

 関与成分が不明な食品を制度の対象とする場合には、(1)機能性のエビデンスがある、(2)安全性の確認ができている、(3)作用機序が解明されている、(4)原材料の成分組成が確認できている――の4要件を満たすことを提案した。品質管理の方法については、「原料」と「最終商品」のそれぞれで指標成分の分析が必要とした。

 そうした案に対し、田口義明委員は「関与成分が特定できないが、機能性のエビデンスがあって、かつ作用機序が解明されているということが、一般消費者に受け入れられるのだろうか。難しいのではないか。不安感をぬぐえないと思う」と指摘。さらに、合田幸広委員が「関与成分が不明な食品というのは、非常に専門性の高い領域であり、それに対して届出制でよいのか。プロが見て扱う領域と思う」と述べるなど、各委員の支持を得ることはできなかった。

 

<健康食品産業協議会、時間オーバーでお粗末な幕切れ>

 健康食品産業協議会は関口洋一会長をはじめ、3人の学識経験者などが意見を陳述した。予定の時間を大幅にオーバーして時間切れとなり、ほとんど議論ができないというお粗末な結果となった。

 3人の学識経験者のうち、大阪樟蔭女子大学の津川尚子氏は、食品安全委員会が発表した「いわゆる『健康食品』に関する報告書とメッセージ」に対する批判を展開。同メッセージで過剰摂取の危険性が指摘されたビタミンDについて、その有効性と安全性を訴えた。また、武蔵野大学の阿部皓一氏はビタミンEの有効性と安全性について解説した。

(つづく)

【木村 祐作】

おススメ記事

消費者庁、ジャパンライフに4度目の行政処分

<4度にわたる違反、「前例がない」>  家庭用永久磁石磁気治療器の連鎖販売取引と預託等取引契約を行うジャパンライフ(株)(本社:東京都千代田区、山口ひろみ社長)に対し、消費者庁は15日、異例となる4度目の行政処分を行った […]

2017年12月15日

【2018/1/27】秋田県、スポーツ選手の栄養をテーマに講演会

 秋田県教育委員会は来年1月27日、運動部活動サポート事業「食で創るスポーツ選手の育成講演会」を湯沢文化会館(秋田県湯沢市)で開催する。  香川栄養学園女子栄養大学の上西一弘教授による講演「スポーツ選手への栄養サポート~ […]

瀧川オブラートが製品回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは14日、瀧川オブラート(株)(愛知県新城市)による製品の自主回収情報を掲載した。  自主回収の対象商品は、オブラートに可食インクでデザインを施し、食品にイラストをプリン […]

雪印メグミルク、ビタミンC補給の果汁飲料発売

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長、TEL:0120-301-369)は26日、果汁飲料『Dole Winter Yellow』(450ml)を新発売する。  グレープフルーツ・オレンジ・レモンを使 […]

大分県、「健康寿命日本一おうえん企業」にオハヨー乳業

 大分県は14日、県が推進している「健康寿命日本一おうえん企業」に、新たにオハヨー乳業(株)(本社:岡山市中区、野津基弘社長)が加わったと発表した。同おうえん企業は66件となった。  同おうえん企業とは、「大分県民の健康 […]