健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品「届出情報」を分析(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月01日

機能性表示食品「届出情報」を分析(前)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

 6月24日現在、届出が受理された機能性表示食品は43商品を数える。届出情報の安全性評価や機能性評価、表示内容の傾向と、各社の取り組みなどを報告する。また、今後の課題となりそうなポイントを整理する。

<安全性評価の取り組みに違い>

 表1では、各届出商品の安全性評価の実施状況を取りまとめた。「食経験の評価」「安全性に関する評価」の各ステップのどこまでを実施したのかがわかる。「○」は十分と判断したもの、「○(+α)」は既に十分と判断したが、さらに評価したもの。「△」は不十分であると判断したもの、「×」は情報がなかったものである。網掛け部分は実施しなかったステップとなる。

 どこまで実施するかは企業の判断であり、その結果のすべてを届出企業が自ら負うことになる。たとえば、A26とA38はどちらもイワシペプチド(サーデンペプチド)を機能性関与成分としているが、A26は販売実績に基づく喫食実績によって安全性を評価し、一方、A38は販売実績だけでなく、既存情報(2次情報)まで収集したうえで安全性を評価している。
 同様に、L-テアニンを機能性関与成分とするA28とA41でも、販売実績に基づく喫食実績で評価しているA28に対し、A41は既存情報による安全性試験の評価を行っている。このように企業間で取り組み方に違いが出るのも、機能性表示食品制度の特徴の一つである。

hyou1 hyou4

<機能性の評価、制度の特徴を反映>

 機能性については、最終製品を用いた臨床試験による評価が7商品、研究レビューによる評価が35商品、最終製品を用いた臨床試験と研究レビューの組み合わせによるものが1商品となっている(ダブル機能)。  また、研究レビューによる評価のうち、1つの機能性関与成分で3つの研究レビューを行ったもの(トリプル機能)が1商品、1つの機能性関与成分で2つの研究レビューを行ったもの(ダブル機能)が3商品と、ここにも機能性表示食品制度の特徴が表れている。

 表3は、最終製品を用いた臨床試験の内容の一覧。論文掲載雑誌と発行年を示している。古いものでは2009年の論文、新しいものでは15年の論文となり、企業によって論文の掲載年に幅がある。ガイドラインには「何年以内」という線引きがないため、いずれも問題とならないが、あまり古いものは指摘が入る可能性もある。

 表4では、研究レビューの内容をまとめた。採用論文数、除外論文数、参考にした論文数を示しているが、数が多ければ良く、少ないと悪いというわけではない。検索条件やキーワードが適切か、除外基準が明確で恣意的でないかなどの内容が重要となる。ただし、最終的に採用した論文が1報だけの場合は、指摘が入りやすいと言える。

hyou3 hyou04

     
※クリックで拡大

(つづく)

おススメ記事

農水省、「スマイルケア食」の紹介動画を公開

 農林水産省は20日、「スマイルケア食」の普及促進と消費者の理解を深める目的で、紹介動画を公開した。  公開場所は同省公式YouTubeアカウント「maffchannel」。動画は(公財)食品流通構造改善促進機構からもダ […]

フルッタフルッタ、『アサイービューティ』をリニューアル

 (株)フルッタフルッタ(本社:東京都千代田区、長澤誠社長、TEL:0120-265-726)は3月6日、アサイー飲料『アサイービューティ』をリニューアル発売する。女性に人気のフルーティーな甘酸っぱさはそのままに、ライチ […]

2018年02月21日

京都地裁、旧「茶のしずく石鹸」集団訴訟で初の判決

 2012年に『茶のしずく石鹸』の旧製品をめぐって起きた被害者による集団訴訟で、京都地裁は製造元の(株)フェニックス(奈良県御所市)に対し、損害賠償約920万円の支払いを命じた。同訴訟で判決が出たのは全国で初めて。  原 […]

2018年02月21日

らでぃっしゅぼーや、機能性表示食品の野菜飲料を発売

 らでぃっしゅぼーや(株)(本社:東京都新宿区、国枝俊成社長)はこのほど、機能性表示食品の野菜飲料『みなんの健康を考えた野菜たち』を発売した。  難消化性デキストリンを配合。食事の脂肪の吸収を抑える機能や、お腹の調子を整 […]

東京都、健康食品による健康被害事例を報告

<6件の被害事例>  東京都食品安全評価委員会は20日、東京都食品安全情報評価委員会を都内で開催した。「健康食品による健康被害事例専門委員会」から、昨年5月31日~11月30日までに都の医師会と薬剤師会を通して収集された […]