健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品、施行後の半年を総括(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月30日

機能性表示食品、施行後の半年を総括(後)

<制度見直し、規制緩和よりも信頼性の向上>
 消費者団体から提出された疑義情報には、放置できない重要な指摘も含まれている。その1つが、研究論文の査読に関する問題。消費者庁によると、雑誌の編集委員自らが査読する内部査読も「だめとは言えない」。だが、透明性を確保するためには、少なくとも外部から見て適正に査読していると判断できることが求められる。査読に関する問題は、機能性の信頼性を担保するうえで鍵を握る。このため、制度の見直しで焦点の1つに浮上する可能性もある。

 機能性表示のあり方については、臨床試験の被験者と、商品が対象とする消費者層をできるだけ一致させることが重要と指摘される。例えば、若者を対象とした試験のみで、なぜ高齢者にも有効と言えるのか。届出企業には、だれもが納得できる説明が求められる。十分に説明できない場合は、表示内容を修正するのが本来の姿だ。科学的根拠に基づく合理的な説明こそが、この制度の拠り所となる。

 食経験による安全性評価も問題視された。1~2年程度の販売実績で、なぜ「食経験あり」と主張できるのだろうか。消費者庁の検討会では、何年以上ならば「食経験あり」という線引きは困難という結論に至った。それを逆手に取って、極端に短い食経験を安全性の根拠とした届出が実際に行われるとは、その当時、予想できなかったと思われる。(一社)日本健康食品規格協会の池田秀子理事長は、「次の制度見直しの議論では、恐らく避けられないテーマの1つになる」とにらんでいる。

 同様のことは、システマティック・レビュー(SR)についても言える。採択論文が1報しかない場合、それだけで「問題あり」とはならない。だが、少ない被験者数の論文1報だけで、「機能性を証明した」と説明されても首を傾げたくなるだろう。食経験もSRも簡単にルールを決められない問題であり、行政が線引きすることは困難とみられる。むしろ業界団体などが、企業に対して指導・教育を行うことが現実的と言える。

 届出情報のなかで、もっとも重要とされているのが「一般消費者向け情報」。「企業と消費者の橋渡しとなるツール」(消費者庁)と位置づけられている。ところが、大半の届出情報は、消費者が読んで理解できるような内容ではない。記者が複数の主婦に、いくつかの一般消費者向け情報を読んでもらったところ、「専門用語が多くて理解できなかった」「商品選択に役立たない」という辛らつな意見が返ってきた。業界団体だけでなく、個々の届出企業までもが、消費者を軽視していると言わざるを得ない状況にある。この点も改善しなければならない喫緊の課題となっている。

 制度を見直す際には、前述のような各課題を優先させることが重要と考えられる。今求められているのは、さらなる規制緩和ではなく、制度の信頼性を高める施策の検討だ。また、機能性表示食品制度は企業の自己責任に基づくもので、言わば”大人の制度”。関係業界の成熟度が試されている。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2018年02月23日

リパミン広報センター、PSの最新動向を紹介

 リパミン広報センター(DKSHジャパン、ビーエイチエヌ、ヘルシーナビ)は22日、健康食品素材「ホスファチジルセリン(PS)」に関するセミナーを都内で開催した。60人を超える関係者が参加した。  Increnovo社(米 […]

2018年02月23日

中日本カプセル、通販ルート好調で前年比6%増

 中日本カプセル(株)(本社:岐阜県大垣市、山中利恭社長)の2017年10月期の売上高は前年比6%増となった。テレビ通販とネット通販向けの伸びが顕著で、インバウンド向けも「専売品として継続している製品は好調」としている。 […]

消費者庁、規格基準型トクホ1件を許可

 消費者庁は22日、規格基準型特定保健用食品(トクホ)として申請された1件について許可したと発表した。  許可されたのは、イオントップバリュ(株)の茶系飲料『国産茶葉使用食物繊維入り烏龍茶』。難消化性デキストリンを配合し […]

国セン、フリマの消費者相談が急増

<酒を購入する未成年者、運営事業者は放置>  (独)国民生活センターは22日、インターネット上で商品の売買を個人間でできる「フリマアプリ」「フリマサイト」といったフリーマーケットサービスに関する消費者相談が、年間3,00 […]

動脈硬化の原因となるリポタンパク質を発見

 秋田県立大学は21日、生物資源科学部の小西智一准教授らの研究グループが、動脈硬化の原因となり得るリポタンパク質「LAC」を発見したと発表した。研究成果は20日、国際学術誌『PLOS ONE』に掲載された。  研究グルー […]