健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品――この人に聞く(6)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年11月04日

機能性表示食品――この人に聞く(6)

健康食品産業協議会 事務局長 小田嶋 文彦 氏

 

odajima.jpg<「疑義が生じない説明方法を研究する必要性」>
 ――機能性表示食品制度のスタート後の印象は?

 小田嶋 基本的に企業側から見ると、顧客に正しい情報を伝えられるポテンシャルを持った良い制度だ。届出受理のスピードをより早めるために、消費者庁にも一段の努力を望むとともに、届出企業もいっそう勉強しなければならない。今後、業界を挙げて盛り上げて、制度が市場に浸透するようにしていきたい。また一般論として、特定保健用食品(トクホ)は情報開示や表現の自由など、機能性表示食品と比べて弱い部分がある。ブラッシュアップする必要性がある。

 ――消費者団体から届出情報に対する疑義が提出されているが?

 小田嶋 疑義については、業界全体として真摯に受け止めている。また、指摘された企業では、説明が不足しているのではないか。消費者に納得されるような表現が望まれており、疑義が生じない説明方法を研究する必要性がある。

 ――全国消費者団体連絡会の意見書で、「機能性について科学的根拠(エビデンス)の弱い製品、安全性に疑義を抱かれるような製品の届出は止めてください」との要望があるが?

 小田嶋 エビデンスの基準として、消費者庁のガイドラインしか存在しないなかで、その要件に形式上適合しているのならば、通さざるを得ないと思う。疑義については、消費者庁が「確かに問題だ」と判断すれば動くはずなので、そうでない以上、業界として何か言うことはできない。届出情報の内容を問題視するのなら、まず基準に関する議論を行い、関係者のコンセンサスを得ることが先決と思う。

 ――そのほか、「科学的な情報を正しくかつわかりやすく消費者に情報提供してください」や「消費者を誤認させないよう、正しい表示と適正な広告宣伝を行ってください」という要望に対する回答は?

 小田嶋 企業のノウハウを集めた「企業届出ガイドブック」作成を検討中だ。また、表示・広告に関する協議会の専門部会D分科会で審議している。

【聞き手・文:越中 矢住子】

 

おススメ記事

日本の伝統的食事ではなく、「欧米型」などで死亡リスク低下

<コーヒーや乳製品などの効果もリスク低下の要因>  (国研)国立がん研究センターの研究グループがこのほど公表した調査結果から、日本の伝統的な食事と、ガン・循環器疾患などによる死亡リスクに関連性がないことがわかった。一方、 […]

2017年05月26日

【6/24】公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」

 消費者委員会は6月24日、公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」を岩手県自治会館(岩手県盛岡市)で開催する。  基調講演は、消費者委員会委員長の河上正二氏による「消費者委員会の活動と食品表示のあり方」。 […]

QOLサポート研究会、「心の測定」をテーマに講演

 NPO法人QOLサポート研究会(松本高明理事長)は25日、「心と脳を科学する」をテーマに、第12回講演会をミューザ川崎(神奈川県川崎市)で開催した。理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター細胞機能評価研究チーム […]

2017年05月26日

アマニフォーラム実行委員会、セミナーを都内で開催

 アマニフォーラム実行委員会は25日、「第1回アマニフォーラム セミナー」を都内で開催した。スペシャルゲストとして招かれた「モンサンクレール(東京・自由が丘)」のオーナーパティシエである辻口博啓氏は、アマニを使ったスイー […]

2017年05月26日

第4回クリルオイル研究会、森下竜一氏が講演

 クリルオイル研究会(矢澤一良会長)は25日、東京ビックサイト(東京都江東区)で第4回クリルオイル研究会を開催した。関係者70人が参加した。  大阪大学大学院教授の森下竜一氏は、23日に規制改革推進会議が安倍首相に提出し […]