健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 機能性表示食品――この人に聞く(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月29日

機能性表示食品――この人に聞く(5)

薬業健康食品研究会 事務局長 代表実行委員 吉岡 一彦 氏

 

yosioka.jpg ――機能性表示食品制度のスタート後の印象は?

 吉岡 エビデンスを根拠として、企業の自己責任のもとで機能性をうたえることは評価できる。制度の導入により、サプリメントに関する1つの障壁が消えた。届出にあたり、安全性や機能性の担保、品質管理、GMP準拠の下での製造といった条件について、製薬会社は常に取り組み、十分に理解している。その点で、機能性表示食品制度に取り組みやすいといえる。また、今後は薬局が流通の舞台としてクローズアップされるだろう。製薬会社の販路に機能性表示食品が流出する状況が予測され、看過してはいられない。

 ――制度導入による市場への影響は?

 吉岡 今は助走期間で、また過渡期であり、今後に期待している。機能性表示食品の販路としては、薬局が活用されるだろう。薬剤師には生活習慣病などの知識もあり、日本OTC医薬品協会では健康寿命の延伸を目的に、セルフメディケーションとセルフケアを両輪として街のかかりつけ薬局で推進するという構想がある。その際、治療には薬を使用するが、予防には機能性表示食品などのサプリメントが多用されることになると思われる。

 ――消費者団体から届出情報に対する疑義が提出されているが?

 吉岡 制度に乗って信用される商品を製造し、流通するに連れて、消費者団体も説得できるのではないか。消費者庁のホームページに届出企業のエビデンスが公開されているが、それを理解していけば、もう少しコミュニケーションの内容も違ってくるのではないかと思う。(消費者団体の疑義・要望などに)対応する場合は、健康食品産業協議会などと協議しながら、統一見解によって討議しなければならない。

 ――今後の制度への要望または取り組み方針は?

 吉岡 現状では、ビタミンDなど食事摂取基準が定められた栄養素は制度の対象外となっている。自由に使えるようにしてほしい。また、病者用データの利用も認めてほしい。現時点では研究レビューに患者のデータは使えないが、企業は将来の健康政策を考え、データを幅広く持っておくと良いのではないかと思う。

【聞き手・文:越中 矢住子】

 

おススメ記事

日本アムウェイ、『トリプルX』をリニューアル

 日本アムウェイ(合同)(本社:東京都渋谷区、ピーター・ストライダム社長、TEL:0120-123-777)は23日、ニュートリライトブランドのサプリメント『トリプルX』をリニューアル発売した。  厳選した21種類の原料 […]

2017年08月23日

乳酸菌LJ88ラボ、ホームページを開設

 乳酸菌LJ88ラボ(東京都千代田区)はこのほど、人の胃液から発見された乳酸菌「LJ88(ラクトバチルス・ジョンソニィNo.1088)」について解説したホームページ(HP)を立ち上げた。  HPでは、LJ88に関する機能 […]

マルエツの「いーとぴあ」、栄養ケア・ステーションに認定

 (株)マルエツは22日、同社が運営する料理&カルチャー教室「いーとぴあ」(埼玉県蕨市)が、(公社)日本栄養士会が展開する「栄養ケア・ステーション」として認定されたと発表した。スーパーマーケット業界で初の認定となった。 […]

『ヤクルトの国産ケール青汁』を発売

 ヤクルトヘルスフーズ(株)(本社:大分県豊後高田市、筒井博之社長、TEL:0120-929-214)は9月25日、『ヤクルトの国産ケール青汁』(30袋)を発売する。  大分県国東半島とその周辺地域で栽培されたケールを使 […]

2017年08月23日

【9/24】「アドバイザリースタッフ」をテーマにセミナー

 アドバイザリースタッフ研究会は(一財)医療経済研究・社会保険福祉協会(社福協)と共催で9月24日、「アドバイザリースタッフは一般の方に何を提供できるのか~健康食品相談から見えてくる課題~」をテーマとするセミナーを日比谷 […]