健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 植村弁護士、機能性表示食品「受理されたが景表法違反もあり得る」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月13日

植村弁護士、機能性表示食品「受理されたが景表法違反もあり得る」

<研究レビューのグラフ使用で注意促す>
 (公財)日本健康・栄養食品協会や(公社)日本広告審査機構などの主催による「健康食品に関する景品表示法セミナー」が13日、都内で開かれ、機能性表示食品と景品表示法の関係などをテーマとした講演が行われた。

keihyouhou.jpg 大江橋法律事務所の植村幸也弁護士は、健康食品の広告・表示と景表法の関係を解説した。機能性表示食品で問題となる広告・表示について、基本的には特定保健用食品(トクホ)と同じ考え方と説明。具体的には、(1)医薬的な効能効果、身体の組織機能の増強・増進を目的とするもの、(2)届出を超える、(3)届け出た機能性表示を強調、(4)機能性関与成分以外の関与成分を強調、(5)届出に従った広告・表示だが、科学的根拠を欠くもの――などを挙げた。
 トクホと違って機能性表示食品は形式審査にとどまるため、「(消費者庁に)受理されたが、景表法に違反することも法律上、十分にあり得る」と話した。

 植村弁護士は、機能性表示食品の機能性に関する科学的根拠と景表法の合理的根拠のレベルにも言及。「機能性表示食品はガイドラインでかなり厳格に決められているので、理論的には(景表法の合理的根拠と)同じレベルであるべきだが、実際には高いレベルの根拠が要求されているという印象がある」との見解を示した。

 機能性表示食品の広告でビフォア・アフターや体験談を用いることについては、「機能性表示食品だからダメということはない。当然、優良誤認にならないように、特異な例のみを取り出してはダメと思う」と述べた。

 また、臨床データを広告に使用する際にグラフの使用も可能だが、トクホで求められるルールと同じようなことが、機能性表示食品でも言えると指摘。一方、研究レビューで採択した論文が複数ある場合では、「とくに効果が高かったもの(論文)ばかりを強調してグラフなどを利用すると、不当表示とされる可能性がある」と注意を促した。

 

おススメ記事

2018年02月23日

自然食品店探訪~サンピュア~

<顧客が毎日通う店に>  自然食品店として創業40年の歴史を持つ「サンピュア」(東京都江戸川区、経営元:(株)サンピュア、坂本卓男代表)。この10年間、自然食品の店舗を取り巻く環境は厳しく、近隣のライバル店が消えていった […]

2018年02月23日

【3/3】健康食品に関するリスクコミュニケーション

 消費者庁は3月3日、(一社)日本食品安全協会、徳島県庁と連携して、健康食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品との賢い付き合い方~健康食品と健康食品管理士の役割~」を徳島大学長井記念ホール(徳島市庄町)で開催する […]

2018年02月23日

リパミン広報センター、PSの最新動向を紹介

 リパミン広報センター(DKSHジャパン、ビーエイチエヌ、ヘルシーナビ)は22日、健康食品素材「ホスファチジルセリン(PS)」に関するセミナーを都内で開催した。60人を超える関係者が参加した。  Increnovo社(米 […]

2018年02月23日

中日本カプセル、通販ルート好調で前年比6%増

 中日本カプセル(株)(本社:岐阜県大垣市、山中利恭社長)の2017年10月期の売上高は前年比6%増となった。テレビ通販とネット通販向けの伸びが顕著で、インバウンド向けも「専売品として継続している製品は好調」としている。 […]

消費者庁、規格基準型トクホ1件を許可

 消費者庁は22日、規格基準型特定保健用食品(トクホ)として申請された1件について許可したと発表した。  許可されたのは、イオントップバリュ(株)の茶系飲料『国産茶葉使用食物繊維入り烏龍茶』。難消化性デキストリンを配合し […]