健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 植村弁護士、機能性表示食品「受理されたが景表法違反もあり得る」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月13日

植村弁護士、機能性表示食品「受理されたが景表法違反もあり得る」

<研究レビューのグラフ使用で注意促す>
 (公財)日本健康・栄養食品協会や(公社)日本広告審査機構などの主催による「健康食品に関する景品表示法セミナー」が13日、都内で開かれ、機能性表示食品と景品表示法の関係などをテーマとした講演が行われた。

keihyouhou.jpg 大江橋法律事務所の植村幸也弁護士は、健康食品の広告・表示と景表法の関係を解説した。機能性表示食品で問題となる広告・表示について、基本的には特定保健用食品(トクホ)と同じ考え方と説明。具体的には、(1)医薬的な効能効果、身体の組織機能の増強・増進を目的とするもの、(2)届出を超える、(3)届け出た機能性表示を強調、(4)機能性関与成分以外の関与成分を強調、(5)届出に従った広告・表示だが、科学的根拠を欠くもの――などを挙げた。
 トクホと違って機能性表示食品は形式審査にとどまるため、「(消費者庁に)受理されたが、景表法に違反することも法律上、十分にあり得る」と話した。

 植村弁護士は、機能性表示食品の機能性に関する科学的根拠と景表法の合理的根拠のレベルにも言及。「機能性表示食品はガイドラインでかなり厳格に決められているので、理論的には(景表法の合理的根拠と)同じレベルであるべきだが、実際には高いレベルの根拠が要求されているという印象がある」との見解を示した。

 機能性表示食品の広告でビフォア・アフターや体験談を用いることについては、「機能性表示食品だからダメということはない。当然、優良誤認にならないように、特異な例のみを取り出してはダメと思う」と述べた。

 また、臨床データを広告に使用する際にグラフの使用も可能だが、トクホで求められるルールと同じようなことが、機能性表示食品でも言えると指摘。一方、研究レビューで採択した論文が複数ある場合では、「とくに効果が高かったもの(論文)ばかりを強調してグラフなどを利用すると、不当表示とされる可能性がある」と注意を促した。

 

おススメ記事

2017年11月22日

【12/13】リスコミ「健康食品に関する最近の話題」

 消費者庁は12月13日、食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品に関する最近の話題~健康食品との付き合い方を考える~」を日本教育会館(東京都千代田区)で開催する。定員250人、参加費は無料。  基調講演「健康食品 […]

2017年11月22日

【11/28】データ・マックス通販塾を開催

 (株)データ・マックスは28日、通信販売事業をテーマにしたセミナー「データ・マックス通販塾」を開催する。  今回は「通販事業における業務効率化」と題し、(株)ジンテック ソリューション営業本部 マネージャーの和田卓也氏 […]

2017年11月22日

規制改革「専門チーム会合」、生鮮の機能性表示食品を議論

 政府の規制改革推進会議「専門チーム会合」は22日、第1回会合を開き、機能性表示食品制度の生鮮食品の届出をめぐる課題について議論した。専門チーム会合委員、消費者庁と農林水産省の担当官、(株)サラダコスモの関係者などが意見 […]

キユーピー、アルコール除菌スプレー詰め替え用を発売

 キユーピー(株)(本社:東京都渋谷区、長南収社長)は12月1日、卵由来成分を配合したアルコール除菌スプレーの『K Blanche(ケイブランシュ)つめかえ用』(180ml)を自社ネット通販「キユーピーアヲハタネットショ […]

ファンデリー、低糖質パスタメニューを宅配サービスで

 (株)ファンデリー(本社:東京都北区、阿部公祐社長)は12月1日、はごろもフーズ(株)(本社:静岡市清水区、池田憲一社長)の「ポポロスパ1CarbOFF」を使用したパスタメニュー3種類を健康食宅配サービス「ミールタイム […]