健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 森下仁丹、機能性表示食品の届出を撤回
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月15日

森下仁丹、機能性表示食品の届出を撤回

 森下仁丹(株)は12日、機能性表示食品として消費者庁に受理されたサプリメント『ビルベリー』について、届出書類の「1日摂取目安量あたりの機能性関与成分の含有量」の記載にミスがあったことから、撤回届出書を消費者庁に提出したと発表した。受理される前に届出企業が自ら取り下げるケースはこれまでにもあったが、受理後の取り下げは初めてのケースとなる。

 同社では、「論文の解釈の仕方が間違っていたため、1日摂取目安量あたりの関与成分の含有量が違っていた」と説明。届出情報には、ビルベリー由来アントシアニンの含有量を30mgと記載していたが、43.2mgの間違いだった。修正して新規に消費者庁へ届け出る予定としている。

 『ビルベリー』はビルベリー由来のアントシアニンを関与成分とし、「目のピント調節機能をサポートし、焦点を合わせやすくすることで、目の調子を整える機能があることが報告されています」と表示する予定だった。届出情報を見ると、機能性については関与成分のシステマティック・レビューにより、パソコンなどに従事している健常な成人を対象とする論文を検索。最終的に2文献を評価していた。

*記事へのご意見はこちら

おススメ記事

公取、カネスエ商事とワイストアに不当廉売で警告

 キャベツなどの価格を不当に引き下げて販売したとして、公正取引委員会は21日、食品スーパーを経営する(株)カネスエ商事(愛知県日進市、牛田喜博代表)と(株)ワイストア(愛知県津島市、伊藤彰浩代表)に対し、不当廉売を行わな […]

2017年09月22日

日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門、2社5商品が金賞

 (一社)日本雑穀協会(東京都中央区)は21日、日本雑穀アワードデイリー&テイクアウト食品部門<2017・秋>の金賞受賞企業と商品を発表した。金賞を受賞したのは2社5商品。同協会は28日午後2時から、製粉会館(東京都中央 […]

糖尿病が強く疑わる人、過去最多の1,000万人に

<高齢女性の「低栄養」も増加傾向>  「糖尿病が強く疑われる者」が全国で過去最多の約1,000万人に上ることが21日、厚生労働省の調査結果からわかった。  2016年国民健康・栄養調査の結果によると、「糖尿病が強く疑われ […]

2017年09月22日

機能性表示食品で新たに届出2件を公表

 消費者庁は21日、機能性表示食品で新たに2件の届出を公表した。公表されている届出件数は合計1,097件となった。  (株)ビオメディクスのサプリメント『ビフィミン』は、ビフィズス菌BB536を含有し、「腸内環境を良好に […]

2017年09月21日

雪印メグミルク、機能性表示食品の飲むヨーグルトをリニューアル

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長、TEL:0120-301-369)は26日、機能性表示食品『恵 megumi ガゼリ菌SP株ヨーグルト ドリンクタイプ』(100g)をリニューアル発売する。ミルク […]