健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 板東長官、機能性表示食品の申し入れで見解
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月27日

板東長官、機能性表示食品の申し入れで見解

 消費者庁の板東久美子長官はきょう(27日)開かれた記者会見で、機能性表示食品制度に関する申し入れで全国消費者団体連絡会が、公的機関による安全性・機能性評価を届出情報に加えるよう要望したことに対し、「課題もある」として慎重な姿勢を示した。

 全国消団連は申し入れで、公的機関が安全性・機能性について評価済み、または評価中の商品・関与成分に関する情報を新制度の届出情報に盛り込むよう求めた。しかし、特定保健用食品(トクホ)などの他社商品の審査状況を把握できないケースが多いのが現状。このため、板東長官は「消費者庁でも結果が出ているものについてはきちんと(把握)しなければならないが、届出情報としてどうするかは課題もある」と述べるにとどめた。

 また、食品安全委員会や消費者委員会で安全性が明確に否定された場合、「根拠として受理すべきでない」との考えを明確にした。一般論として、「トクホとして認められないという判断ならば、安全性の科学的根拠を否定する情報になると思う。信頼される機関で科学的根拠が明確に否定された場合は、届出受理の可否の問題に関わる」と説明した。

 全国消団連が要望した食経験の基準の明確化については、「一律に基準を示すことは難しい」との見解を示した。

【木村 祐作】

 

 

おススメ記事

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(後)

<安全性の問題は過去の話> 【解説】  遺伝子組み換え表示制度は2001年4月に施行された。食品表示を所管していた農林水産省は1997年に、制度導入に向けて検討会を発足。当時、検討会を傍聴して感じたのは、会合を何度重ねて […]

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(前)

<来年3月めどに結論>  遺伝子組み換え食品の表示制度を見直すため、消費者庁はきょう(26日)、「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」の初会合を開き、検討作業に着手した。来年3月をめどに結論を取りまとめる。  検討会は学 […]

ディーフット、季節限定のスキンケアスプレー発売

 (株)ディーフィット(東京都新宿区、立川真由美代表)は26日、季節限定のスキンケア商品『アウトドアでも優しくお肌を守ってくれるスキンスプレー』を発売する。  ラベンダー油やユーカリ油などの天然製油を配合。蚊や虫が多く出 […]

たかくら新産業、オーガニック素材使用の犬用歯磨き粉を発売

 (株)たかくら新産業(本社:東京都港区、高倉健社長)は25日、オーガニック素材を用いた犬用の歯磨き粉『オーガニック ホワイトニング トゥースペースト ピーチ味』を発売した。  同品はアロエベラの液汁をベースに、オリーブ […]

2017年04月26日

キューサイ、機能性表示食品『ハツラツQ10』を発売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は5月1日、機能性表示食品のサプリメント『ハツラツQ10』(460mg×30粒)を発売する。  関与成分は還元型コエンザイムQ10。「 […]