健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 板東長官、『蹴脂粒』問題で改めて検討方針示す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月21日

板東長官、『蹴脂粒』問題で改めて検討方針示す

 消費者庁の板東久美子長官は21日の記者会見で、機能性表示食品として受理された(株)リコムのサプリメント『蹴脂粒』の安全性をめぐる問題について、改めて慎重に精査したうえで最終判断する方針を強調した。

 特定保健用食品(トクホ)として申請された清涼飲料水『蹴脂茶』については、食品安全委員会の検討が終了し、今後は消費者委員会の新開発食品調査部会で安全性と機能性を再度評価する予定。板東長官は「トクホの審議は途中である」とし、「トクホの審査状況や食品安全委員会の評価書を精査して、最終的に消費者庁で必要なプロセスによって決定する」と説明した。

 また、機能性表示食品制度が機能することで、「(科学的根拠の乏しい健康食品が)淘汰されていくことを期待している。消費者にとっても、いろいろな情報が科学的根拠に基づいて正確に伝えられるメリットは大きい」と述べた。

おススメ記事

福岡県、健康食品買上検査 3製品が法違反

 福岡県は25日、健康食品の買上検査を実施したところ、3製品から医薬品成分が検出されたと発表した。  県は昨年11月、インターネット上で販売されていた健康食品15製品を買い上げて、検査を実施。対象製品は痩身系7製品、強壮 […]

2018年04月26日

消費者庁、機能性表示食品の届出2件公表

 消費者庁は25日、機能性表示食品の届出2件を公表した。公表されている届出件数は合計1,348件となった。  ありだ農業協同組合の生鮮食品『有田みかん』はβ-クリプトキサンチンを含有し、「骨代謝の働きを助けることにより、 […]

「全国発酵食品サミット in NAGANO」委託者を募集

 長野県食品製造業振興ビジョン推進協議会は24日、今年11月16~18日まで開催する「全国発酵食品サミット in NAGANO」の業務委託者を公募型プロポーザル方式によって募集すると発表した。5月14日に事前説明会を開く […]

北都製薬、外用炎症鎮痛剤を自主回収

 (独)医薬品医療機器総合機構は24日、北都製薬(株)(北海道札幌市)による外用炎症鎮痛剤『ネオ・パスタノーゲン』の自主回収情報を公表した。  同社のホームページによると、承認書に基づく製品試験の一部を行わずに出荷したこ […]

日清ヨーク、アルギニン配合の『ピルクルGOLD』登場

 日清ヨーク(株)(本社:東京都中央区、前田健二社長)は5月8日、乳酸菌飲料『ピルクルGOLD』(450g)を新発売する。  乳酸菌「カゼイ菌」を使用し、ローヤルゼリー・マルチビタミン・アルギニンを配合。金色のパッケージ […]