健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 東洋新薬、機能性表示食品でフーコムの回答書に見解
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月14日

東洋新薬、機能性表示食品でフーコムの回答書に見解

 消費者団体のFood Communication Compass(フーコム)が機能性表示食品の疑義を消費者庁に申し入れたことで、(株)東洋新薬はこのほど、自社のホームページ上でフーコムの回答書について、「それらの内容が一般公開される場合には、事実の誤認や不正確な内容が含まれていたとすると、一般消費者に対しては予期せぬ誤解や混乱を招く」といった見解を示した。

 フーコムは6月19日、消費者庁に13商品の届出情報について疑義を申し入れた。その1つとして、同社の『メディスキン』のシステマティック・レビュー(SR)を取り上げた。機能性関与成分と由来の異なる成分の論文が採択されたことから、「各作物のグルコシルセラミドが同一であることの根拠が示されなければならない。しかし、届出書類ではなにも言及されていない」と批判。これに対し、東洋新薬はホームページ上で「明らかに事実と異なり、このご指摘が一般に公開されることにより、当社が届出書において研究レビューに係わる成分と最終製品の成分の関係について言及していないとの誤解を与える」と抗議した。

 また、消費者庁のガイドラインでは、「当該研究レビューに係る成分と最終製品の成分の同等性について考察されていることが前提」と規定されている。この点について、フーコムが「同一」という言葉を用いているが、東洋新薬は「ガイドラインで求められているのは『同等性』であって『同一』ではありません」と指摘した。

 一方、フーコムが回答書で示した「スフィンゴ塩基の組成が非常に近しいということだけであり、コメ、コンニャク、トウモロコシに含まれるグルコシルセラミドの組成が『同一』であることの根拠を示している訳ではない」などの点については、東洋新薬も「当社の言及では不十分」などとし、補足情報を消費者庁へ提出したと説明している。

*記事へのご意見はこちら

おススメ記事

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(後)

<安全性の問題は過去の話> 【解説】  遺伝子組み換え表示制度は2001年4月に施行された。食品表示を所管していた農林水産省は1997年に、制度導入に向けて検討会を発足。当時、検討会を傍聴して感じたのは、会合を何度重ねて […]

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(前)

<来年3月めどに結論>  遺伝子組み換え食品の表示制度を見直すため、消費者庁はきょう(26日)、「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」の初会合を開き、検討作業に着手した。来年3月をめどに結論を取りまとめる。  検討会は学 […]

ディーフット、季節限定のスキンケアスプレー発売

 (株)ディーフィット(東京都新宿区、立川真由美代表)は26日、季節限定のスキンケア商品『アウトドアでも優しくお肌を守ってくれるスキンスプレー』を発売する。  ラベンダー油やユーカリ油などの天然製油を配合。蚊や虫が多く出 […]

たかくら新産業、オーガニック素材使用の犬用歯磨き粉を発売

 (株)たかくら新産業(本社:東京都港区、高倉健社長)は25日、オーガニック素材を用いた犬用の歯磨き粉『オーガニック ホワイトニング トゥースペースト ピーチ味』を発売した。  同品はアロエベラの液汁をベースに、オリーブ […]

2017年04月26日

キューサイ、機能性表示食品『ハツラツQ10』を発売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は5月1日、機能性表示食品のサプリメント『ハツラツQ10』(460mg×30粒)を発売する。  関与成分は還元型コエンザイムQ10。「 […]