健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 日本食品分析センター、新制度関連業務が増加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月15日

日本食品分析センター、新制度関連業務が増加

 (一財)日本食品分析センター(本部:東京都渋谷区、佐藤秀隆理事長)では、機能性表示食品制度に関連した食品分析の依頼が増加している。

 とくに増加しているのが、新制度に対応する製品の定量分析など。規格化された通りに成分が配合されているのかを測定する業務が増えてきており、機能性成分の定量分析などに対するニーズが強いという。
 「ガイドラインが発表される以前の昨年の段階から、大手企業を中心に問い合わせがあり、また準備段階に入る企業もあった。最近では最終商品を展開する大手企業のほか、原料サプライヤーやOEM企業からの問い合わせも増えてきている」と同センターの担当者は話す。
 同センターでは、分析項目によって分かれる担当部署をコントロールするチームを設けて、新制度の需要に対応している。「現段階では具体化していないが、将来的なシステマティック・レビュー(SR)への対応の可能性も検討している」(同)としている。

おススメ記事

肉・魚など「酸性食品」を多く食べる人ほど死亡リスク上昇

 野菜・果物などのアルカリ食品が少なく、肉・魚などの酸性食品を多く食べる人で死亡リスクが高くなることが、(国研)国立がん研究センターの研究班が29日に発表した調査結果からわかった。  調査は、全国11地域の約9万人の男女 […]

2017年05月30日

DSM、「オメガ3」セミナーを都内で開催

 DSMニュートリションジャパン(株)(本社:東京都港区、中原雄司社長)は29日、「オメガ3 サプリ先進国の技術と市場形成」と題したセミナーを都内で開催した。  米国サウスダコタ大学医学部教授で血中のオメガ3の解析キット […]

2017年05月30日

運動と乳製品で高齢女性の筋力増加

 (株)明治(本社:東京都中央区、川村和夫社長)は29日、信州大学大学院などとの共同研究により、5カ月間のインターバル速歩トレーニング中の乳製品の摂取が、高齢女性の下肢筋力向上を促進し、体内の炎症促進遺伝子の活性を抑制す […]

2017年05月30日

注目集める植物性スクラブ剤

<フランス産刻み花びら VS ドイツ産パルプ由来セルロース>  環境汚染が懸念されるマイクロビーズスクラブ剤の代替品として、フランス産やドイツ産の植物由来スクラブ剤が注目を集めている。2016年3月に日本化粧品工業連絡会 […]

2017年05月30日

大塚製薬、睡眠の質高める機能性表示食品のテスト販売開始

 大塚製薬(株)(本社:東京都千代田区、樋口達夫社長、TEL:0120-550-708)は29日、機能性表示食品のサプリメント『賢者の快眠 睡眠リズムサポート』のテスト販売を開始した。同社の通販「オオツカ・プラスワン」と […]