健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会の安全対策(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年04月11日

新制度検討会の安全対策(後)

<製品分析の「頻度」に関心寄せる業界関係者>
syohisyatyo (1)

 登録検査機関等で行なう検査の項目は、(1)関与成分量の分析、(2)安全性に関わる成分の量の分析。安全性に関わる成分とは、原材料に由来する混在物や、製造過程で生じる不純物などを指す。たとえば、魚由来の原材料ならば重金属などの混在が想定されるケースもあり、この場合には重金属の含有量も検査しなければならない。一方、安全性で懸念される成分が混入しないことが明確な場合は、関与成分量の分析だけで済む。健康食品業界内では、「どのくらいの頻度で分析しなければならないのか」という声が聞かれる。頻度によって経費負担が大幅に違ってくるため、企業関係者の関心は高いが、現時点では未定だ。

<GMP取得は義務化しないが、企業にはプレッシャー>
 消費者庁案の特徴の一つに、安全性に関する情報の開示を企業に求めたことがある。企業が文献検索によって収集・評価した安全性試験に関する情報や、相互作用の有無、登録検査機関等による製品分析の結果なども情報開示する方向にある。

 情報開示の方法は、主に2とおり。容器包装への表示と、その他の方法による開示だ。容器包装に表示する項目として、「関与成分名」「1日摂取目安量」「1日摂取目安量あたりの関与成分の含有量」「医薬品等との飲み合わせに関する注意喚起」「安全性については国による評価を受けたものではないこと」などが挙がっている。

 これらに加え、健康被害が発生した場合に消費者が企業に連絡できるように、「お客様相談室等の電話番号」なども容器包装に表示する方向性が示された。企業に健康被害情報が集まりやすくすることが狙いだ。企業は収集した情報を消費者庁へ報告することになる。

 さらに、情報開示が要求される事項に、製造・品質管理体制などが挙がった。衛生管理のために製造施設でどのような体制を整備しているか、規格どおりに製造されていることをどのように管理しているかなど、企業の取り組みを開示することになる。その際、HACCP、ISO、FSSC、GMPなどの取得状況も含めて開示する。製造・品質管理体制については、届出事項として開示する方向性が示されている。

 こうした消費者庁案に対し、一部の企業では「GMPの取得は義務化なのか、違うのか」との戸惑いもある。結論から言えば、GMP取得は義務化されず、従来どおり。しかし、取得状況を開示することから、取引上の優位性や消費者の信頼感などを考えると、特にサプリメント分野についてはGMP取得を後押しすることになりそうだ。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

新日本製薬、ヨクイニン含有医薬品をリニューアル

 新日本製薬(株)(本社:福岡市中央区、後藤孝洋社長)は8月1日、ヨクイニン配合医薬品『ヨクイニン錠SH』をリニューアル発売する。新たに『オルジェパール』の商品名で販売する。  同品は、ハトムギ由来のヨクイニンから抽出し […]

同文書院、『健康食品・サプリメント 医薬品との相互作用事典』を刊行

 (株)同文書院(本社:東京都文京区、宇野文博社長)はきょう(25日)、日本医師会・薬剤師会・歯科医師会が総監修する『健康食品・サプリメント 医薬品との相互作用事典 2017-2018』を刊行した。  同書は、約 1,2 […]

2017年07月25日

SPORTEC2017、東京ビッグビッグサイトで開幕

 我が国最大のスポーツ・健康産業総合展示会「SPORTEC2017」がきょう(25日)開催された。食と健康をつなぐ食品・飲料・素材専門展「ウェルネスフードジャパン(WFJ)」、介護・リハビリ展「RE-CARE JAPAN […]

福井県、地産地消のスポーツ弁当を募集

 福井県では、弁当の製造販売事業者を対象に、福井米と県産食材で作る弁当を通年で募集している。「福井の地産地消のスポーツ弁当」として県に認定されると、認証のロゴマークを添付できる。  認証基準として、(1)主食に福井県米を […]

カフェイン過剰摂取のページ追加~消費者庁

 消費者庁は24日、食品安全に関する総合情報サイトに「食品に含まれるカフェインの過剰摂取について」のページを追加した。  食品安全委員会、厚生労働省、農林水産省が公表したカフェインの過剰摂取に関する情報などを掲載している […]