健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会の安全対策(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年04月09日

新制度検討会の安全対策(前)

<「関与成分の明確化」で賛否>
syohisyatyo

 消費者庁案によると、新制度は関与成分が明らかにされている食品を対象とする。健康食品企業からは「単一成分しかだめか」という声が聞かれるが、単一成分に限定していない。たとえば、エキスなどの素材も対象となる。ただし、関与成分が特定できること、最終製品で規格化されていることが求められる。このためには、成分を定量できることも条件となる。

 つまり、安全性については(1)関与成分の特定が可能、(2)成分の定量が可能、(3)最終製品で規格化されていて、これに適合している、(4)安全性に関する科学的エビデンスがある――ことが求められると考えられる。

 「青汁」「ローヤルゼリー」「酵素」といったジャンルの商品にとって高いハードルとなるが、最終的には「青汁」などのジャンルごとではなく、個々の商品に使用されている成分が条件を満たしているかどうかが問われる。同じジャンルの素材であっても、A社の原料は対象となり、B社の原料は対象とならない、といったケースも予想される。

 この案に対し、企業関係者は反発している。「制度の間口を狭めることになる」(販売企業)との理由からだ。一方、一部の学識経験者や消費者団体では、「関与成分が不明だと、安全性も機能性も信用できない」という意見も。さらに、過剰摂取による健康被害を防ぐにしても、関与成分が不明、または定量が不可能な場合は困難になると指摘している。

 また、消費者庁案は対象とする条件として、「関与成分以外の成分については、一般の食品成分と同等の安全性を有していることが必要」としている。つまり、関与成分以外の成分が一般的に用いられるものならば、安全性評価を行なう必要はない。一方、関与成分以外であっても、通常の食品には含まれないような成分を配合した場合には、配合成分の安全性を評価しなければならない。

 たとえば、機能性を表示するために配合した成分Aのほか、コラーゲンとプラセンタを配合した商品があるとする。この場合、関与成分の成分Aだけでなく、コラーゲンとプラセンタについてもそれぞれ安全性評価が求められる。

(つづく)
【木村 祐作】

 

おススメ記事

2017年10月20日

ヤクルト本社、『リベシィ』がパッケージコンテストで受賞

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は20日、基礎化粧品シリーズ『リベシィ』が、日本包装技術協会主催の「2017日本パッケージングコンテスト」で化粧品包装部門賞を受賞したと発表した。  同シリーズは、加 […]

2017年10月20日

インフォームドチョイス、日本新薬が認証取得

 (有)バイオヘルスリサーチリミテッド(東京都文京区、池田秀子社長)は20日、日本新薬(株)(京都市南区)がサプリメントのアンチ・ドーピング認証である「インフォームドチョイス認証」を取得したと発表した。  認証された『W […]

2017年10月20日

協和、「葛の花」機能性表示食品の広告で謝罪

 (株)協和(本社:東京都新宿区、堀内泰司代表)は20日、機能性表示食品のサプリメントを摂取するだけで痩身効果が得られると誤認させるような表示を行っていたとして、全国紙に謝罪広告を掲載した。  同社は、葛の花由来イソフラ […]

東京都の物産展で「賞味期限切れ」の甘酒を販売

 東京都と全国地方新聞社連合会が共同で開催している「都庁展望室 日本全国物産展」で販売した『酒蔵仕込みのあま酒』(製造元:下関酒造(株))の一部に、賞味期限切れの商品が含まれていたことを受けて、都庁展望室日本全国物産展事 […]

豪州、健康食品から発がん性成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は19日、オーストラリアTGAが発がん性の恐れがある成分を含む健康食品について注意喚起を行ったと発表した。  健康食品『Jimpness Beauty Fat Loss capsule […]