健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会の安全対策(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年04月09日

新制度検討会の安全対策(前)

<「関与成分の明確化」で賛否>
syohisyatyo

 消費者庁案によると、新制度は関与成分が明らかにされている食品を対象とする。健康食品企業からは「単一成分しかだめか」という声が聞かれるが、単一成分に限定していない。たとえば、エキスなどの素材も対象となる。ただし、関与成分が特定できること、最終製品で規格化されていることが求められる。このためには、成分を定量できることも条件となる。

 つまり、安全性については(1)関与成分の特定が可能、(2)成分の定量が可能、(3)最終製品で規格化されていて、これに適合している、(4)安全性に関する科学的エビデンスがある――ことが求められると考えられる。

 「青汁」「ローヤルゼリー」「酵素」といったジャンルの商品にとって高いハードルとなるが、最終的には「青汁」などのジャンルごとではなく、個々の商品に使用されている成分が条件を満たしているかどうかが問われる。同じジャンルの素材であっても、A社の原料は対象となり、B社の原料は対象とならない、といったケースも予想される。

 この案に対し、企業関係者は反発している。「制度の間口を狭めることになる」(販売企業)との理由からだ。一方、一部の学識経験者や消費者団体では、「関与成分が不明だと、安全性も機能性も信用できない」という意見も。さらに、過剰摂取による健康被害を防ぐにしても、関与成分が不明、または定量が不可能な場合は困難になると指摘している。

 また、消費者庁案は対象とする条件として、「関与成分以外の成分については、一般の食品成分と同等の安全性を有していることが必要」としている。つまり、関与成分以外の成分が一般的に用いられるものならば、安全性評価を行なう必要はない。一方、関与成分以外であっても、通常の食品には含まれないような成分を配合した場合には、配合成分の安全性を評価しなければならない。

 たとえば、機能性を表示するために配合した成分Aのほか、コラーゲンとプラセンタを配合した商品があるとする。この場合、関与成分の成分Aだけでなく、コラーゲンとプラセンタについてもそれぞれ安全性評価が求められる。

(つづく)
【木村 祐作】

 

おススメ記事

エヌティコーブン、青汁を発売

 ムコ多糖商品の製造・販売を行う(株)エヌティコーブン(本社:東京都八王子市、岩崎勉社長、TEL:042-629-9144)はこのほど、『大麦若葉青汁』を発売した。大分県産の大麦若葉と、乳酸菌1,500億個、難消化性デキ […]

東京都、健康食品5品からイブプロフェンなど検出

 東京都は22日、健康食品『スーパーイヌトウキ』など5商品からイブプロフェンやシルデナフィルなどの医薬品成分が検出されたと発表した。これらの商品による健康被害は発生していないが、都民に向けて使用中止を呼びかけるとともに、 […]

2017年08月23日

IL-1RAが老化防止のメカニズムに関与

 (株)ファンケルは22日、角層バイオマーカーの1つの「IL-1RA」が、老化の原因となる細胞増殖の停止を防ぐメカニズムに関与していることを確認したと発表した。  試験では、IL-1RAを減少させた表皮角化細胞を人工的に […]

特定適格消費者団体、品川美容外科への申し入れ終了

 フェイスリフト施術の広告が景品表示法に抵触するとして、医療法人社団翔友会(品川美容外科)に改善を申し入れていた特定適格消費者団体の消費者機構日本は22日、一定の改善が見られたことから取り組みを終了すると公表した。  消 […]

日本気象協会、商品需要の予測サービスを開始

 (一社)日本気象協会(東京都豊島区、石川裕己会長)は21日、気象情報をもとにした法人向け商品需要予測情報の提供と、コンサルティングサービス「商品需要予測事業」を開始すると発表した。  同協会は、調査会社の(株)インテー […]