健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会の安全対策(中)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年04月10日

新制度検討会の安全対策(中)

<データベース上のあらゆる文献の検索が基本>
syohisyatyo (1)

 食経験の有無について、企業はデータベース上で入手できるあらゆる文献を調べることになる。その際には、成分ベースで検索する。当然、「パブメド」など1部のデータベースだけを調べればよいというわけではない。あらゆるデータベースを検索することが求められる。さらに、サプリメントなどでは、成分の配合量に焦点をあてて判断することがポイントとなる。十分な食経験があると判断できた場合は、その時点で安全性が評価されたことになる。

 一方、食経験が十分にあると言えない場合は、企業はデータベース上にある安全性試験の情報に基づいて評価することになる。データベース上のあらゆる文献を検索し、トクホで要求される試験項目の情報を収集して評価する。さらに、(1)関与成分と医薬品との相互作用の有無、(2)関与成分同士の相互作用の有無――も文献検索によって収集した情報をもとに、判断しなければならない。

 こうした消費者庁案に対し、企業関係者の間では「自社で保有している安全性試験データでもよいのか」、「これから自社で安全性試験を実施すればよいのか」という声も聞かれる。しかし、新制度はデータベース上で収集できる文献を”根拠”とする方向にある。このため、企業が独自で実施した安全性試験のデータは、あくまでも補足的な位置づけにすぎないとみられる。

 健康食品業界内で誤解されがちなのが、消費者庁案にある「関与成分を中心とする食品の安全性」の意味。一部の企業では「最終商品を検査すること」と受け止めているが、そうではない。まず、関与成分や他の配合成分の安全性を評価し、さらに、複数の成分を一緒に摂取した場合の安全性(相互作用の有無)を判断することを指している。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

昨年度のネット監視、健康食品表示で336業者に改善要請~消費者庁

 消費者庁はきょう(28日)、2016年度に実施したインターネット上の健康食品表示の監視により、合計336事業者に対して表示の改善を要請したと発表した。ショッピングモール運営事業者に対しても、表示の適正化を要請した。   […]

高橋貞光の通販講座第3弾、大阪で開催

 (株)データ・マックスはきょう(28日)、通信販売事業者を対象としたセミナー「成功する通信販売のつくり方」を大阪市内で開催した。通販企業や通販事業の立ち上げ、事業の刷新を考えている川上の事業者などが参加した。  講師を […]

日新製糖、ガラクトオリゴ糖配合商品を発売

 日新製糖(株)(本社:東京都中央区、樋口洋一社長)はこのほど、ガラクトオリゴ糖を主成分とする食品用糖質「カップオリゴ」を配合した液体タイプの『カップオリゴ(500g)』、打錠タイプの『ガラクトオリゴ糖錠剤(270粒)』 […]

ドーム、ホエイプロテインの新商品を発売

 (株)ドーム(本社:東京都江東区、安田秀一代表社長、TEL:0120-106-786)は5月9日、スポーツサプリメントブランドDNSから個包装タイプの『ホエイプロテインSP シングルパック』を発売する。  『――シング […]

カワチ薬品、17年3月期 前期比77%増の大幅増益に

 (株)カワチ薬品(本社:栃木県小山市、河内伸二社長)はこのほど、2017年3月期業績を発表した。売上高は前年比2.2%増の2,664億2,300万円、営業利益は同22.9%増の57億2,300万円、経常利益は同20.2 […]