健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会、重要課題をクリア(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月27日

新制度検討会、重要課題をクリア(4)

<届出の受理番号を製品に記載>
kentoukai4

 新制度では、製品パッケージに「機能性表示と安全性について国による評価を受けたものではない」という表示が義務づけられる。その際、製品の前面に目立つように表示する方針が示されている。
 児玉浩子委員(帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科教授)は、「『国が評価していない』という表示によって、消費者の信頼を失うのではないかと心配している。『国は検証していないが、登録されている』などの表示にしないと、何も書いていない製品を消費者は買うのではないか」と問題提起した。消費者庁の担当課は、「表現については決まっていないので、検討したい」と答えた。

 消費者代表の河野康子委員(全国消費者団体連絡会事務局長)は、「(新制度を)見分ける手段が必要。マークは検討するのか」と質問した。これに対し、消費者庁の担当課は「届出の受理番号を記載する方法もあるので、検討したい」と説明。企業が届け出た際に受け取る受理番号を商品パッケージに記載させる方針を示した。

<「作用動態の実証」は削除>
 また消費者庁は、新制度の「対象成分」に関する記述を修正した。「対象成分の作用機序、作用動態について、in vitroおよび動物を用いたin vivo試験、ヒト試験のどちらかによって実証されていること」としていたが、作用動態を削除した。前回の検討会で、食品の場合、作用動態の実証は困難という意見が出たためだ。
 さらに、「実証」を「考察」に修正した。この点について、消費者庁はNET‐IBの取材に対し、「『考察』とは、作用機序を説明できるようにしておくこと。文献検索で論文を収集して評価することが基本となるが、情報がない場合には企業が自ら試験することになる」と話した。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2018年02月23日

ファンケル、コラーゲンサプリ発表会を開催

 (株)ファンケル(本社:横浜市中区、島田和幸社長)は23日、新商品のサプリメント「ディープチャージ コラーゲン」シリーズ4品(3月20日発売)のプレス発表会を都内ホテルで開催した。  ゲストに招かれた銀座ケイスキンクリ […]

米国FDA、クラトン含有製品の使用禁止を勧告

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は22日、米国食品医薬品局(FDA)がクラトン(アヘンボク)を含む全ての製品について、使用しないように勧告したと発表した。  クラトンを含む製品との関連が疑われる健康被害事例が多数報告 […]

トロナジャパン、糖質40%カットの冷凍ピザ発売

 (株)トロナジャパン(本社:東京都港区、名田陽一社長、TEL:0120-941-035)は3月1日、ピザ生地の糖質を40%カットした冷凍ピザ『ピザ生地糖質40%OFF イベリコ豚ベーコンのピッツァ』を発売する。  使用 […]

2018年02月23日

自然食品店探訪~サンピュア~

<顧客が毎日通う店に>  自然食品店として創業40年の歴史を持つ「サンピュア」(東京都江戸川区、経営元:(株)サンピュア、坂本卓男代表)。この10年間、自然食品の店舗を取り巻く環境は厳しく、近隣のライバル店が消えていった […]

2018年02月23日

【3/3】健康食品に関するリスクコミュニケーション

 消費者庁は3月3日、(一社)日本食品安全協会、徳島県庁と連携して、健康食品に関するリスクコミュニケーション「健康食品との賢い付き合い方~健康食品と健康食品管理士の役割~」を徳島大学長井記念ホール(徳島市庄町)で開催する […]