健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会、重要課題をクリア(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月27日

新制度検討会、重要課題をクリア(4)

<届出の受理番号を製品に記載>
kentoukai4

 新制度では、製品パッケージに「機能性表示と安全性について国による評価を受けたものではない」という表示が義務づけられる。その際、製品の前面に目立つように表示する方針が示されている。
 児玉浩子委員(帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科教授)は、「『国が評価していない』という表示によって、消費者の信頼を失うのではないかと心配している。『国は検証していないが、登録されている』などの表示にしないと、何も書いていない製品を消費者は買うのではないか」と問題提起した。消費者庁の担当課は、「表現については決まっていないので、検討したい」と答えた。

 消費者代表の河野康子委員(全国消費者団体連絡会事務局長)は、「(新制度を)見分ける手段が必要。マークは検討するのか」と質問した。これに対し、消費者庁の担当課は「届出の受理番号を記載する方法もあるので、検討したい」と説明。企業が届け出た際に受け取る受理番号を商品パッケージに記載させる方針を示した。

<「作用動態の実証」は削除>
 また消費者庁は、新制度の「対象成分」に関する記述を修正した。「対象成分の作用機序、作用動態について、in vitroおよび動物を用いたin vivo試験、ヒト試験のどちらかによって実証されていること」としていたが、作用動態を削除した。前回の検討会で、食品の場合、作用動態の実証は困難という意見が出たためだ。
 さらに、「実証」を「考察」に修正した。この点について、消費者庁はNET‐IBの取材に対し、「『考察』とは、作用機序を説明できるようにしておくこと。文献検索で論文を収集して評価することが基本となるが、情報がない場合には企業が自ら試験することになる」と話した。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(後)

<安全性の問題は過去の話> 【解説】  遺伝子組み換え表示制度は2001年4月に施行された。食品表示を所管していた農林水産省は1997年に、制度導入に向けて検討会を発足。当時、検討会を傍聴して感じたのは、会合を何度重ねて […]

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(前)

<来年3月めどに結論>  遺伝子組み換え食品の表示制度を見直すため、消費者庁はきょう(26日)、「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」の初会合を開き、検討作業に着手した。来年3月をめどに結論を取りまとめる。  検討会は学 […]

ディーフット、季節限定のスキンケアスプレー発売

 (株)ディーフィット(東京都新宿区、立川真由美代表)は26日、季節限定のスキンケア商品『アウトドアでも優しくお肌を守ってくれるスキンスプレー』を発売する。  ラベンダー油やユーカリ油などの天然製油を配合。蚊や虫が多く出 […]

たかくら新産業、オーガニック素材使用の犬用歯磨き粉を発売

 (株)たかくら新産業(本社:東京都港区、高倉健社長)は25日、オーガニック素材を用いた犬用の歯磨き粉『オーガニック ホワイトニング トゥースペースト ピーチ味』を発売した。  同品はアロエベラの液汁をベースに、オリーブ […]

2017年04月26日

キューサイ、機能性表示食品『ハツラツQ10』を発売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は5月1日、機能性表示食品のサプリメント『ハツラツQ10』(460mg×30粒)を発売する。  関与成分は還元型コエンザイムQ10。「 […]