健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会、重要課題をクリア(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月27日

新制度検討会、重要課題をクリア(4)

<届出の受理番号を製品に記載>
kentoukai4

 新制度では、製品パッケージに「機能性表示と安全性について国による評価を受けたものではない」という表示が義務づけられる。その際、製品の前面に目立つように表示する方針が示されている。
 児玉浩子委員(帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科教授)は、「『国が評価していない』という表示によって、消費者の信頼を失うのではないかと心配している。『国は検証していないが、登録されている』などの表示にしないと、何も書いていない製品を消費者は買うのではないか」と問題提起した。消費者庁の担当課は、「表現については決まっていないので、検討したい」と答えた。

 消費者代表の河野康子委員(全国消費者団体連絡会事務局長)は、「(新制度を)見分ける手段が必要。マークは検討するのか」と質問した。これに対し、消費者庁の担当課は「届出の受理番号を記載する方法もあるので、検討したい」と説明。企業が届け出た際に受け取る受理番号を商品パッケージに記載させる方針を示した。

<「作用動態の実証」は削除>
 また消費者庁は、新制度の「対象成分」に関する記述を修正した。「対象成分の作用機序、作用動態について、in vitroおよび動物を用いたin vivo試験、ヒト試験のどちらかによって実証されていること」としていたが、作用動態を削除した。前回の検討会で、食品の場合、作用動態の実証は困難という意見が出たためだ。
 さらに、「実証」を「考察」に修正した。この点について、消費者庁はNET‐IBの取材に対し、「『考察』とは、作用機序を説明できるようにしておくこと。文献検索で論文を収集して評価することが基本となるが、情報がない場合には企業が自ら試験することになる」と話した。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

原料原産地表示の消費者理解度、「55%」目標に

 消費者委員会本会議は24日、消費者庁が行う食品表示制度の周知活動について議論した。加工食品の原料原産地表示制度について消費者庁は、経過措置期間が終了する2022年3月末時点で、消費者の理解度(制度の中身まで理解している […]

フォーデイズに特商法違反で取引停止命令~消費者庁

<「ガンが治った」「目が治る」など告げて勧誘>  「ガンが治った人もいる」などと事実と異なる効能効果を告げて、健康飲料を販売したとして、消費者庁は24日、連鎖販売取引業者のフォーデイズ(株)(東京都中央区、和田桂子代表) […]

富士フィルム、新たな皮膚感作性試験法を開発

 富士フィルム(株)(本社:東京都港区、助野健児社長)はこのほど、新たな皮膚感作性試験代替法「Amino acid Derivative Reactivity Assay(ADRA)」を開発したと発表した。  皮膚感作性 […]

2017年11月24日

【2018/2/8】飲食店向け「食物アレルギー対策講習会」

 東京都は来年2月8日、飲食店向け「食物アレルギー対策講習会」を銀座ブロッサム(東京都中央区)で開催する。定員900人、参加費は無料。  プログラム内容は「知らないではすまされない、食物アレルギーとアナフィラキシー」(昭 […]

2017年11月24日

ネムノキ樹皮抽出物に睡眠の質改善作用

 コンビ(株)(本社:東京都台東区、五嶋啓伸社長)ファンクショナルフーズ事業部はこのほど、臨床試験によって、ネムノキ樹皮抽出物に睡眠の質を改善する作用があることを確認したと発表した。  25~46歳の男女5人を対象に、ク […]