健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会、重要課題をクリア(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月27日

新制度検討会、重要課題をクリア(3)

<機能性の実証についても意見を集約>
 26日の消費者庁「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」は、積み残しとなっていた重要課題を検討した。機能性の実証方法もその一つ。最終製品を用いたヒト試験による実証で要求される「研究計画の事前登録」、研究レビューによる実証で用いる「システマティック・レビュー」などが議論の焦点となった。

kentoukai3 (3)

 これに対し、業界代表委員の関口洋一氏(健康食品産業協議会会長)が提出した資料では、UMIN臨床試験登録システム等への事前登録を努力目標とするように要望。その理由に、「登録を義務づけていない学術誌も少なくない。また、特定保健用食品制度でもUMIN等登録を求められていない。したがって、現段階での義務づけは時期尚早である」、「UMIN登録により企業の商品開発情報が早期流出する懸念がある」ことを挙げた。

 しかし、津谷喜一郎委員(東京大学大学院薬学系研究科特任教授)は、関口委員の提出資料に疑問を投げかけた。「時期尚早とあるが、そうではないと思っている。登録件数は急速に増えている」、「トクホの登録がないことがおかしい。当然入るべきだ」と述べ、業界の主張が見当違いであると指摘した。さらに、「UMIN臨床試験登録システムは、登録日と公開日を別々に設定できる」と説明。企業情報が早期流出するという健康食品産業協議会の主張が、事実と異なる点を述べた。

 また消費者庁の担当課は、最終商品を用いたヒト試験による実証の場合、事前登録などについて経過措置を設ける方針を示した。新制度スタート後のある時期までを経過措置と定め、それを過ぎると、示された要件を満たすことが必須になるとみられる。

 データベース上の文献を収集して行なうシステマティック・レビューに対しても、いくつかの意見が出された。合田委員は対象とする論文について、「一定レベル以上の論文を定めておくべき」と主張した。

 最終製品のヒト試験による実証、研究レビューによる実証ともに、消費者庁案の方向で意見が集約されたと言える。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

日本の伝統的食事ではなく、「欧米型」などで死亡リスク低下

<コーヒーや乳製品などの効果もリスク低下の要因>  (国研)国立がん研究センターの研究グループがこのほど公表した調査結果から、日本の伝統的な食事と、ガン・循環器疾患などによる死亡リスクに関連性がないことがわかった。一方、 […]

2017年05月26日

【6/24】公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」

 消費者委員会は6月24日、公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」を岩手県自治会館(岩手県盛岡市)で開催する。  基調講演は、消費者委員会委員長の河上正二氏による「消費者委員会の活動と食品表示のあり方」。 […]

QOLサポート研究会、「心の測定」をテーマに講演

 NPO法人QOLサポート研究会(松本高明理事長)は25日、「心と脳を科学する」をテーマに、第12回講演会をミューザ川崎(神奈川県川崎市)で開催した。理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター細胞機能評価研究チーム […]

2017年05月26日

アマニフォーラム実行委員会、セミナーを都内で開催

 アマニフォーラム実行委員会は25日、「第1回アマニフォーラム セミナー」を都内で開催した。スペシャルゲストとして招かれた「モンサンクレール(東京・自由が丘)」のオーナーパティシエである辻口博啓氏は、アマニを使ったスイー […]

2017年05月26日

第4回クリルオイル研究会、森下竜一氏が講演

 クリルオイル研究会(矢澤一良会長)は25日、東京ビックサイト(東京都江東区)で第4回クリルオイル研究会を開催した。関係者70人が参加した。  大阪大学大学院教授の森下竜一氏は、23日に規制改革推進会議が安倍首相に提出し […]