健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会、重要課題をクリア(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月27日

新制度検討会、重要課題をクリア(2)

<機能性の相互作用問題も収束へ>
 26日に開催された消費者庁の「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」では、機能性の相互作用の問題が議論された。この問題は、新制度の屋台骨を揺さぶる重要課題と位置づけられていた。

 事の発端は、5月2日の第5回検討会で清水俊雄委員(名古屋文理大学健康生活学部フードビジネス学科教授)が提出した意見書だった。そのなかで、「有効成分を複数混合すれば、効果も安全性も異なる。製品またはそれと同等の組成を有する被験物質で実証する」ことを提案。他のアカデミア代表委員も賛同する事態となった。
 機能性の実証について、清水委員案のとおりにハードルを上げると、新制度の”売り”となる文献によるレビューがほとんど不可能となる。

kentoukai2 (1)

 26日の会合でも清水委員は、消費者庁の対応方針(案)について、「『機能性および安全性については、相互作用等の有無が確認されているという前提』とするべき」と話し、厳格なルールを要望した。

 これに対し、合田幸広委員(国立医薬品食品衛生研究所薬品部長)は、「複数成分の機能性を認めるのならば、少なくとも品質が保証できる場合とするべきだ」と述べた。具体的には、各成分の定量分析に加え、定性分析ができることが重要と指摘。この考え方がベースにあるのならば、消費者庁案のままでも良いと主張した。

 合田委員の意見は、それぞれの関与成分について基原が特定できることを求めたもの。各成分で定量分析と定性分析が可能ならば、相互作用の確認は必須としないことを意味している。

 合田委員の主張は”折衷案”に近いもので、特に異論は出なかった。業界側としても受け入れ可能な案と言える。この日の議論を踏まえて、消費者庁案に合田委員案を加味する方向で、報告書案が取りまとめられる可能性がある。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

昨年度のネット監視、健康食品表示で336業者に改善要請~消費者庁

 消費者庁はきょう(28日)、2016年度に実施したインターネット上の健康食品表示の監視により、合計336事業者に対して表示の改善を要請したと発表した。ショッピングモール運営事業者に対しても、表示の適正化を要請した。   […]

高橋貞光の通販講座第3弾、大阪で開催

 (株)データ・マックスはきょう(28日)、通信販売事業者を対象としたセミナー「成功する通信販売のつくり方」を大阪市内で開催した。通販企業や通販事業の立ち上げ、事業の刷新を考えている川上の事業者などが参加した。  講師を […]

日新製糖、ガラクトオリゴ糖配合商品を発売

 日新製糖(株)(本社:東京都中央区、樋口洋一社長)はこのほど、ガラクトオリゴ糖を主成分とする食品用糖質「カップオリゴ」を配合した液体タイプの『カップオリゴ(500g)』、打錠タイプの『ガラクトオリゴ糖錠剤(270粒)』 […]

ドーム、ホエイプロテインの新商品を発売

 (株)ドーム(本社:東京都江東区、安田秀一代表社長、TEL:0120-106-786)は5月9日、スポーツサプリメントブランドDNSから個包装タイプの『ホエイプロテインSP シングルパック』を発売する。  『――シング […]

カワチ薬品、17年3月期 前期比77%増の大幅増益に

 (株)カワチ薬品(本社:栃木県小山市、河内伸二社長)はこのほど、2017年3月期業績を発表した。売上高は前年比2.2%増の2,664億2,300万円、営業利益は同22.9%増の57億2,300万円、経常利益は同20.2 […]