健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会、重要課題をクリア(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年06月27日

新制度検討会、重要課題をクリア(2)

<機能性の相互作用問題も収束へ>
 26日に開催された消費者庁の「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」では、機能性の相互作用の問題が議論された。この問題は、新制度の屋台骨を揺さぶる重要課題と位置づけられていた。

 事の発端は、5月2日の第5回検討会で清水俊雄委員(名古屋文理大学健康生活学部フードビジネス学科教授)が提出した意見書だった。そのなかで、「有効成分を複数混合すれば、効果も安全性も異なる。製品またはそれと同等の組成を有する被験物質で実証する」ことを提案。他のアカデミア代表委員も賛同する事態となった。
 機能性の実証について、清水委員案のとおりにハードルを上げると、新制度の”売り”となる文献によるレビューがほとんど不可能となる。

kentoukai2 (1)

 26日の会合でも清水委員は、消費者庁の対応方針(案)について、「『機能性および安全性については、相互作用等の有無が確認されているという前提』とするべき」と話し、厳格なルールを要望した。

 これに対し、合田幸広委員(国立医薬品食品衛生研究所薬品部長)は、「複数成分の機能性を認めるのならば、少なくとも品質が保証できる場合とするべきだ」と述べた。具体的には、各成分の定量分析に加え、定性分析ができることが重要と指摘。この考え方がベースにあるのならば、消費者庁案のままでも良いと主張した。

 合田委員の意見は、それぞれの関与成分について基原が特定できることを求めたもの。各成分で定量分析と定性分析が可能ならば、相互作用の確認は必須としないことを意味している。

 合田委員の主張は”折衷案”に近いもので、特に異論は出なかった。業界側としても受け入れ可能な案と言える。この日の議論を踏まえて、消費者庁案に合田委員案を加味する方向で、報告書案が取りまとめられる可能性がある。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年10月20日

ヤクルト本社、『リベシィ』がパッケージコンテストで受賞

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は20日、基礎化粧品シリーズ『リベシィ』が、日本包装技術協会主催の「2017日本パッケージングコンテスト」で化粧品包装部門賞を受賞したと発表した。  同シリーズは、加 […]

2017年10月20日

インフォームドチョイス、日本新薬が認証取得

 (有)バイオヘルスリサーチリミテッド(東京都文京区、池田秀子社長)は20日、日本新薬(株)(京都市南区)がサプリメントのアンチ・ドーピング認証である「インフォームドチョイス認証」を取得したと発表した。  認証された『W […]

2017年10月20日

協和、「葛の花」機能性表示食品の広告で謝罪

 (株)協和(本社:東京都新宿区、堀内泰司代表)は20日、機能性表示食品のサプリメントを摂取するだけで痩身効果が得られると誤認させるような表示を行っていたとして、全国紙に謝罪広告を掲載した。  同社は、葛の花由来イソフラ […]

東京都の物産展で「賞味期限切れ」の甘酒を販売

 東京都と全国地方新聞社連合会が共同で開催している「都庁展望室 日本全国物産展」で販売した『酒蔵仕込みのあま酒』(製造元:下関酒造(株))の一部に、賞味期限切れの商品が含まれていたことを受けて、都庁展望室日本全国物産展事 […]

豪州、健康食品から発がん性成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は19日、オーストラリアTGAが発がん性の恐れがある成分を含む健康食品について注意喚起を行ったと発表した。  健康食品『Jimpness Beauty Fat Loss capsule […]