健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会、論点の行方(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月02日

新制度検討会、論点の行方(前)

<UMIN事前登録とCONSORT声明準拠で経過措置>
 消費者庁の「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」は、次回会合から取りまとめの議論に移る。検討会はこれまでに7回開催され、すべての検討課題について議論が出尽くし、一定の方向性が示された。各課題に対して一部異論も出たが、大筋で合意されたと言える。主な論点を整理してみた。

 新制度で機能性を実証するためには、データベースを検索して論文を収集し、総合的に評価することが基本となる。
 こうした方法だけでなく、最終製品を用いたヒト試験を実施し、実証することも可能だ。その場合、研究計画の事前登録、国際指針に準拠した研究報告、査読付きの論文化が条件となる。

 研究計画の事前登録は、「UMIN臨床試験登録システム」などで行なう。研究報告は、「CONSORT声明」などの国際的な指針に沿った形式で行なう。消費者庁ではUMINへの事前登録とCONSORT声明の準拠について、経過措置を設ける方針。どちらも比較的新しい取り組みであることから、経過措置によって、健康食品業界などに円滑に周知させる考えだ。
 ただし、経過措置の終了後は、UMINへの事前登録もCONSORT声明の準拠も必須となる。条件を満たさない研究は、新制度で機能性の根拠として活用できなくなる。

 もう一つの条件に挙がった査読付きの論文化については、経過措置が適用されない方向にある。NET-IBの取材に対し、消費者庁は「査読付き論文は昔からあるもので、UMIN登録やCONSORT声明とは事情が異なる」(食品表示企画課)と話している。

 また消費者庁では、過去の論文を排除しない方向で検討している。CONSORT声明に準拠していない過去の論文であっても、優れた研究内容ならば、新制度で機能性の根拠となり得るという。たとえば、あるトクホ商品について過去に行なわれた研究も、当該トクホ企業が利用できることになりそうだ。

<一定レベルの論文がシステマティック・レビューの対象に!?>
 機能性の実証で、多くの企業が実施すると予想されるのが、データベース上の論文を検索し評価する手法だ。収集した論文は、「システマティック・レビュー」という手法によって総合的に評価する。

 新制度では、システマティック・レビューの実施者を定めない。最終商品の販売会社が自ら実施してもよいし、取引先の原料メーカーなどが実施した結果を活用してもよい。だれが実施しても、その結果を利用できるというわけだ。ただし、最終商品の成分配合量などと、研究内容がマッチしていることが求められる。また、だれがレビューしたとしても、最終商品を扱う企業が実証責任を負う。

 同様に、安全性データの文献検索も、原料メーカーなどが実施した結果を利用できる。安全性も機能性も、必ずしも最終商品の販売企業が自ら行なう必要はない。手間も費用もほとんどかけずに、機能性を表示することが可能となるケースも少なくないと予想される。

 前回の検討会では、合田幸広委員がレビューの対象とする論文について、「一定レベル以上の論文を定めておくべき」と主張し、新たな論点に浮上した。”一定レベル”の線引きなど、具体的な検討には専門的知識が求められる。このため消費者庁では、検討会終了後に検討に入ると予想される。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2018年06月22日

【7/13】食安委「みんなのための食品安全勉強会」

 食品安全委員会は7月13日、一般消費者を対象とした基礎講座「みんなのための食品安全勉強会」をUMEDAI大阪梅田(大阪市北区)で開催する。定員は50人程度。参加費は無料。  食品安全の基本や、食中毒の原因となる細菌やウ […]

2018年06月22日

インデナジャパン、『ベルガモットエキス』を発売

 インデナジャパン(株)は21日、健康食品素材の『ベルガモットエキス』を発売すると発表した。  ベルガモットは、イタリア・カラブリア地方の柑橘類に属する植物であるシトラスベルガミアで、紅茶のアールグレイの香料などに使用さ […]

豪州、3製品から医薬品成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所はこのほど、オーストラリア保健省薬品・医薬品行政局(TGA)が医薬品成分を含む健康食品について注意喚起したことを公表した。  『Bulbao Male Enhancer tablets […]

都、乾燥塩トマトの販売業者を食品表示法違反で指示

 乾燥塩トマトを詰め替えて販売する際に、原材料名などを表示しなかったとして、東京都は21日、なかいや農園(東京都中野区、山田一雄氏)に対し、食品表示法に基づく指示を行ったと発表した。  都によると、同事業者は乾燥塩トマト […]

2018年06月22日

ABLによる化粧品のマルチ商法、和解不成立~国センADR

<エステ施術後に勧誘繰り返す>  (独)国民生活センターは21日、「国民生活センターADR(裁判外紛争解決手続)」で和解が成立しなかった事案として、(株)ABL(福岡市)による化粧品の連鎖販売取引をめぐる紛争を公表した。 […]