健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会、論点の行方(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年07月02日

新制度検討会、論点の行方(前)

<UMIN事前登録とCONSORT声明準拠で経過措置>
 消費者庁の「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」は、次回会合から取りまとめの議論に移る。検討会はこれまでに7回開催され、すべての検討課題について議論が出尽くし、一定の方向性が示された。各課題に対して一部異論も出たが、大筋で合意されたと言える。主な論点を整理してみた。

 新制度で機能性を実証するためには、データベースを検索して論文を収集し、総合的に評価することが基本となる。
 こうした方法だけでなく、最終製品を用いたヒト試験を実施し、実証することも可能だ。その場合、研究計画の事前登録、国際指針に準拠した研究報告、査読付きの論文化が条件となる。

 研究計画の事前登録は、「UMIN臨床試験登録システム」などで行なう。研究報告は、「CONSORT声明」などの国際的な指針に沿った形式で行なう。消費者庁ではUMINへの事前登録とCONSORT声明の準拠について、経過措置を設ける方針。どちらも比較的新しい取り組みであることから、経過措置によって、健康食品業界などに円滑に周知させる考えだ。
 ただし、経過措置の終了後は、UMINへの事前登録もCONSORT声明の準拠も必須となる。条件を満たさない研究は、新制度で機能性の根拠として活用できなくなる。

 もう一つの条件に挙がった査読付きの論文化については、経過措置が適用されない方向にある。NET-IBの取材に対し、消費者庁は「査読付き論文は昔からあるもので、UMIN登録やCONSORT声明とは事情が異なる」(食品表示企画課)と話している。

 また消費者庁では、過去の論文を排除しない方向で検討している。CONSORT声明に準拠していない過去の論文であっても、優れた研究内容ならば、新制度で機能性の根拠となり得るという。たとえば、あるトクホ商品について過去に行なわれた研究も、当該トクホ企業が利用できることになりそうだ。

<一定レベルの論文がシステマティック・レビューの対象に!?>
 機能性の実証で、多くの企業が実施すると予想されるのが、データベース上の論文を検索し評価する手法だ。収集した論文は、「システマティック・レビュー」という手法によって総合的に評価する。

 新制度では、システマティック・レビューの実施者を定めない。最終商品の販売会社が自ら実施してもよいし、取引先の原料メーカーなどが実施した結果を活用してもよい。だれが実施しても、その結果を利用できるというわけだ。ただし、最終商品の成分配合量などと、研究内容がマッチしていることが求められる。また、だれがレビューしたとしても、最終商品を扱う企業が実証責任を負う。

 同様に、安全性データの文献検索も、原料メーカーなどが実施した結果を利用できる。安全性も機能性も、必ずしも最終商品の販売企業が自ら行なう必要はない。手間も費用もほとんどかけずに、機能性を表示することが可能となるケースも少なくないと予想される。

 前回の検討会では、合田幸広委員がレビューの対象とする論文について、「一定レベル以上の論文を定めておくべき」と主張し、新たな論点に浮上した。”一定レベル”の線引きなど、具体的な検討には専門的知識が求められる。このため消費者庁では、検討会終了後に検討に入ると予想される。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

消費者庁、SAKLIKITに景表法に基づく措置命令

 下着を着用するだけで、短期間に著しい痩身効果を得られると誤認させる広告を行ったとして、消費者庁は14日、(株)SAKLIKIT(大阪市中央区、安井由佳代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。  同社は自社のウ […]

2017年12月14日

【2018/2/5】愛媛県が食品表示・安全講習会

 愛媛県は来年2月5日、食品表示・安全に関する講習会をテクノプラザ愛媛テクノホール(愛媛県松山市)で開催する。定員200人、参加費は無料。  プログラムは、県からの情報提供「食べ物の安全性について~リスクとうまく付き合う […]

鹿児島くみあい食品、賞味期限切れの漬物を自主回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは13日、鹿児島くみあい食品(株)による漬物の自主回収情報を掲載した。  今月9日に開催されたイベントの「屋外特設テント」で、賞味期限が切れた『寒干し かつお風味たくあん […]

2017年12月14日

大塚製薬、コーポレートサイトを刷新

 大塚製薬(株)は13日、使いやすさと見やすさを向上させるため、コーポレートサイトを全面リニューアルしたと発表した。  レスポンシブウェブデザインを採用し、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多様なデバイスの画面サイ […]

島根県、若者のマルチ商法被害で注意喚起

 島根県消費者センターは13日、若者の間でマルチ商法による被害が広がっていることを受けて、「親しい間柄でもはっきりと断る」ことが必要とする注意喚起を行った。  相談事例として、20代の女性が大学時代の先輩に勧められて、浄 […]