健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会、機能性の議論へ(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年04月07日

新制度検討会、機能性の議論へ(2)

<消費者意向調査結果を公表>
kinousei_04 (1)

 調査結果は、新制度の方向性を占う資料となる。新制度の対象者、「この表示は国によって評価されたものではありません」という表示の表記方法、科学的エビデンスのレベルなどを議論する際の”ベース”と位置づけられる。

 調査は今年3月5~7日、インターネットを活用し、全国の15~79歳の男女約3,000人を対象に実施。いわゆる健康食品に対するイメージ、米国ダイエタリーサプリメント制度に基づく表示の印象、機能性表示のあり方などを聞いた。対象者を(1)20~64歳(疾病なし成人)、(2)20~64歳(疾病あり成人)、(3)65歳以上(高齢者)、(4)15~19歳(未成年者)、(5)健康食品を摂取している中学生以下の子どもを持つ者(保護者)、(6)妊娠中・妊娠計画中の者(妊娠)――の6グループに分けて分析。「20~64歳(疾病なし成人)」と各グループの違いを分析した。

<子どもの保護者や未成年者など健康食品を誤認>
 調査結果から、いわゆる健康食品に対して消費者が抱くイメージが浮かび上がった。過去1年間にいわゆる健康食品を摂取した消費者で、摂取により「健康を維持できる」と考える人の割合は「疾病なし成人」と比べ、「未成年者」「保護者」「妊娠」グループで高かった。摂取により「病気が治る」については、「未成年者」「保護者」グループで高くなる傾向にあった。また、「すべて国が認可している」と誤解している割合は、「未成年者」グループで3割以上となった。

 次に、いわゆる健康食品の効果について聞いた。「多く飲むほど効果が高くなる」と考える人の割合は「保護者」グループで、「複数の種類を同時に摂取すると効果が高くなる」は「未成年者」グループなどで顕著に高かった。

 さらに、「医薬品との同時利用で医薬品より高い効果が期待できる」との回答は、「未成年者」グループで高かった。「原材料が天然由来のものは、より安心して摂取できる」と考える人は、「妊娠」グループで6割を超えた。

 調査結果から、特に「未成年者」「保護者」「妊娠」グループは、いわゆる健康食品に対して誤認しやすい傾向が顕著なことがうかがわれた。今後の議論によって、子どもや妊娠女性への対応などが課題に上りそうだ。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年09月22日

オリーブ葉エキス配合食品に体脂肪低減作用

 サンスター(株)(本社:大阪府高槻市、吉岡貴司社長)はこのほど、ヒト試験により、オリーブ葉エキス配合食品に体脂肪率の低減作用があることを確認したと発表した。  試験はBMI が 25 以上の男女28人(男性17人・女性 […]

厚労省、プエラリア・ミリフィカ対策を自治体へ通知

<従わない場合は取り扱い中止を指導>  プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の安全性確保に向けて、厚生労働省は22日、都道府県などに対し、製造管理の改善や消費者への情報提供を事業者に指導するように通知した。従わない事業者 […]

コカ・コーラ、希少糖入り飲料を発売

 全国のボトリング会社や日本コカ・コーラ(株)(本社:東京都渋谷区、ホルヘ・ガルドゥニョ社長、TEL:0120-308509)などで構成するコカ・コーラシステムは25日、希少糖入り乳性飲料「ヨーグルスタンド」シリーズから […]

2017年09月22日

ライオン、機能性表示食品『歩むチカラ』を発売

 ライオン(株)(本社:東京都区、濱逸夫社長、TEL:0120-056-208)は26日、機能性表示食品の粉末清涼飲料『歩むチカラ レモン味』『――アップル味』『――フルーツヨーグルト味』(5.5g×30本)を発売する。 […]

公取、カネスエ商事とワイストアに不当廉売で警告

 キャベツなどの価格を不当に引き下げて販売したとして、公正取引委員会は21日、食品スーパーを経営する(株)カネスエ商事(愛知県日進市、牛田喜博代表)と(株)ワイストア(愛知県津島市、伊藤彰浩代表)に対し、不当廉売を行わな […]