健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会、出そろった施策(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年05月31日

新制度検討会、出そろった施策(3)

<「部位」表示、厚労省と議論しない業界代表委員>
 5月30日に開かれた第6回「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」は、新制度導入に向けた”天王山”という前評判どおり、極めて重要な課題が話し合われた。

 業界関係者がもっとも関心を寄せるのが、新制度で可能となる表示内容だ。具体的には、目や関節などの「部位」表示の可能性。新制度が消費者の商品選択に役立つかどうか、関連産業を発展させるかどうかは、この点にかかっていると言われている。

 業界代表委員も説明資料を用意し、「部位」表示の問題に臨んだ。宮島委員は「わかりやすい表示を考えると、部位(の表示)は必要」と要望。関口委員も「同感だ。普通に読んでわかる表示が望まれている」と歩調を合わせた。

kentoukai2

 業界代表委員は「部位」表示を要望したが、議論は深まらなかった。その要因は、厚生労働省に直接問いたださなかったためとみられる。「部位」表示は、厚労省が所管する薬事法の守備範囲であり、厚労省に質問をぶつけない限り、議論は深まらない。検討会のテーブルには、薬事法を所管する厚労省の担当官が出席している。直接議論する機会はいくらでもある。それにも関わらず、業界代表委員が厚労省に問いかけるシーンは最後まで見られなかった。

 検討会が”天王山”を迎えたもっとも重要な局面で、業界代表委員は詰め切れなかったと言える。しかし、引き続き、この問題を議論する方向にあり、次回会合で業界代表委員が今回の失態を挽回できるかが注目される。

<システマティック・レビューの実施者を定めず>
 消費者庁案で示された「適切な研究レビューによる実証」についても、新たな説明が加えられた。

 追記されたのは、「システマティック・レビューの実施者については特に定めないが、実証責任は最終製品の事業者が負うこととする」という文言。つまり、最終商品の販売企業が必ずしも、自らシステマティック・レビューを行なわなければならないわけではなく、原料メーカーなどが実施した結果を活用しても構わないことを意味している。ただし、最終商品の販売企業が責任を負うことを前提としている。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年10月20日

ヤクルト本社、『リベシィ』がパッケージコンテストで受賞

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は20日、基礎化粧品シリーズ『リベシィ』が、日本包装技術協会主催の「2017日本パッケージングコンテスト」で化粧品包装部門賞を受賞したと発表した。  同シリーズは、加 […]

2017年10月20日

インフォームドチョイス、日本新薬が認証取得

 (有)バイオヘルスリサーチリミテッド(東京都文京区、池田秀子社長)は20日、日本新薬(株)(京都市南区)がサプリメントのアンチ・ドーピング認証である「インフォームドチョイス認証」を取得したと発表した。  認証された『W […]

2017年10月20日

協和、「葛の花」機能性表示食品の広告で謝罪

 (株)協和(本社:東京都新宿区、堀内泰司代表)は20日、機能性表示食品のサプリメントを摂取するだけで痩身効果が得られると誤認させるような表示を行っていたとして、全国紙に謝罪広告を掲載した。  同社は、葛の花由来イソフラ […]

東京都の物産展で「賞味期限切れ」の甘酒を販売

 東京都と全国地方新聞社連合会が共同で開催している「都庁展望室 日本全国物産展」で販売した『酒蔵仕込みのあま酒』(製造元:下関酒造(株))の一部に、賞味期限切れの商品が含まれていたことを受けて、都庁展望室日本全国物産展事 […]

豪州、健康食品から発がん性成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は19日、オーストラリアTGAが発がん性の恐れがある成分を含む健康食品について注意喚起を行ったと発表した。  健康食品『Jimpness Beauty Fat Loss capsule […]