健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会、出そろった施策(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年05月30日

新制度検討会、出そろった施策(1)

 食品全般に機能性を表示できるようにする新制度の導入に向けて、消費者庁の「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」は30日、6回目の会合を開き、消費者庁が示した制度案について議論した。消費者庁は届出制や罰則規定などの概要を提示。これにより、新制度を構成する各施策がすべて出そろった。

<清水案に対する乏しい業界代表委員の反論>
kentoukai1

 その一つが、複数の保健機能成分(関与成分)について、それぞれの機能性を表示する場合に「成分ごとに機能性を実証すればよい」とする消費者庁案。安全性については、成分ごとの安全性評価と、複数の成分を同時に摂取した場合の相互作用の評価が必須となる。一方、機能性については、相互作用の評価を求めない方針を示している。

 この消費者庁案に対して、清水俊雄委員(名古屋文理大学教授)は反対姿勢を強めている。複数成分を混合すると、機能性も安全性も変わると指摘。製品そのもの、またはそれと同等の組成をもつ被験物質を用いて、実証する必要性を主張している。この日の会合でも、消費者庁案を削除するように求めた。
 梅垣敬三委員(国立健康・栄養研究所情報センター長)は「安全性と有効性を分けることはできない。製品で確認することが原則」と述べ、清水案に賛成。合田幸広委員(国立医薬品食品衛生研究所薬品部長)も、「複数成分を組み合わせると、品質保証ができない」と同調した。

 清水案に対して関口洋一委員(健康食品産業協議会会長)は、「安全性で問題がなければ、(個々の成分の)機能性を調べて表示することが合理的」とし、消費者庁案を支持。松澤佑次座長(大阪大学名誉教授)は「薬でも複合製剤がある。相互作用で安全性に問題がなければよいとしている。この意味では同じこと」と述べ、消費者庁案に理解を示した。

 この議論は前回の検討会で持ち上がり、新制度の根幹を揺さぶる課題となっている。清水案が採用されると、トクホのように、中小企業が参加しにくい制度が増えるだけで、新制度を導入する意味合いがほぼ消えてしまうとみられる。極めて重要な議論だが、業界代表委員は十分に反論できずに終わり、理論武装の貧弱さを露呈した。前回の検討会から1カ月ほどの時間があったのにも関わらず、準備不足を印象づける結果となった。
 この日の検討会でも意見は分かれたままで、結論は次回会合に持ち越された。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年06月26日

蝶理、台湾の乳酸菌生産企業と提携

 蝶理(株)(本社:東京都港区、先濵一夫社長、TEL:03-5781-6407)はこのほど、台湾最大の乳酸菌生産企業のシンバイオテック(SYNBIO TECH)社と提携し、同社の持つ30種類程度の乳酸菌原料の供給を開始し […]

2017年06月26日

GNG武田代表、黒酢研究会でグルコサミンの撤回問題に言及

 第4回日本黒酢研究会(矢澤一良会長)が23日、日比谷コンベンションホール(東京都千代田区)で開催された。特別講演を含む6演題が発表された。  (株)グローバルニュートリショングループの武田猛代表は、「機能性表示食品の可 […]

ハウスウェルネスフーズ、「ウコンの力」から新商品登場

 ハウスウェルネスフーズ(株)(本社:兵庫県伊丹市、白井一夫社長、TEL:0120-80-9924)は26日、3種類のウコンエキスなどを配合した飲料『ウコンの力 レバープラス プラチナ』を発売した。  肝臓エキスはシリー […]

2017年06月26日

長岡香料、ユーカリポリフェノールの機能性を確認

 長岡香料(株)(本社:大阪市中央区、林収一社長)はこのほど、社内ボランティアによる試験で、ユーカリポリフェノール素材の機能性を確認したと発表した。同社では今回の結果を受けて、機能性表示食品に対応する原料として提案するた […]

2017年06月26日

日本雑穀アワード、第1回「業務用金賞」に9品

 (一社)日本雑穀協会は23日、「第1回業務用食品部門」の金賞授賞式を製粉会館(東京都中央区)で開催した。約40人の関係者が出席。金賞は7社の9品目が受賞した。受賞した商品については、同協会が付与する金賞マークを付けてP […]