健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会、出そろった施策(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年05月30日

新制度検討会、出そろった施策(1)

 食品全般に機能性を表示できるようにする新制度の導入に向けて、消費者庁の「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」は30日、6回目の会合を開き、消費者庁が示した制度案について議論した。消費者庁は届出制や罰則規定などの概要を提示。これにより、新制度を構成する各施策がすべて出そろった。

<清水案に対する乏しい業界代表委員の反論>
kentoukai1

 その一つが、複数の保健機能成分(関与成分)について、それぞれの機能性を表示する場合に「成分ごとに機能性を実証すればよい」とする消費者庁案。安全性については、成分ごとの安全性評価と、複数の成分を同時に摂取した場合の相互作用の評価が必須となる。一方、機能性については、相互作用の評価を求めない方針を示している。

 この消費者庁案に対して、清水俊雄委員(名古屋文理大学教授)は反対姿勢を強めている。複数成分を混合すると、機能性も安全性も変わると指摘。製品そのもの、またはそれと同等の組成をもつ被験物質を用いて、実証する必要性を主張している。この日の会合でも、消費者庁案を削除するように求めた。
 梅垣敬三委員(国立健康・栄養研究所情報センター長)は「安全性と有効性を分けることはできない。製品で確認することが原則」と述べ、清水案に賛成。合田幸広委員(国立医薬品食品衛生研究所薬品部長)も、「複数成分を組み合わせると、品質保証ができない」と同調した。

 清水案に対して関口洋一委員(健康食品産業協議会会長)は、「安全性で問題がなければ、(個々の成分の)機能性を調べて表示することが合理的」とし、消費者庁案を支持。松澤佑次座長(大阪大学名誉教授)は「薬でも複合製剤がある。相互作用で安全性に問題がなければよいとしている。この意味では同じこと」と述べ、消費者庁案に理解を示した。

 この議論は前回の検討会で持ち上がり、新制度の根幹を揺さぶる課題となっている。清水案が採用されると、トクホのように、中小企業が参加しにくい制度が増えるだけで、新制度を導入する意味合いがほぼ消えてしまうとみられる。極めて重要な議論だが、業界代表委員は十分に反論できずに終わり、理論武装の貧弱さを露呈した。前回の検討会から1カ月ほどの時間があったのにも関わらず、準備不足を印象づける結果となった。
 この日の検討会でも意見は分かれたままで、結論は次回会合に持ち越された。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]

森永乳業、国連「グローバル・コンパクト」に署名

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)は26日、CSRの取り組みを推進するため、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名したと発表した。  UNGCは、各企業・団体が社会の一員として行動し、持続可能な […]