健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度検討会、出そろった施策(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年05月30日

新制度検討会、出そろった施策(1)

 食品全般に機能性を表示できるようにする新制度の導入に向けて、消費者庁の「食品の新たな機能性表示制度に関する検討会」は30日、6回目の会合を開き、消費者庁が示した制度案について議論した。消費者庁は届出制や罰則規定などの概要を提示。これにより、新制度を構成する各施策がすべて出そろった。

<清水案に対する乏しい業界代表委員の反論>
kentoukai1

 その一つが、複数の保健機能成分(関与成分)について、それぞれの機能性を表示する場合に「成分ごとに機能性を実証すればよい」とする消費者庁案。安全性については、成分ごとの安全性評価と、複数の成分を同時に摂取した場合の相互作用の評価が必須となる。一方、機能性については、相互作用の評価を求めない方針を示している。

 この消費者庁案に対して、清水俊雄委員(名古屋文理大学教授)は反対姿勢を強めている。複数成分を混合すると、機能性も安全性も変わると指摘。製品そのもの、またはそれと同等の組成をもつ被験物質を用いて、実証する必要性を主張している。この日の会合でも、消費者庁案を削除するように求めた。
 梅垣敬三委員(国立健康・栄養研究所情報センター長)は「安全性と有効性を分けることはできない。製品で確認することが原則」と述べ、清水案に賛成。合田幸広委員(国立医薬品食品衛生研究所薬品部長)も、「複数成分を組み合わせると、品質保証ができない」と同調した。

 清水案に対して関口洋一委員(健康食品産業協議会会長)は、「安全性で問題がなければ、(個々の成分の)機能性を調べて表示することが合理的」とし、消費者庁案を支持。松澤佑次座長(大阪大学名誉教授)は「薬でも複合製剤がある。相互作用で安全性に問題がなければよいとしている。この意味では同じこと」と述べ、消費者庁案に理解を示した。

 この議論は前回の検討会で持ち上がり、新制度の根幹を揺さぶる課題となっている。清水案が採用されると、トクホのように、中小企業が参加しにくい制度が増えるだけで、新制度を導入する意味合いがほぼ消えてしまうとみられる。極めて重要な議論だが、業界代表委員は十分に反論できずに終わり、理論武装の貧弱さを露呈した。前回の検討会から1カ月ほどの時間があったのにも関わらず、準備不足を印象づける結果となった。
 この日の検討会でも意見は分かれたままで、結論は次回会合に持ち越された。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

国セン、フリマの消費者相談が急増

<酒を購入する未成年者、運営事業者は放置>  (独)国民生活センターは22日、インターネット上で商品の売買を個人間でできる「フリマアプリ」「フリマサイト」といったフリーマーケットサービスに関する消費者相談が、年間3,00 […]

動脈硬化の原因となるリポタンパク質を発見

 秋田県立大学は21日、生物資源科学部の小西智一准教授らの研究グループが、動脈硬化の原因となり得るリポタンパク質「LAC」を発見したと発表した。研究成果は20日、国際学術誌『PLOS ONE』に掲載された。  研究グルー […]

ポッカサッポロ、アーモンドミルク飲料8品を発売

 ポッカサッポロフード&ビバレッジ(株)(本社:名古屋市中区、岩田義浩社長、TEL:0120-885547)は3月5日、アーモンドミルク飲料「アーモンド・ブリーズ」の大容量タイプ(1L)2品と紙パック(200ml)6品を […]

『ヤクルト 薬用アパコート S.E.』をリニューアル

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は5月22日、むし歯や歯周病を予防する薬用歯みがき剤『ヤクルト 薬用アパコート S.E.<ナノテクノロジー>』(医薬部外品)をリニューアル発売する。  リニューアルに […]

2018年02月22日

大塚製薬、2年連続で「健康経営優良法人~ホワイト500」に認定

 大塚製薬(株)(本社:東京都千代田区、樋口達夫社長)は21日、経済産業省と日本健康会議が運営する「健康経営優良法人2018~ホワイト500」に2年連続で認定されたと発表した。社員の健康に対する多様な取り組みが評価された […]