健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度ガイドライン案の概要(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年01月19日

新制度ガイドライン案の概要(3)

<観察研究の対象者の考え方など示す>
 新・機能性表示制度のガイドライン案の概要では、最終製品または関与成分の研究レビューを実施する際の留意事項が示された。検討会報告書に沿った内容となっている。

 恣意的な論文抽出による不適正な機能性評価を防ぐため、企業は定性的または定量的なシステマティック・レビュー(SR)を実施。その際、「totality of evidence」(肯定的・否定的、研究デザインを問わず、すべてを検討して、総合的に肯定的といえるかどうか)の観点から、肯定的と判断できるものに限り、機能性の科学的根拠になるとの考えを示した。「UMIN-CTR」などへの事前登録は必須としない。

 SRの対象となる臨床試験(論文)の対象者については、最終製品を用いた臨床試験と同じ考え方。観察研究(サプリメント形状の加工食品以外の加工食品と生鮮食品の場合に利用可能)の対象者は、前向きコホート研究ではアウトカム評価時に、症例対照研究では調査開始時に、それぞれ疾病に罹患した状態であってもよいとした。ただし、前向きコホート研究では追跡期間の開始時点、症例対照研究では過去の時点(調査対象時点)で、それぞれ疾病に罹患していないことが医師(当該分野を専門とする医師が望ましい)によって認められた者でなければならない。

 SRを実施する場合、あらかじめ決定した選択基準と除外基準、レビューのプロトコールに従って、関連研究を検索することになる。選択基準を満たした個々の論文については、バイアスリスクなどの観点から質を評価。関連論文をまとめたエビデンス総体については、論文間の結果のバラつきや出版バイアスなどの観点から、エビデンスの強さを評価するとしている。

(つづく)

おススメ記事

データ・マックス、東京支店を移転

 (株)データ・マックス(本社:福岡市博多区、児玉直社長)は5月27日、業務拡充にともない東京支店を移転する。5月29日から新オフィスで業務を開始する。セミナールームを常設し、今後は各種セミナーや勉強会などにも注力する。 […]

カネリョウ海藻、海産物2品を通販で発売

 カネリョウ海藻(株)(本社:熊本県宇土市、高木良樹社長、TEL:0120-37-4008)はこのほど、長崎県産のタイを使用した自然食品『鯛の昆布〆』(5切れ(58g)×2P)と、熊本県産の黒磯のりを使用した同『黒磯旨の […]

2017年04月24日

JIHFS、溶出試験の実習セミナーを開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は22日、JIHFS GMPセミナー「溶出試験の理論と実際(実習付)」を都内で開催した。約30人の業界関係者が出席した。  池田秀子理事長は挨拶のなかで「崩壊試 […]

2017年04月24日

ダーボン・オーガニック・ジャパン、コロンビア産有機ショートニングの販売強化

 ダーボン・オーガニック・ジャパン(株)(本社:東京都品川区、レオン・ファン・ハゥヴェリンゲン社長)は、コロンビア産パーム油由来「有機ショートニング」の販売を強化する。2016年の売上高は前年比17%増と伸長。引き続き日 […]

2017年04月24日

GNG、日本製サプリの「中国進出」判断サービスを開始

 (株)グローバルニュートリショングループ(本社:東京都豊島区、武田猛代表)はこのほど、(株)クロスボーダーエイジ(本社:東京都千代田区、春山祥一代表)と共同で、日本製サプリメントを対象に、中国の保健食品市場へ進出する際 […]