健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度ガイドライン案の概要(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年01月19日

新制度ガイドライン案の概要(3)

<観察研究の対象者の考え方など示す>
 新・機能性表示制度のガイドライン案の概要では、最終製品または関与成分の研究レビューを実施する際の留意事項が示された。検討会報告書に沿った内容となっている。

 恣意的な論文抽出による不適正な機能性評価を防ぐため、企業は定性的または定量的なシステマティック・レビュー(SR)を実施。その際、「totality of evidence」(肯定的・否定的、研究デザインを問わず、すべてを検討して、総合的に肯定的といえるかどうか)の観点から、肯定的と判断できるものに限り、機能性の科学的根拠になるとの考えを示した。「UMIN-CTR」などへの事前登録は必須としない。

 SRの対象となる臨床試験(論文)の対象者については、最終製品を用いた臨床試験と同じ考え方。観察研究(サプリメント形状の加工食品以外の加工食品と生鮮食品の場合に利用可能)の対象者は、前向きコホート研究ではアウトカム評価時に、症例対照研究では調査開始時に、それぞれ疾病に罹患した状態であってもよいとした。ただし、前向きコホート研究では追跡期間の開始時点、症例対照研究では過去の時点(調査対象時点)で、それぞれ疾病に罹患していないことが医師(当該分野を専門とする医師が望ましい)によって認められた者でなければならない。

 SRを実施する場合、あらかじめ決定した選択基準と除外基準、レビューのプロトコールに従って、関連研究を検索することになる。選択基準を満たした個々の論文については、バイアスリスクなどの観点から質を評価。関連論文をまとめたエビデンス総体については、論文間の結果のバラつきや出版バイアスなどの観点から、エビデンスの強さを評価するとしている。

(つづく)

おススメ記事

肉・魚など「酸性食品」を多く食べる人ほど死亡リスク上昇

 野菜・果物などのアルカリ食品が少なく、肉・魚などの酸性食品を多く食べる人で死亡リスクが高くなることが、(国研)国立がん研究センターの研究班が29日に発表した調査結果からわかった。  調査は、全国11地域の約9万人の男女 […]

2017年05月30日

DSM、「オメガ3」セミナーを都内で開催

 DSMニュートリションジャパン(株)(本社:東京都港区、中原雄司社長)は29日、「オメガ3 サプリ先進国の技術と市場形成」と題したセミナーを都内で開催した。  米国サウスダコタ大学医学部教授で血中のオメガ3の解析キット […]

2017年05月30日

運動と乳製品で高齢女性の筋力増加

 (株)明治(本社:東京都中央区、川村和夫社長)は29日、信州大学大学院などとの共同研究により、5カ月間のインターバル速歩トレーニング中の乳製品の摂取が、高齢女性の下肢筋力向上を促進し、体内の炎症促進遺伝子の活性を抑制す […]

2017年05月30日

注目集める植物性スクラブ剤

<フランス産刻み花びら VS ドイツ産パルプ由来セルロース>  環境汚染が懸念されるマイクロビーズスクラブ剤の代替品として、フランス産やドイツ産の植物由来スクラブ剤が注目を集めている。2016年3月に日本化粧品工業連絡会 […]

2017年05月30日

大塚製薬、睡眠の質高める機能性表示食品のテスト販売開始

 大塚製薬(株)(本社:東京都千代田区、樋口達夫社長、TEL:0120-550-708)は29日、機能性表示食品のサプリメント『賢者の快眠 睡眠リズムサポート』のテスト販売を開始した。同社の通販「オオツカ・プラスワン」と […]