健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度ガイドライン案の概要(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年01月19日

新制度ガイドライン案の概要(1)

<「類似食品」で食経験の評価も可能>
 消費者庁はこのほど開催された規制改革会議「健康・医療ワーキング・グループ」で、新・機能性表示制度のガイドライン案のポイントを説明した。

 「機能性表示食品に係る届出に関するガイドライン案の概要」は、「安全性」「生産・製造、品質」「健康被害の情報収集」「機能性」「表示のあり方」「国の関与のあり方」の6項目で構成。消費者庁の検討会報告書に沿った内容となっている。

 安全性評価は、食経験や安全性試験データをもとに行う。ガイドライン案は、喫食実績による食経験を評価する際の留意点を示した。(1)全国規模であり、機能性を表示する食品の摂取集団よりも広範囲の摂取集団で、同等以上の摂取量による一定期間の喫食実績があること、(2)日本人の食生活・栄養状態、衛生面や経済面などが類似の国・地域で、機能性を表示する食品の摂取集団よりも広範囲の摂取集団で、同等以上の摂取量による一定期間の喫食実績があること――を基本に据えた。

 関与成分または最終製品の食経験を評価する場合は、「すでに流通している当該食品と同じもの」で評価する。さらに、「当該食品と類似する食品」で評価することも可能とした。その際には、関与成分が定性的・定量的に同等で、関与成分の消化・吸収について無視できる程度の差しかないケースに限定する。生鮮食品については、品目・品種ごとに生産に適した地域や流通量が異なることから、必ずしも全国規模で評価できなくてもよいとしている。

 喫食実績による食経験の評価ができない場合は、データベースの2次情報によって評価する。

 食経験の評価や既存情報によって安全性を評価できない場合は、関与成分や最終製品の安全性試験を実施する。関与成分だけで安全性を評価し、最終製品に外挿することも可能。ただし、その場合には、外挿できる科学的な理由を示さなければならない。
 また、科学的根拠を評価する際に、文献に記載されている関与成分と、実際に製造される成分が同等かどうかを評価するとしている。

 医薬品との相互作用、関与成分同士の相互作用(関与成分を複数含む食品に限る)については、データベースの2次情報などによって評価する。

(つづく)

おススメ記事

消費者志向自主宣言企業、キッコーマンなど2社が参加

 消費者庁は18日、消費者志向自主宣言企業の第2次募集の結果、キッコーマン(株)と日本電気(株)の2社から自主宣言が届け出されたと発表した。  これは、企業が自主的に消費者志向経営を行うことを宣言し、宣言内容に沿った取り […]

キューサイ、粉末タイプの青汁を期間限定販売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は6月27日、粉末タイプ青汁『Kale de Kale Fiber』(3.5g×6本)をウェブサイトと都内2店舗で、期間限定で販売する […]

富士フイルム、馬用サプリメントを発売

 富士フイルム(株)(本社:東京都港区、助野健児社長、TEL:042-339-8920)は21日、馬用サプリメント『ピュア サラシア』(480g)を代理店経由で新発売する。  サラシノールを配合し、サラシア抽出物中の苦み […]

2018年05月18日

野菜ジュースの継続摂取で健康被害

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は17日、「カロテン」に関する安全性情報を公表した。  それによると、日本国内で47歳の男性が、1日当たり900mlの野菜ジュースを3年間にわたって摂取したところ、柑皮症を発症した。野 […]

2018年05月18日

米国でタンパク質高含有のホエイ製品が拡大

 アメリカ乳製品輸出協会(USDEC)日本事務所は18日、米国産乳由来プロテインセミナー「アクティブな毎日を支える乳由来たんぱく質―日常の食生活で手軽にホエイ摂取ができる商品提案―」を開催した。  同協会のジェフリー・マ […]