健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度への対応、SR実践篇(6)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月17日

新制度への対応、SR実践篇(6)

横浜薬科大学 総合健康メディカルセンター 客員講師 博士(農学) 竹田 竜嗣 氏

<論文投稿や第三者による妥当性評価>

supple (1)

 文献の下調べから質的SRや量的SRを経て、最終結論をまとめれば、SRの作業は終了する。こうして完成したSRは、今後公表される新たな機能性表示制度のガイドラインに合致することを確認すれば、晴れて科学的根拠の資料となる。

 ここで留意しなければならない点がある。たとえば、機能性表示を行う企業自身がSRを作成したとする。そうなると利益相反の問題が残る。この利益相反の問題を完全にクリアにするのであれば、SRの作成中や作成後の総評・結論をまとめる段階で、社外の専門家の意見を聞くなど、透明性や信頼性の高い取り組みが必要と考えられる。または、SRを査読のある雑誌に投稿すれば、専門分野の査読者のチェックを受けることになり、実施したSRの客観的評価を受けることができる。

 新たな機能性表示制度では企業の責任で機能性表示を行うことから、実施したSRの妥当性・客観性の確保も企業が責任を持って行うべきである。そのためには、幅広い専門家の意見を聞くことや、論文の査読評価を受けることも1つの選択肢となる。

<新たな知見の収集と再評価も大切>

 毎日多くの科学論文が発表されており、常に新しい情報を収集することも重要だ。SRを出せば終わりではなく、定期的に新しい論文がないかをチェックし、副作用情報が出ていないかなど、安全性や機能性の情報を常に集める必要もある。また、理想を言えば数年に1度は、SRを再度実施して、以前の結果と変わらないかをチェックする再評価も必要と言える。

 新しい論文の情報については、論文データベースに登録すれば、設定したキーワードと関連する論文が登録されるたびに、メールでアラートが発信されるようなシステムもある。そういったシステムも活用して、SRの信頼性を維持する努力が求められる。

 この点が疎かになれば、今回の画期的な新たな機能性表示制度の信頼性を揺るがすことにもなる。新制度を多くの関係者(消費者も企業も)が利用し、その結果、国民の健康の維持・増進に貢献できれば、健康関連産業のさらなる発展につながるだろう。その鍵を握っているのは、実施する企業側のコンプライアンスと、信頼性の高い科学的根拠の確保である。我々には、そうしたことを十分に自覚して新制度を活用する義務がある。

(了)

おススメ記事

2017年06月27日

JIHFS、GMPテーマに記念講演会を開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は26日、第8回定期総会の記念講演会を学士会館(東京都千代田区)で開催した。  同協会顧問でGMP審査会委員長の谷本剛氏が、「健康食品の品質確保等の考え方及びそ […]

サツドラHD、5月期決算を発表

 サツドラホールディングス(株)(本社:北海道札幌市、富山浩樹社長)はこのほど、2017年5月期決算が売上高878億4,400万円、営業利益13億1,800万円、経常利益13億3,300万円、当期利益7億800万円となっ […]

消費者委員会、「課徴金を適格消費者団体の運用に」と要望

 消費者委員会は27日、景品表示法に基づく課徴金制度の運用方法について議論した。出席した委員からは、納付された課徴金の使途を見直すように求める意見が聞かれた。  消費者庁の担当課は、昨年4月の施行後、三菱自動車工業や日本 […]

カネリョウ海藻、天草の海で養殖したワカメ販売

 カネリョウ海藻(株)(本社:熊本県宇土市、高木良樹社長、TEL:0120-37-4008)はこのほど、地元天草の海で養殖した同社オリジナルの塩蔵ワカメ『つなぐわかめ』(200g、20g×10袋入り)を同社の通販「おかげ […]

2017年06月27日

ビーエイチエヌ、「イチョウ葉エキス」で機能性表示食品を提案中

 ビーエイチエヌ(株)(本社:東京都千代田区、石原健夫社長、TEL:03-5281-5661)は、システマティック・レビュー(SR)に対応した機能性表示食品のサポートに力を入れている。  「イチョウ葉エキス」については、 […]