健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度への対応、SR実践篇(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月11日

新制度への対応、SR実践篇(2)

横浜薬科大学 総合健康メディカルセンター 客員講師 博士(農学) 竹田 竜嗣 氏

<検索データベースの選び方>

 今回からはシステマティック・レビュー(SR)の進め方について、詳細に解説していく。まず、論文を収集するためには、論文のデータベースをいくつか調べる必要がある。【表1】に代表的な論文データベースとその特徴を挙げた。hc_hyou2_s

 PubMedは、世界最大の医学情報を中心としたデータベースで、ほとんどの医学系論文がPubMedの検索に引っかかる。PubMedは、英語の抄録がある雑誌が中心のため(例外もある)、日本語の論文は収載されていない場合がある。日本語の文献も調べて、日本人対象の論文の抜けがないかを確認する必要がある。その際に、医中誌やCiniiといった日本語の論文データベースでの検索が求められる。その他にも、システマティック・レビューばかりを集めたCochrane Libraryも調べておくことが大切である。

 以上が代表的なデータベースだが、非常に特殊な素材であれば、その他の言語のデータベースも調べる必要がある。ただし、これはレアケースであり、まずは前述の4種類のデータベースを網羅すれば、SRに必要な論文量は十分集まると考えられる。また、この4種類のデータベースを検索すると重複してくる論文もあるので、1次検索の段階で重複する論文をチェックする作業も重要となる。

<工夫が求められる検索語の設定方法>

 収集する論文データベースが決まれば、続いて論文の検索語を設定する。論文の検索語は、「素材」と「機能性」の2種類のキーワードの設定が鍵を握る。たとえば「A」という素材を対象とする場合、単一の化合物であれば、化合物名称や一般名(たとえば、ビタミンCはアスコルビン酸が化合物の名称であるように、同じ物質でも複数の呼び名がある)があり、動植物由来物であれば、学名や通称の動植物名など複数の呼称・名称があると考えられ、それらをできるだけ網羅できるように検索語に入れておく。素材名は1種類であることは稀で、複数を入れることが必須であると考えてほしい。

 不要な情報は削除できるが、取りこぼしはどうにもならない。そのため、できるだけ多くの情報を拾い、素材名は考えられるだけ入れることが大切である。「素材名」の検索語が決まれば、次は機能性の検索語になる。たとえば、「血圧」に関するエビデンスを調べるのであれば、「高血圧(hypertension)」「心血管機能(cardiovascular function)」など、具体的な疾患名だけでなく、間接的な検索語も設定する必要がある。

suppl2

 この作業で重要なのは、検索語を増やす場合、順を追って増やし、検索数を確認して進めることである。つまり、まず「素材名」でどれぐらいの検索結果が得られるか(検索ワードを増やすと増えるのか?)を確認し、機能性やヒト試験などで絞り込む時にどの程度減るのかを確認して、自分の調べたい作業と合っているかどうかを常に確認してほしい。

 検索して極端に検索結果が減る時は、検索語が一般的でない場合があり、検索語を増やすなど、検索に漏れがないように気を付けてほしい。また、検索する過程の記録も必要だ。検索した日が「いつ」であり、まず「素材名」だけで検索した最大数の検索結果が何件で、続いて生物種の絞り込みでどの程度に減り、最終的に1次検索として絞り込んだ結果が何件であったかなど、これらの過程はSRを行ううえで必須の情報であり、必ず記録してもらいたい。
 1部のデータベースは有料のものもあるが、登録すれば検索結果を保存できる。また、CSVで保存できる機能のあるものが多い。こういった機能も利用して検索の過程を記録し、最初の入り口が十分妥当であることを確認しながら進めることが重要である。

(つづく)

おススメ記事

2017年10月20日

ヤクルト本社、『リベシィ』がパッケージコンテストで受賞

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は20日、基礎化粧品シリーズ『リベシィ』が、日本包装技術協会主催の「2017日本パッケージングコンテスト」で化粧品包装部門賞を受賞したと発表した。  同シリーズは、加 […]

2017年10月20日

インフォームドチョイス、日本新薬が認証取得

 (有)バイオヘルスリサーチリミテッド(東京都文京区、池田秀子社長)は20日、日本新薬(株)(京都市南区)がサプリメントのアンチ・ドーピング認証である「インフォームドチョイス認証」を取得したと発表した。  認証された『W […]

2017年10月20日

協和、「葛の花」機能性表示食品の広告で謝罪

 (株)協和(本社:東京都新宿区、堀内泰司代表)は20日、機能性表示食品のサプリメントを摂取するだけで痩身効果が得られると誤認させるような表示を行っていたとして、全国紙に謝罪広告を掲載した。  同社は、葛の花由来イソフラ […]

東京都の物産展で「賞味期限切れ」の甘酒を販売

 東京都と全国地方新聞社連合会が共同で開催している「都庁展望室 日本全国物産展」で販売した『酒蔵仕込みのあま酒』(製造元:下関酒造(株))の一部に、賞味期限切れの商品が含まれていたことを受けて、都庁展望室日本全国物産展事 […]

豪州、健康食品から発がん性成分を検出

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は19日、オーストラリアTGAが発がん性の恐れがある成分を含む健康食品について注意喚起を行ったと発表した。  健康食品『Jimpness Beauty Fat Loss capsule […]