健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度は本当に厳しいか?(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年05月26日

新制度は本当に厳しいか?(前)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

 来春に導入される新・機能性表示制度の消費者庁案に対し、健康食品業界内外から「厳しすぎる」という声をよく聞く。「トクホ並み」という声も。だが、本当にそうだろうか?入手可能な情報をもとに客観的に分析してみた。

<米国と同様に成分ベースの文献調査で対応可能>
 新制度については、閣議決定で「米国のダイエタリーサプリメントの表示制度を参考にしつつ、安全性の確保も含めた運用が可能な仕組み」が求められている。そこで、米国制度と比較しながら、消費者庁案の”厳しさ”の程度を検証する。

 表1は、米国ダイエタリーサプリメント制度、日本の健康食品に関する現行制度、消費者庁の新制度案のそれぞれの安全性確保に対する主な取り組みを一覧にしたものである。たしかに新制度案は、現行制度よりもかなり厳しいものとなる。しかし、米国制度と比較すると大して変わらない。むしろ、米国のようにGMP準拠の義務づけがない分、緩やかである。

k_hyou1_s (1)

 表2は、米国でダイエタリーサプリメントを販売する際に、NDI(New Dietary Ingredient:新規成分)に該当する場合に必要とされる主な試験と、日本のトクホ申請時に必要とされる主な安全性試験を並べている。(現在NDI届出に必要な試験項目が明記されていないため、米国食品医薬品局:FDAが2011年に出したガイダンス案から引用)。

k_hyou2_s (1)

 新制度案では「トクホの安全性評価に必要な情報を参考に、安全性試験に関する情報を評価する」と書かれているので、「トクホ並みに厳しい」という誤解が生じていると思われる。新制度案は米国と同様に、成分ベースの文献調査で対応可能な点を見落としてはいけない。トクホは最終製品による試験の実施が必要だが、新制度案では原則、試験の実施は必要ない。

 これが米国GRAS(Generally Recognized As Safe)確認となれば、数段レベルの高い安全性試験が必要となる。新制度の対象は一般加工食品や生鮮物を含むすべての食品となるので、米国ならGRASを求められることになる。それを考えると、「むしろ甘い」と言われても否定できない。

(つづく)

おススメ記事

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(後)

<安全性の問題は過去の話> 【解説】  遺伝子組み換え表示制度は2001年4月に施行された。食品表示を所管していた農林水産省は1997年に、制度導入に向けて検討会を発足。当時、検討会を傍聴して感じたのは、会合を何度重ねて […]

消費者庁、遺伝子組み換え表示の見直しで初会合(前)

<来年3月めどに結論>  遺伝子組み換え食品の表示制度を見直すため、消費者庁はきょう(26日)、「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」の初会合を開き、検討作業に着手した。来年3月をめどに結論を取りまとめる。  検討会は学 […]

ディーフット、季節限定のスキンケアスプレー発売

 (株)ディーフィット(東京都新宿区、立川真由美代表)は26日、季節限定のスキンケア商品『アウトドアでも優しくお肌を守ってくれるスキンスプレー』を発売する。  ラベンダー油やユーカリ油などの天然製油を配合。蚊や虫が多く出 […]

たかくら新産業、オーガニック素材使用の犬用歯磨き粉を発売

 (株)たかくら新産業(本社:東京都港区、高倉健社長)は25日、オーガニック素材を用いた犬用の歯磨き粉『オーガニック ホワイトニング トゥースペースト ピーチ味』を発売した。  同品はアロエベラの液汁をベースに、オリーブ […]

2017年04月26日

キューサイ、機能性表示食品『ハツラツQ10』を発売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は5月1日、機能性表示食品のサプリメント『ハツラツQ10』(460mg×30粒)を発売する。  関与成分は還元型コエンザイムQ10。「 […]