健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度は本当に厳しいか?(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年05月26日

新制度は本当に厳しいか?(前)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

 来春に導入される新・機能性表示制度の消費者庁案に対し、健康食品業界内外から「厳しすぎる」という声をよく聞く。「トクホ並み」という声も。だが、本当にそうだろうか?入手可能な情報をもとに客観的に分析してみた。

<米国と同様に成分ベースの文献調査で対応可能>
 新制度については、閣議決定で「米国のダイエタリーサプリメントの表示制度を参考にしつつ、安全性の確保も含めた運用が可能な仕組み」が求められている。そこで、米国制度と比較しながら、消費者庁案の”厳しさ”の程度を検証する。

 表1は、米国ダイエタリーサプリメント制度、日本の健康食品に関する現行制度、消費者庁の新制度案のそれぞれの安全性確保に対する主な取り組みを一覧にしたものである。たしかに新制度案は、現行制度よりもかなり厳しいものとなる。しかし、米国制度と比較すると大して変わらない。むしろ、米国のようにGMP準拠の義務づけがない分、緩やかである。

k_hyou1_s (1)

 表2は、米国でダイエタリーサプリメントを販売する際に、NDI(New Dietary Ingredient:新規成分)に該当する場合に必要とされる主な試験と、日本のトクホ申請時に必要とされる主な安全性試験を並べている。(現在NDI届出に必要な試験項目が明記されていないため、米国食品医薬品局:FDAが2011年に出したガイダンス案から引用)。

k_hyou2_s (1)

 新制度案では「トクホの安全性評価に必要な情報を参考に、安全性試験に関する情報を評価する」と書かれているので、「トクホ並みに厳しい」という誤解が生じていると思われる。新制度案は米国と同様に、成分ベースの文献調査で対応可能な点を見落としてはいけない。トクホは最終製品による試験の実施が必要だが、新制度案では原則、試験の実施は必要ない。

 これが米国GRAS(Generally Recognized As Safe)確認となれば、数段レベルの高い安全性試験が必要となる。新制度の対象は一般加工食品や生鮮物を含むすべての食品となるので、米国ならGRASを求められることになる。それを考えると、「むしろ甘い」と言われても否定できない。

(つづく)

おススメ記事

2017年06月27日

JIHFS、GMPテーマに記念講演会を開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は26日、第8回定期総会の記念講演会を学士会館(東京都千代田区)で開催した。  同協会顧問でGMP審査会委員長の谷本剛氏が、「健康食品の品質確保等の考え方及びそ […]

サツドラHD、5月期決算を発表

 サツドラホールディングス(株)(本社:北海道札幌市、富山浩樹社長)はこのほど、2017年5月期決算が売上高878億4,400万円、営業利益13億1,800万円、経常利益13億3,300万円、当期利益7億800万円となっ […]

消費者委員会、「課徴金を適格消費者団体の運用に」と要望

 消費者委員会は27日、景品表示法に基づく課徴金制度の運用方法について議論した。出席した委員からは、納付された課徴金の使途を見直すように求める意見が聞かれた。  消費者庁の担当課は、昨年4月の施行後、三菱自動車工業や日本 […]

カネリョウ海藻、天草の海で養殖したワカメ販売

 カネリョウ海藻(株)(本社:熊本県宇土市、高木良樹社長、TEL:0120-37-4008)はこのほど、地元天草の海で養殖した同社オリジナルの塩蔵ワカメ『つなぐわかめ』(200g、20g×10袋入り)を同社の通販「おかげ […]

2017年06月27日

ビーエイチエヌ、「イチョウ葉エキス」で機能性表示食品を提案中

 ビーエイチエヌ(株)(本社:東京都千代田区、石原健夫社長、TEL:03-5281-5661)は、システマティック・レビュー(SR)に対応した機能性表示食品のサポートに力を入れている。  「イチョウ葉エキス」については、 […]