健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度の食品表示基準案(4)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月05日

新制度の食品表示基準案(4)

<消費者団体やマスコミからの通報も>
 4日開催の消費者委員会・本会議で、出席した委員から様々な質問が飛んだ。各委員と消費者庁との主なやり取りをまとめた。

 委員 消費者庁は要件に違反した商品を取り締まることになるが、届出番号を取り消すこともあるか?

 消費者庁 基本的に、通常の加工食品として販売してもらうことになる。または届出番号を削除してもらったり、レビューをやり直してもらったりする。その間は機能性を表示できない。

 委員 消費者庁による監視だけでなく、外部から通報を消費者庁に寄せてもらう工夫が必要だ。消費者団体やマスコミなどの力を借りる工夫をするのか?

 消費者庁 外部の目を活用したいので、企業にホームページで情報を開示してもらう。企業が消費者庁へ届け出た情報も開示する。疑念を持った人に通報してもらうことになり、疑義照会が集まれば取り締まる。

 委員 新制度よりも、(違法な表示を行っている)いわゆる健康食品があふれているので、何とかしてほしい。

 消費者庁 しっかりと取り締まる。新制度によって良い商品が消費者に浸透すれば、(いわゆる健康食品の市場は)シュリンクしていくと考えられる。

<「ヘルシーDo」を加えることは可能>
 委員
 新制度と諸外国の制度を比べて違う点は?

 消費者庁 安全性と機能性に関する情報を全面的にオープンにする点が違う。米国の制度はそうでなく、(日本が新制度で)自慢できる点だ。

 委員 トクホ制度で却下された商品が、新制度で機能性を表示できるか?

 消費者庁 トクホの許可をあきらめた商品が、新制度を活用して市場に出ることは、論理的にはあり得る。ただし、新制度の要件に沿って実施しなければならない。

 委員 北海道の「ヘルシーDo」と新制度の関係は?

 消費者庁 「ヘルシーDo」は機能性研究を行った事実を表示しているだけなので、新制度に加えることは可能。自治体の取り組みと矛盾がなければ、加えることができる。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2018年05月22日

【7/11】ICCRステークホルダーセッション

 日本・米国・EU・カナダ・ブラジルの化粧品規制当局で組織する化粧品規制協力国際会議(ICCR)は7月11日、ICCRステークホルダーセッションをイイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区)で開催する。化粧品規 […]

ブロイラーなのに「地鶏」、消費者庁が措置命令

<居酒屋「塚田農場」「じとっこ組合」のメニュー表示が景表法違反>  居酒屋で提供する鶏料理にブロイラーを使用していたのにも関わらず、「地鶏」を使用していると誤認させるメニュー表示を行ったとして、消費者庁は22日、居酒屋チ […]

ファンデリー、塩分・タンパク質カットの『ミールタイム五目炒飯』発売

 (株)ファンデリー(本社:東京都北区、阿部公祐代表)は6月1日、味の素冷凍食品(株)と共同開発した『ミールタイム五目炒飯』を発売する。  1袋(200g)当たりの塩分が0.8g、タンパク質が5.4gで、通常のチャーハン […]

大正製薬、コバラサポートシリーズから新製品登場

 大正製薬(株)(本社:東京都豊島区、上原茂社長、TEL:0120-81-8428)は6月4日、空腹感を満たす飲料『コバラサポート ふくらみplus キウイ&パイン風味』を新発売する。全国のドラッグストアや通販「大正製薬 […]

母乳中のオステオポンチン濃度、産後日数にともない低下

<日本・中国・韓国・デンマークの4カ国による共同研究>  雪印ビーンスターク(株)(本社:東京都新宿区、平田公孝社長)は21日、日本・中国・韓国・デンマークの4カ国間の共同研究で、母乳中のオステオポンチン(OPN)濃度が […]