健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度の食品表示基準案(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月05日

新制度の食品表示基準案(3)

<表示禁止事項をより明確化>
 引き続き、食品表示基準案について、パブコメ案からの修正点を見ていく。加工食品では、容器包装の表示面積がおよそ30平方センチメートル以下の場合に「原材料名」や「添加物」などの表示を省略できるが、基準案は省略規定から「機能性表示食品を除く」ことを明確にした。トクホ制度と整合性を取ったかたちだ。

 表示禁止事項についても追記した。新制度は、栄養表示のルールに則って強調表示を行う場合を除き、消費者庁に届け出た関与成分以外の成分を強調することを禁止している。基準案は、関与成分以外の成分について「別表第9の第1欄に掲げる栄養成分を含む」と追記した。具体的には、たんぱく質・炭水化物・食物繊維をはじめ、亜鉛・カリウム・カルシウムなどのミネラル類、ビタミンA・B群・Cなどのビタミン類を指している。

<商品買い上げ調査で市販後をモニタリング>
 4日の消費者委員会・本会議で、消費者庁の担当官は新制度の概要を報告した。安全性確保で品質管理手法のGMPを義務づけないと説明。その理由に、「GMPは特定の民間団体の規格であり、国が義務づけることは難しい。GMP認証は手数料が発生し、義務づけると国が特定の民間団体の収入を確保してしまう」ことを挙げた。委員から異論は出なかった。

 新制度で可能となる機能性表示の内容にも言及。「『ひざの調子を整える』や『目の健康を維持する』などは可能だが、『花粉症が気になる人』などはだめ」と説明した。また、容器包装の表示以外による情報開示として、企業のホームページで公表することを求めた。透明性を高める観点から、「商品情報を消費者に公開してもらう」と話した。

 消費者庁は新制度を適切に運用するために、販売後のモニタリングに注力する方針を示した。「新制度の販売商品をランダムに買い上げて、届出のとおりに表示されているかなどをチェックする。違反があれば、法に基づいて指導などを行う」と強調した。消費者がトクホ・栄養機能食品・新制度の違いなどを理解できるように、啓蒙活動にも力を入れる考えだ。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

日本の伝統的食事ではなく、「欧米型」などで死亡リスク低下

<コーヒーや乳製品などの効果もリスク低下の要因>  (国研)国立がん研究センターの研究グループがこのほど公表した調査結果から、日本の伝統的な食事と、ガン・循環器疾患などによる死亡リスクに関連性がないことがわかった。一方、 […]

2017年05月26日

【6/24】公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」

 消費者委員会は6月24日、公開シンポジウム「健康食品の適切な利用法と広告の見方」を岩手県自治会館(岩手県盛岡市)で開催する。  基調講演は、消費者委員会委員長の河上正二氏による「消費者委員会の活動と食品表示のあり方」。 […]

QOLサポート研究会、「心の測定」をテーマに講演

 NPO法人QOLサポート研究会(松本高明理事長)は25日、「心と脳を科学する」をテーマに、第12回講演会をミューザ川崎(神奈川県川崎市)で開催した。理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター細胞機能評価研究チーム […]

2017年05月26日

アマニフォーラム実行委員会、セミナーを都内で開催

 アマニフォーラム実行委員会は25日、「第1回アマニフォーラム セミナー」を都内で開催した。スペシャルゲストとして招かれた「モンサンクレール(東京・自由が丘)」のオーナーパティシエである辻口博啓氏は、アマニを使ったスイー […]

2017年05月26日

第4回クリルオイル研究会、森下竜一氏が講演

 クリルオイル研究会(矢澤一良会長)は25日、東京ビックサイト(東京都江東区)で第4回クリルオイル研究会を開催した。関係者70人が参加した。  大阪大学大学院教授の森下竜一氏は、23日に規制改革推進会議が安倍首相に提出し […]