健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度の食品表示基準案(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月04日

新制度の食品表示基準案(2)

<パブコメの意見を反映し、一部修正へ>
 消費者庁が消費者委員会に諮問した食品表示基準案は、パブリック・コメントで寄せられた意見を反映させている。パブコメ開始時の基準案(パブコメ案)からの変更点を見てみる。

 まず、「機能性表示食品」の定義を規定する文言が修正された。パブコメ案では、対象外とする食品の1つに「特定保健用食品」を挙げていたが、「特別用途食品」に変更。これにより、特定保健用食品に加えて、特別用途食品の乳児用調製粉乳や妊産婦・授乳婦用粉乳なども対象外であることを明確にした。さらに、対象外の食品に「栄養機能食品」を追記した。
 パブコメ案で記載されていた「保健機能食品を使用対象としている添加物を用いていないものに限る」の文言が削除されたが、「主旨は変わっていない」(消費者庁食品表示企画課)としている。

 義務表示の内容も一部の項目で修正した。「栄養成分の量および熱量」について、熱量・たんぱく質・脂質・炭水化物・ナトリウム以外の栄養成分を表示する場合、1日摂取目安量あたりの当該成分量をナトリウム量の次に表示することを追記した。

 食品関連事業者の連絡先についてパブコメ案は、表示の責任者の電話番号、または電話番号が記載されているウェブサイトのアドレスを表示するとしていた。しかし、基準案では「電話番号を表示する」だけに変更。これは、高齢者などインターネットを利用しない層に配慮したためだ。

 国による評価を受けたものでない旨の表示は、パブコメ案にあった「一定の科学的根拠に基づき」の文言を削除。パブコメで寄せられた”字数が多い”などの意見に対応した。
 また、パブコメ案で示した「疾病に罹患している者は医師に相談した上で摂取すべき旨」と、「医薬品を服用している者は医師、薬剤師に相談した上で摂取すべき旨」の表示を1つに合体させた。食品表示基準案では「疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください」と定めている。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

カリーナ、アレルギー表示欠落でカレー商品を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは18日、(株)カリーナ(仙台市青葉区)による『杜王町カレー』の自主回収情報を掲載した。「小麦」・「乳」・「エビ」のアレルギー表示の欠落が原因。これらの食物アレルギーを持つ人は摂取しないよう […]

2017年08月18日

マリーンバイオ、沖縄産植物素材の引き合いが増加

 マリーンバイオ(株)(本社:東京都千代田区、染谷浩社長)では、沖縄産植物素材を供給している。供給開始から2年目に入り、作り手の顔が見えて安心で使いやすい素材として認知度が上昇。顧客から高い評価を得て、順調に推移している […]

常盤薬品工業、プラセンタ配合の飲料を発売

 常盤薬品工業(株)(本社:東京都港区、中野正隆社長、TEL:0120-875-710)は9月4日、プラセンタなどを配合した飲料『ビューパワー プランセンタ・コラーゲン<ドリンク>』を新発売する。  プラセンタとコラーゲ […]

2017年08月18日

種商、「国産雑穀各種」の供給量が前年比120%に

 (株)種商(本社:佐賀県鳥栖市、諸冨和馬社長)は、「国産雑穀各種」年間供給量が1,000トンに達し、前年比120%と伸びている。  同社は、もちきびやアマランスなどの希少な雑穀原料を配合した「国産雑穀各種」、国産雑穀1 […]

慶応大、リンの代謝が寿命を制御

 慶應義塾大学医学部先進運動器疾患治療学寄付講座・特任准教授の宮本健史氏らの研究グループは17日、食事で摂取されるリンの代謝が寿命を制御することを突き止めたと発表した。同研究は、JSPS科研費や(国研)日本医療研究開発機 […]