健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度の食品表示基準案(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月04日

新制度の食品表示基準案(1)

<報告書の内容をそのまま施行通知やガイドラインに>
 消費者委員会・本会議は4日、消費者庁の新・機能性表示制度の食品表示基準案について審議した。消費者庁の検討会報告書で示された制度内容に対し、本会議は大筋で理解を示した。今後は下部組織の食品表示部会の議論を経て、本会議で答申を取りまとめる。

 消費者庁が消費者委員会に諮問した食品表示基準案は、パブリック・コメントの結果を反映させて一部修正したもの。パブリック・コメントで「相当数の意見が寄せられた」(消費者庁食品表示企画課)としている。消費者委員会では本会議が制度全体を議論し、食品表示部会が食品表示基準案を議論する。

 食品表示基準案には、新制度で機能性を表示するための要件を規定。その詳細は施行通知やガイドラインに示す。パブコメで寄せられた意見を反映させた結果、パブコメ開始時の基準案を一部修正しているが、検討会報告書で示されたポイントはすべて維持された。

 この日の本会議でも制度内容について大筋で賛同を得たことから、報告書のとおりに制度設計される見通しだ。河上正二委員長の「報告書の中身が確実にガイドラインに落とし込まれるのか」という質問に、消費者庁の担当官は「報告書と違うものが出てくることはないと約束する。報告書の施策が抜け落ちることもない」と明確に答えた。

 このことから、関与成分を定性分析できない、または定量化できないものは新制度の対象外となることも確定。食事摂取基準で基準が設定されているビタミン・ミネラルが対象外となることも明確となった。消費者庁の検討会に続き、消費者委員会でもこれらの施策を含む制度設計が支持されたと言える。

 消費者委員会の議論を通して、消費者・アカデミア・法律家・ジャーナリストなどの代表が、科学的エビデンスが十分で、より安全な商品を提供できる制度を求めている様子が浮かび上がった。一方、健康食品関連の業界団体は検討会での議論に完敗した後も、目先の業界利益のために、関与成分などで緩和策の陳情を続けている。だが、消費者やアカデミアの支持を得られない制度は成立しない。もはや”負け犬の遠吠え”の状況にある。

 本会議の各委員が新制度に一定の理解を示した理由に、透明性の高い制度で、消費者が安全性・機能性情報を入手して商品選択できることがある。安全性や機能性の科学的根拠が一定水準に設定されたこともポイント。さらに、届出制でありながら、国が関与することでインチキ商品を排除する方針を示した点も評価されたようだ。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

消費者志向自主宣言企業、キッコーマンなど2社が参加

 消費者庁は18日、消費者志向自主宣言企業の第2次募集の結果、キッコーマン(株)と日本電気(株)の2社から自主宣言が届け出されたと発表した。  これは、企業が自主的に消費者志向経営を行うことを宣言し、宣言内容に沿った取り […]

キューサイ、粉末タイプの青汁を期間限定販売

 キューサイ(株)(本社:福岡市中央区、神戸聡社長、TEL:0120-327-831)は6月27日、粉末タイプ青汁『Kale de Kale Fiber』(3.5g×6本)をウェブサイトと都内2店舗で、期間限定で販売する […]

富士フイルム、馬用サプリメントを発売

 富士フイルム(株)(本社:東京都港区、助野健児社長、TEL:042-339-8920)は21日、馬用サプリメント『ピュア サラシア』(480g)を代理店経由で新発売する。  サラシノールを配合し、サラシア抽出物中の苦み […]

2018年05月18日

野菜ジュースの継続摂取で健康被害

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は17日、「カロテン」に関する安全性情報を公表した。  それによると、日本国内で47歳の男性が、1日当たり900mlの野菜ジュースを3年間にわたって摂取したところ、柑皮症を発症した。野 […]

2018年05月18日

米国でタンパク質高含有のホエイ製品が拡大

 アメリカ乳製品輸出協会(USDEC)日本事務所は18日、米国産乳由来プロテインセミナー「アクティブな毎日を支える乳由来たんぱく質―日常の食生活で手軽にホエイ摂取ができる商品提案―」を開催した。  同協会のジェフリー・マ […]