健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度の食品表示基準案を公表(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年08月28日

新制度の食品表示基準案を公表(後)

<「国の評価を受けていない旨」の表示方法を示す>

 食品表示基準案は、新制度で求められる表示事項を定めている。加工食品・生鮮食品ともに、「機能性表示食品」と表示し、新制度に届け出た食品であることを明確にする。関与成分名や機能性表示も必須。1日摂取目安量、1日摂取目安量あたりの関与成分含有量も表示しなければならない。

 事業者が消費者庁に届け出た際に付与される「届出番号」も表示事項に盛り込んだ。店頭などでパソコンやスマートフォンから消費者庁のデータベースへアクセスし、商品に記載されている届出番号を入力すると、詳細な商品情報を確認できるようにする。

 消費者庁の検討会で議論された「機能性・安全性について国による評価を受けたものでない」の表示について、詳細な表示方法を示した。「本品は一定の科学的根拠に基づき、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨の表示を行うものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません」と表示する。
 摂取方法、摂取時の注意事項、調理・保存方法の注意事項などは、届け出た内容を表示することとした。このほか、「本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません」、「体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください」といった表示も必須としている。

 さらに、加工食品については「本品は、疾病に罹患している人、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む)および授乳婦を対象に開発された商品ではありません」と表示しなければならない。

<表示禁止事項を明記>

 食品表示基準案は、表示禁止事項も規定している。加工食品・生鮮食品ともに、疾病の治療効果や予防効果を標榜する表示を禁止する。消費者庁長官の評価・許可・承認を受けたと誤認させるような表示も禁止となる。

また表示禁止事項に、届け出た関与成分以外の成分を強調するケースを挙げた。ただし、栄養表示のルールに従って行う「栄養強調表示」は除く。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

遺伝子組み換え表示、コーンフレークの追加を見送り

<検査法の再現性、確認できず>  消費者庁の「遺伝子組み換え表示制度に関する検討会」は17日、遺伝子組み換え(GM)表示制度の対象品目に追加する方向で検討していた「コーンフレーク」について、再現性のある検査法が確立されて […]

ジャパンライフ、1年以内に3度目の行政処分

<3月の行政処分を受け、新たなビジネス>  装着タイプ磁気治療器の販売取引で特定商取引法に違反したとして、消費者庁は17日、ジャパンライフ(株)(東京都千代田区、山口ひろみ社長)に対し、業務提供誘引販売取引について12カ […]

2017年11月17日

フジッコ、黒大豆種皮抽出物で臨床試験終了

 フジッコ(株)(本社:兵庫県神戸市、福井正一社長、TEL:078-303-5925)は、黒大豆種皮ポリフェノールを豊富(58%以上)に含む『クロノケアSP』で、機能性表示食品制度への届出準備に入った。  今年3月に開催 […]

2017年11月17日

コトブキ薬粧、大阪の展示会で新サービス提案

 コトブキ薬粧(株)(本社:大阪市中央区、和田洋治社長、TEL:06-4963-2877)は28日から30日までの3日間、インデックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「中小企業新ものづくり・新サービス展」に出展する。大 […]

クリスマス限定パッケージの『Newヤクルト』発売

 (株)ヤクルト本社(本社:東京都港区、根岸孝成社長)は11月下旬~12月下旬の期間、クリスマスシーズン限定パッケージの乳製品乳酸菌飲料『Newヤクルト』、『Newヤクルトカロリーハーフ』を全国で発売する。容器にクリスマ […]