健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度の機能性表示を考察(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月27日

新制度の機能性表示を考察(5)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

<リコピンの可能性を考える>

 トマト由来の抗酸化作用をもつリコピンも、研究数の多い成分だ。研究対象は生活習慣病予防領域、美肌・美白、脳、関節、骨、免疫バランスと幅広い。しかし、国内の研究は動物試験が中心で、ヒト試験が少ない。

 米国ダイエタリーサプリメントの場合、「心臓の健康をサポートします」「男性の前立腺の健康をサポートします」が機能性表示の中心となっている。一方、欧州では、ネスレとロレアルのコ・ブランド「Inneov」が肌の健康を訴求するサプリメントとして人気だが、EFSA(欧州食品安全庁)は、「Inneov」の「乾燥肌の状態改善を助けます」というヘルスクレームに対して「根拠なし」と判断し、承認しなかった。

 現在のヒト試験の状況からすると、以下のような表示の可能性がある。
 「リコピンは骨の健康維持をサポートします」
 「リコピンは男性の前立腺の健康維持をサポートします」
 「リコピンは心臓の健康維持をサポートします」

<米国の違反事例>

 米国ダイエタリーサプリメントの機能性表示に対する取り締まりは、FDA(Food and Drug Administration)とFTC(Federal Trade Commission)が担当している。FDAは商品のラベルと付帯する資料を法的に管理し、FTCは広告表現を管理する。

 DSHEA(ダイエタリーサプリメント健康教育法)では、情報の虚偽などを立証する責任はFDAが負うとされており、FDAによる機能性表示の摘発事例はほとんどない。むしろ、広告・表示の根拠の乏しさをFTCが告訴するケースがほとんどである。

 米国で不正な商行為を監視している非営利団体「商業改善協会(BBB)」の1部門である全米広告部門(NAD)が業界団体のCRNと協力して、ダイエタリーサプリメントの広告の監視を強化する自主プログラム(Advertising Review Program)を実施している。本プログラムでは、不十分な研究例として以下のケースを挙げている。
 (1)盲検化された研究でない
 (2)プラセボを使用していない
 (3)被験物質、プラセボ物質の不十分な説明
 (4)研究被験者数が少ない
 (5)研究方法が有効ではない、科学的に認知されていない
 (6)被験者の同質性がない(例:研究結果の外挿の可能性がない)
 (7)研究対象と異なる対象に販売している

 消費者庁の新・機能性表示制度をみると、研究の質について検討会報告書で言及しているが、(6)(7)も判断基準に含まれることは容易に想像できる。

(つづく)

おススメ記事

雪メグ、家庭用マーガリンのパッケージ変更

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は26日、家庭用マーガリン類・ショートニングの全12商品のパッケージデザインを変更すると発表した。新パッケージの商品は5月中旬から順次出荷する。  「雪印メグミル […]

2018年04月27日

ファンケル3月期、大幅な増収増益に

 (株)ファンケル(本社:神奈川県横浜市、島田和幸社長)が26日に発表した2018年3月期決算(連結)は、売上高が1,090億1,900万円(前年比13.2%増)、営業利益が84億4,800万円(同276.4%増)の増収 […]

厚労省、食薬区分を改正

 厚生労働省はこのほど、通知「無承認無許可医薬品の指導取り締まりについて」(46通知)で定める医薬品の範囲に関する基準(食薬区分)を改正した。  「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リ […]

消費者庁のセカンドオピニオン事業、昨年度は48件実施

<ルテイン、テアニン、グルコサミンなど対象に>  健康食品の機能性などを専門家が検証する消費者庁の「セカンドオピニオン事業」は、2016年度に34件、17年度に48件が実施された。厚生労働省が2月に開催した全国生活衛生・ […]

森永乳業、国連「グローバル・コンパクト」に署名

 森永乳業(株)(本社:東京都港区、宮原道夫社長)は26日、CSRの取り組みを推進するため、「国連グローバル・コンパクト(UNGC)」に署名したと発表した。  UNGCは、各企業・団体が社会の一員として行動し、持続可能な […]