健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度の機能性表示を考察(3)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月25日

新制度の機能性表示を考察(3)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

<抽象的な表現の実証は困難>

 引き続き、具体的な成分・素材を例に挙げて、新・機能性表示制度で可能となりそうな機能性表示の内容を考察する。

 まずは「アスタキサンチン」について。アスタキサンチンの代表的な作用機序は抗酸化作用であるが、血流改善機能も確認されている。とくに、肩の血流量の増加や網膜血管の血流量の増加など、特定の部位での血流改善効果が報告されている。

 アスタキサンチンで考えられるヘルス・ベネフィットは、「肩こり、冷え性改善」「眼精疲労改善」「認知機能の改善」「メタボリックシンドローム改善」「色素沈着抑制作用、メラニン生成抑制作用、光加齢抑制作用」など多岐にわたる。これらのヘルス・ベネフィットから落とし込み可能な機能性表示を考えると、以下のようになる。

 「アスタキサンチンは血液循環を正常に保つのを助けます」
 「アスタキサンチンは目の健康維持をサポートします」
 「アスタキサンチンは脳の健康維持をサポートします」
 「アスタキサンチンは肌の健康維持をサポートします」

jirei02

 続いて、「コラーゲン」の場合はどうか。コラーゲンについては機能性関与成分の検討、作用機序の確認作業が今まさに進められている段階である。10月29日に新田ゼラチン(株)が開催した「第2回コラーゲンペプチドシンポジウム」では、機能性関与成分としてコラーゲン・ジ・ペプチドを考えていると報告。肌以外にも骨や関節、筋肉、毛髪など複数の科学的エビデンスについて、システマティック・レビューを実施中と説明していた。

 ここでは、米国の表示事例を参考に、コラーゲンの機能性表示の可能性を示したい。当然ながら、新制度のもとで以下のような表示を行うためには、十分な科学的エビデンスが必要となる。

 「爪・髪・骨・腱・筋肉を強く丈夫にし、肌をなめらかに保つ」
 「輝くなめらかな肌、潤いのある肌、強い爪のために」
 「シワ・線を目立たなく滑らかにする」
 「若々しく十分な水分のある肌を増進する」
 「肌に活力を与える配合で加齢による諸症状と戦う」
 「コラーゲンが健康的な肌の構造をサポートする」
 「健康的な髪をサポート、うるおいのある肌を増進する」
 「健康な関節をサポートする」
 「骨と関節をサポートする」

 これらはあくまで米国での表示事例であり、このとおりの表示は難しい点もある。たとえば、「輝く」「なめらかな」「潤いのある」などは抽象的な表現のため、実証することは難しいと考えられる。しかし、新制度のもとで表示可能な部位が広がれば、頭打ちとなっているコラーゲン市場が再び拡大する可能性も出てくる。

(つづく)

おススメ記事

森永製菓、微炭酸の甘酒飲料を発売

 森永製菓(株)(本社:東京都港区、新井徹社長、TEL:0120-560-162)は22日、健康志向の炭酸飲料『スパークリング甘酒』を期間限定で発売する。  国産の酒粕と米麹をブレンドした甘酒を微炭酸に仕立てた。夏場の甘 […]

2018年05月21日

【5/24・25】「あおもりPG商品企画アカデミー」事業説明会

 青森県は24・25日、県内の企業を対象に「あおもりPG商品企画アカデミー」事業説明会を2会場で開催する。  「あおもりPG商品企画アカデミー」は、あおもりPG(プロテオグリカン)を使った健康食品や化粧品などの商品開発に […]

2018年05月21日

ミドリムシ粉末に筋委縮症状抑制作用の可能性

 (株)ユーグレナ(本社:東京都港区、出雲充社長)は18日、九州大学・立花宏文教授と行った動物実験により、ミドリムシ粉末に筋委縮症状の抑制作用があることが示唆されたと発表した。  ミドリムシ粉末を摂取させたマウス(ミドリ […]

新生薬品工業、胃腸薬を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは18日、新生薬品工業(株)(奈良県高市郡)による胃腸薬(第3類医薬品)の自主回収情報を公表した。  対象商品は『甘樫胃腸丸』(ロット:C04、D05・06・07・08・09)。外袋の効能ま […]

2018年05月21日

AIFN、食の安全テーマに記者向けセミナー開く

 国際栄養食品協会(AIFN)は18日、「食の安全を考える記者向け連続セミナー」の第1回目を都内で開催した。「食の安全もガラパゴス化?有機食品、食品添加物、健康食品の海外比較」をテーマに、AIFN関係者などが講演した。 […]