健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度の機能性表示を考察(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月20日

新制度の機能性表示を考察(1)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

<マーケティングとサイエンスが両輪に>

 新・機能性表示制度で可能となる機能性表示とは、どのようなものだろうか。消費者庁の検討会報告書や食品表示基準案の議論、米国の事例などを踏まえて、考察してみる。

 新制度のもとで機能性表示を検討する場合、いくつかのステップに分けて考えると便利である。筆者は以下の4つのステップに分けて考えている(図1を参照)。
(1)機能性関与成分の確定(最終製品での分析方法も確立)
(2)機能性関与成分の作用機序の考察
(3)ヒト試験による機能性の実証
(4)可能な機能性表示の範囲内で伝えたい表現を決定

zu1

 新制度では、企業が表示内容や表現方法を工夫し、自己責任によって決定する。決められたルールのなかで、企業が消費者に伝えたい言葉を考えて、選ぶことができる。この点が、新制度の持つ柔軟な部分であると考えられる。この柔軟性を活用することで、新たな需要の喚起も可能になるだろう。

 ただし、やみくもに考えているだけでは、良い表現は浮かんでこない。社会環境の変化にともなう課題を先取りする感性、消費者ニーズに対する深い洞察、科学に対する十分な理解が必要となる。それらの総和として、機能性表示が生み出されることになりそうだ。つまり、新制度のもとで機能性表示の範囲を決めるのは法律だけではなく、企業の力量も関係してくる。

たとえば、科学的根拠が十分にあると仮定した場合、ルテインの「目の健康を維持する」という機能性表示は、可能な表現の範囲に入ると考えられる。一方、米国ではさらに踏み込んだ機能性表示を行っている商品もある(表1を参照)。

hyou1_s (1)

 「目の健康を維持するのを助けます」という表示の商品と、「LED画面等から出るブルーライトから目を保護するのを助けます」という表示の商品とでは、対象者も利用目的も異なってくる。当然、表示の根拠を実証するためのレビューの内容も異なる。表示を実証する科学的エビデンスに対する十分な理解が、消費者の心に響く機能性表示の源泉になると言える。そして、マーケティングとサイエンスの両輪が噛み合ってこそ、新制度の魅力を享受できることになる。

(つづく)

おススメ記事

消費者庁、SAKLIKITに景表法に基づく措置命令

 下着を着用するだけで、短期間に著しい痩身効果を得られると誤認させる広告を行ったとして、消費者庁は14日、(株)SAKLIKIT(大阪市中央区、安井由佳代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。  同社は自社のウ […]

2017年12月14日

【2018/2/5】愛媛県が食品表示・安全講習会

 愛媛県は来年2月5日、食品表示・安全に関する講習会をテクノプラザ愛媛テクノホール(愛媛県松山市)で開催する。定員200人、参加費は無料。  プログラムは、県からの情報提供「食べ物の安全性について~リスクとうまく付き合う […]

鹿児島くみあい食品、賞味期限切れの漬物を自主回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは13日、鹿児島くみあい食品(株)による漬物の自主回収情報を掲載した。  今月9日に開催されたイベントの「屋外特設テント」で、賞味期限が切れた『寒干し かつお風味たくあん […]

2017年12月14日

大塚製薬、コーポレートサイトを刷新

 大塚製薬(株)は13日、使いやすさと見やすさを向上させるため、コーポレートサイトを全面リニューアルしたと発表した。  レスポンシブウェブデザインを採用し、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多様なデバイスの画面サイ […]

島根県、若者のマルチ商法被害で注意喚起

 島根県消費者センターは13日、若者の間でマルチ商法による被害が広がっていることを受けて、「親しい間柄でもはっきりと断る」ことが必要とする注意喚起を行った。  相談事例として、20代の女性が大学時代の先輩に勧められて、浄 […]