健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度の機能性表示を考察(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月20日

新制度の機能性表示を考察(1)

(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

<マーケティングとサイエンスが両輪に>

 新・機能性表示制度で可能となる機能性表示とは、どのようなものだろうか。消費者庁の検討会報告書や食品表示基準案の議論、米国の事例などを踏まえて、考察してみる。

 新制度のもとで機能性表示を検討する場合、いくつかのステップに分けて考えると便利である。筆者は以下の4つのステップに分けて考えている(図1を参照)。
(1)機能性関与成分の確定(最終製品での分析方法も確立)
(2)機能性関与成分の作用機序の考察
(3)ヒト試験による機能性の実証
(4)可能な機能性表示の範囲内で伝えたい表現を決定

zu1

 新制度では、企業が表示内容や表現方法を工夫し、自己責任によって決定する。決められたルールのなかで、企業が消費者に伝えたい言葉を考えて、選ぶことができる。この点が、新制度の持つ柔軟な部分であると考えられる。この柔軟性を活用することで、新たな需要の喚起も可能になるだろう。

 ただし、やみくもに考えているだけでは、良い表現は浮かんでこない。社会環境の変化にともなう課題を先取りする感性、消費者ニーズに対する深い洞察、科学に対する十分な理解が必要となる。それらの総和として、機能性表示が生み出されることになりそうだ。つまり、新制度のもとで機能性表示の範囲を決めるのは法律だけではなく、企業の力量も関係してくる。

たとえば、科学的根拠が十分にあると仮定した場合、ルテインの「目の健康を維持する」という機能性表示は、可能な表現の範囲に入ると考えられる。一方、米国ではさらに踏み込んだ機能性表示を行っている商品もある(表1を参照)。

hyou1_s (1)

 「目の健康を維持するのを助けます」という表示の商品と、「LED画面等から出るブルーライトから目を保護するのを助けます」という表示の商品とでは、対象者も利用目的も異なってくる。当然、表示の根拠を実証するためのレビューの内容も異なる。表示を実証する科学的エビデンスに対する十分な理解が、消費者の心に響く機能性表示の源泉になると言える。そして、マーケティングとサイエンスの両輪が噛み合ってこそ、新制度の魅力を享受できることになる。

(つづく)

おススメ記事

厚労省、2020年版食事摂取基準の検討開始

<高齢者の低栄養・フレイル予防など課題に>  2020年度から使用する食事摂取基準を策定するため、厚生労働省の「『日本人の食事摂取基準』策定検討会」は20日、初会合を開き、検討に着手した。来年3月までに報告書を取りまとめ […]

山形県、健康づくりステーション創設支援事業を開始

 山形県はこのほど、やまがた健康づくりステーション創設支援事業の企画提案の募集を開始した。採択件数は広域集客型が2件(補助金額:最高265万円)、地域密着型が10件(同:最高20万円)。5月23日に締め切る。  広域集客 […]

2018年04月20日

【5/9】バイオバンク活用の補助制度説明会

 (公財)北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)と札幌市は5月9日、「バイオバンク活用のための補助制度説明会」をTKP札幌駅カンファレンスセンター(札幌市北区)で開催する。  ノーステック財団と札幌市は、北海 […]

ファミリーマート、全粒粉サンドを発売

  (株)ファミリーマート(本社:東京都豊島区、澤田貴司社長)は24日、超微細粉末の全粒粉を使用した食パンのサンドイッチ『全粒粉サンド 野菜ミックス』と『――半熟たまごとサラダチキン』を全国のファミリーマート、サークルK […]

新・大手食品営業マンの告白~カバちゃん伝説(3)

山笠太郎 <カバちゃん一世一代の危機>  ゲス6人組は、大手食品メーカーの本部長クラスのお歴々と、日本でも有数な食品卸・△△商事の「泣く子も黙る」土井本部長だった。幸いにも、そこに小生はいなかった。カバちゃんのお供をして […]