健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度の基準案、答申を先送り(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月02日

新制度の基準案、答申を先送り(後)

<「ネガティブな結論の可能性も」>
 消費者委員会本会議は次回会合で再び審議するが、その見通しは不透明。会議終了後に開かれた記者会見で、河上委員長は「(新制度の導入に)待ったをかける、邪魔をする気はない。トクホ並みの水準を保とうとしている点は評価したい。応援するとすれば制度面でという意味で、議論した」と説明。「制度の創設に反対しない。消費者にとって適切な商品選択の機会が生まれる。上手に育てないといけない。届出後に根拠がないことがわかった場合に、取り消すだけの法的な裏打ちがなされているか疑問」と述べた。

 次回会合の見通しについて、河上委員長は「状況が変わらないと、ネガティブな結論になる可能性もある」と指摘。さらに、「答申しても必ずしも拘束力を持っているわけではない。消費者庁がそのまま突き進むと、われわれが懸念することが手当てされずに進むことになる。消費者庁と正面衝突することは必ずしもよいことではない」と話した。

<期待できない消費者目線の議論>
【解説】

 消費者委員会本会議では、新制度の構想や仕組み、食品表示基準案についておおよそ賛意が得られている。それにも関わらず合意できなかったのは、その前段階の法律論をめぐって、複数の委員が納得できなかったためだ。

 新制度に対し、委員からは「応援してあげたい」「早くスタートしてほしい」といった声も多く聞かれた。その背景には、新制度の導入が、科学的根拠が乏しい「いわゆる健康食品」を市場から淘汰する契機になり得ることがある。「制度化されれば、いわゆる健康食品の市場が健全化され、消費者のためになる」とし、新制度への期待感を表明した委員もいる。

 そうした消費者の目線に立った意見も聞かれたが、その一方で、法律論に固執する委員もみられた。この日の会合は、法律に詳しい複数の委員が法律論を振り回すことに終始した、という印象をぬぐえない内容だった。

 消費者委員会は、消費者の目線に立って議論する姿勢が求められる。消費者側が求めているのは、法律論ではなく、新制度の早期導入による健康食品市場の健全化であり、適切な商品選択を可能とする仕組みである。
 十分な法的整備も必要だが、新制度を機能させるためには、国がしっかりと運営することがより重要となる。本質を欠いた各委員の発言を聞く限り、消費者の目線に立った議論はあまり期待できないようだ。消費者委員会の存在意義さえも問われかねない状況と言える。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

2017年06月27日

JIHFS、GMPテーマに記念講演会を開催

 (一社)日本健康食品規格協会(JIHFS、池田秀子理事長)は26日、第8回定期総会の記念講演会を学士会館(東京都千代田区)で開催した。  同協会顧問でGMP審査会委員長の谷本剛氏が、「健康食品の品質確保等の考え方及びそ […]

サツドラHD、5月期決算を発表

 サツドラホールディングス(株)(本社:北海道札幌市、富山浩樹社長)はこのほど、2017年5月期決算が売上高878億4,400万円、営業利益13億1,800万円、経常利益13億3,300万円、当期利益7億800万円となっ […]

消費者委員会、「課徴金を適格消費者団体の運用に」と要望

 消費者委員会は27日、景品表示法に基づく課徴金制度の運用方法について議論した。出席した委員からは、納付された課徴金の使途を見直すように求める意見が聞かれた。  消費者庁の担当課は、昨年4月の施行後、三菱自動車工業や日本 […]

カネリョウ海藻、天草の海で養殖したワカメ販売

 カネリョウ海藻(株)(本社:熊本県宇土市、高木良樹社長、TEL:0120-37-4008)はこのほど、地元天草の海で養殖した同社オリジナルの塩蔵ワカメ『つなぐわかめ』(200g、20g×10袋入り)を同社の通販「おかげ […]

2017年06月27日

ビーエイチエヌ、「イチョウ葉エキス」で機能性表示食品を提案中

 ビーエイチエヌ(株)(本社:東京都千代田区、石原健夫社長、TEL:03-5281-5661)は、システマティック・レビュー(SR)に対応した機能性表示食品のサポートに力を入れている。  「イチョウ葉エキス」については、 […]