健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度の基準案、答申を先送り(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月02日

新制度の基準案、答申を先送り(後)

<「ネガティブな結論の可能性も」>
 消費者委員会本会議は次回会合で再び審議するが、その見通しは不透明。会議終了後に開かれた記者会見で、河上委員長は「(新制度の導入に)待ったをかける、邪魔をする気はない。トクホ並みの水準を保とうとしている点は評価したい。応援するとすれば制度面でという意味で、議論した」と説明。「制度の創設に反対しない。消費者にとって適切な商品選択の機会が生まれる。上手に育てないといけない。届出後に根拠がないことがわかった場合に、取り消すだけの法的な裏打ちがなされているか疑問」と述べた。

 次回会合の見通しについて、河上委員長は「状況が変わらないと、ネガティブな結論になる可能性もある」と指摘。さらに、「答申しても必ずしも拘束力を持っているわけではない。消費者庁がそのまま突き進むと、われわれが懸念することが手当てされずに進むことになる。消費者庁と正面衝突することは必ずしもよいことではない」と話した。

<期待できない消費者目線の議論>
【解説】

 消費者委員会本会議では、新制度の構想や仕組み、食品表示基準案についておおよそ賛意が得られている。それにも関わらず合意できなかったのは、その前段階の法律論をめぐって、複数の委員が納得できなかったためだ。

 新制度に対し、委員からは「応援してあげたい」「早くスタートしてほしい」といった声も多く聞かれた。その背景には、新制度の導入が、科学的根拠が乏しい「いわゆる健康食品」を市場から淘汰する契機になり得ることがある。「制度化されれば、いわゆる健康食品の市場が健全化され、消費者のためになる」とし、新制度への期待感を表明した委員もいる。

 そうした消費者の目線に立った意見も聞かれたが、その一方で、法律論に固執する委員もみられた。この日の会合は、法律に詳しい複数の委員が法律論を振り回すことに終始した、という印象をぬぐえない内容だった。

 消費者委員会は、消費者の目線に立って議論する姿勢が求められる。消費者側が求めているのは、法律論ではなく、新制度の早期導入による健康食品市場の健全化であり、適切な商品選択を可能とする仕組みである。
 十分な法的整備も必要だが、新制度を機能させるためには、国がしっかりと運営することがより重要となる。本質を欠いた各委員の発言を聞く限り、消費者の目線に立った議論はあまり期待できないようだ。消費者委員会の存在意義さえも問われかねない状況と言える。

(了)
【木村 祐作】

おススメ記事

消費者庁、SAKLIKITに景表法に基づく措置命令

 下着を着用するだけで、短期間に著しい痩身効果を得られると誤認させる広告を行ったとして、消費者庁は14日、(株)SAKLIKIT(大阪市中央区、安井由佳代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出した。  同社は自社のウ […]

2017年12月14日

【2018/2/5】愛媛県が食品表示・安全講習会

 愛媛県は来年2月5日、食品表示・安全に関する講習会をテクノプラザ愛媛テクノホール(愛媛県松山市)で開催する。定員200人、参加費は無料。  プログラムは、県からの情報提供「食べ物の安全性について~リスクとうまく付き合う […]

鹿児島くみあい食品、賞味期限切れの漬物を自主回収

 (一財)食品産業センターの食品事故情報告知ネットは13日、鹿児島くみあい食品(株)による漬物の自主回収情報を掲載した。  今月9日に開催されたイベントの「屋外特設テント」で、賞味期限が切れた『寒干し かつお風味たくあん […]

2017年12月14日

大塚製薬、コーポレートサイトを刷新

 大塚製薬(株)は13日、使いやすさと見やすさを向上させるため、コーポレートサイトを全面リニューアルしたと発表した。  レスポンシブウェブデザインを採用し、パソコンやスマートフォン、タブレットなど多様なデバイスの画面サイ […]

島根県、若者のマルチ商法被害で注意喚起

 島根県消費者センターは13日、若者の間でマルチ商法による被害が広がっていることを受けて、「親しい間柄でもはっきりと断る」ことが必要とする注意喚起を行った。  相談事例として、20代の女性が大学時代の先輩に勧められて、浄 […]