健康情報ニュース.com > 機能性表示食品 > 新制度の基準案、答申を先送り(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月02日

新制度の基準案、答申を先送り(前)

<法律論に終始、議論は平行線>
 消費者委員会本会議は2日、新・機能性表示制度の食品表示基準に関する答申案について議論したが、合意できず、答申を先送りにした。9日に再度会合を開き、答申へ向けて議論する。

 会合では、多数の委員が注文をつけたうえで、答申しても構わないと述べた。しかし、複数の委員から、答申に反対する意見が出された。このため、河上正二委員長は「もう少し審議して確認した方がよいと感じた。この場で答申を出すのではなく、次の委員会でもう1度議論する」と締めくくった。

 継続審議を判断したのは、「制度的に脆弱」との理由からだ。法律専門家の委員を中心に、新制度の法的根拠に疑問を持つ声が聞かれた。これに対し、消費者庁の担当課は「食品表示法が根拠となる。根拠として足りていないとは考えていない」と答えた。しかし、議論は平行線をたどった。

 答申案は、新制度に対する問題意識を付帯意見として示した。付帯意見では、企業が届け出た情報を販売前から公開することや、消費者庁が市買調査によるモニタリングを検討していることなどを評価。新制度が消費者の自主的で合理的な商品選択につながるため、「本委員会として、本制度の創設は基本的に望ましいものと判断した」としている。その一方で、通知やガイドラインで示される部分が多いと指摘し、次の5つの取り組みを国に求めた。

(1)消費者庁の検討会報告書で示された施策のうち、食品表示基準に記載されていない事項がすべて施行通知やガイドラインに網羅され、安全性が必ず確保されるように検討。
(2)安全性に問題がある場合には、厳格な行政処分や罰則が科されるように、所管省庁は十分な執行体制を整備。
(3)届出後に、機能性に関する十分な科学的根拠がないと判明した場合、食品表示法に基づく回収が迅速に行われるように、所管省庁は十分な執行体制を整備。
(4)科学的根拠のない「いわゆる健康食品」のイメージ広告に対し、景品表示法や健康増進法に基づく行政処分を強化。
(5)事業者の届出義務と、要件を満たさずに機能性を表示した事業者に対する行政処分の権限について、法的基盤を補強。

(つづく)
【木村 祐作】

おススメ記事

森永製菓、微炭酸の甘酒飲料を発売

 森永製菓(株)(本社:東京都港区、新井徹社長、TEL:0120-560-162)は22日、健康志向の炭酸飲料『スパークリング甘酒』を期間限定で発売する。  国産の酒粕と米麹をブレンドした甘酒を微炭酸に仕立てた。夏場の甘 […]

2018年05月21日

【5/24・25】「あおもりPG商品企画アカデミー」事業説明会

 青森県は24・25日、県内の企業を対象に「あおもりPG商品企画アカデミー」事業説明会を2会場で開催する。  「あおもりPG商品企画アカデミー」は、あおもりPG(プロテオグリカン)を使った健康食品や化粧品などの商品開発に […]

2018年05月21日

ミドリムシ粉末に筋委縮症状抑制作用の可能性

 (株)ユーグレナ(本社:東京都港区、出雲充社長)は18日、九州大学・立花宏文教授と行った動物実験により、ミドリムシ粉末に筋委縮症状の抑制作用があることが示唆されたと発表した。  ミドリムシ粉末を摂取させたマウス(ミドリ […]

新生薬品工業、胃腸薬を自主回収

 消費者庁のリコール情報サイトは18日、新生薬品工業(株)(奈良県高市郡)による胃腸薬(第3類医薬品)の自主回収情報を公表した。  対象商品は『甘樫胃腸丸』(ロット:C04、D05・06・07・08・09)。外袋の効能ま […]

2018年05月21日

AIFN、食の安全テーマに記者向けセミナー開く

 国際栄養食品協会(AIFN)は18日、「食の安全を考える記者向け連続セミナー」の第1回目を都内で開催した。「食の安全もガラパゴス化?有機食品、食品添加物、健康食品の海外比較」をテーマに、AIFN関係者などが講演した。 […]